| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

ありがとうさよならごてん






これは、昨日のごてん。



20160907IMG_5098.jpg

大きな眼に映り込んでいるのは

ごてんが長年過ごした、私の仕事部屋の風景。

ごてんの毛だらけの黄色のロールカーテン。

ごてんの「全世界」のうちのひと部屋。





昨日の朝に

ごてんは私の手から焼きカツオをひとくちだけ齧った。

その際に私の左手の中指の先に、ポチリと穴が空いた。

ごてんの鋭く尖った歯で空けられた穴から

真っ赤な血が流れたが、痛くはなかった。

その後、ごてんの口元を水で濡らした。

ごてんはされるまま。

水を舐めない。



そして

立ち上がろうともがくが、力が入らず立ち上がれない。



抱き上げて

ベッド代わりの洗濯かごに身体を横たわらせた。

そうしてから

仕事をしている私のすぐ後ろに置いた。



しばらくして

ごてんの様子を見るとシーツにお漏らし。


一昨日までは

自分でトイレに立っていた。




「とき」が来たのだと感じた。

だから、抱き上げて写真を撮った。

可愛いよ可愛いよ、と声をかけて何度も身体をさすった。

すっかり、骨と皮だけになった。

それでも可愛い。



生きているこの仔の写真は、これで最後。

そう、自分に言い聞かせて写真を撮った。



何度でも

何枚でも

撮りたかった。




20160907IMG_5112.jpg

ピンぼけだけれど、こっちの方が可愛らしい。

可愛らしいこの仔の姿を

気の済むまで、もっと写せばよかった。





その後

ごてんをベッドに戻し

息子に対して、ごてんを抱いてあげるように言ってから

「頑張ったね。でももう頑張らなくていいからね」

とごてんに声を掛けた。


ごてんは呼びかけると、尻尾で応えた。

何度でも呼びかけに、尻尾で応えた。

それから、頭をなでて家を出た。




生憎

昨日の夜は私も息子も仕事で家を空けた。

20時30分過ぎた頃

左手の中指の先の「穴」が急にズキズキ痛みだした。





ごてんが

逝ったのだと感じた。




さよならも、させてくれず逝ってしまったのだと感じた。

猫らしい、最後なのだ。

逝く姿は、誰にも見せない。






24時に帰宅。

すぐにごてんのベッドを覗くと

お煎餅のように固くなったごてんがいた。




生きているように可愛らしい姿だった。




頭をなでて身体をさすって

「こでん、起きて」

と声を掛けた。



ごてんは起きてくれなかった。






今朝

お迎えに来て下さった葬儀会社の車に乗せられて

ごてんは旅立った。

私と息子は家の前で見送った。

葬儀場までは、とても辛くて行けない。

覚悟はしていたが、まだ現実を受け止めていない。




お骨になったごてんの帰宅はお昼頃なるだろう。

もう、ごてんはいない。

家の中のどこを探しても、ごてんはいないのだ。




12歳と6ヶ月だった。




ごてん

ごてん

ごてん

可愛いごてん



ありがとうね。

よく、頑張ってくれました。






ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

| goten | 10:50 | TOP↑

≫ EDIT

殺したくなる





いつもの散歩道に百日草の花が咲いた。




20121005IMG_1206.jpg

「ご自由にお摘みください」と、

大変ありがたい言葉が添えてあったので

遠慮なく摘んでテーブルに飾る。





20121005IMG_1209.jpg

窓から差し込む

柔らかな光を背にして

決して華やかではないけれど

悪くない。




20121005IMG_1214.jpg

数日前に摘んだコスモスの花は

葉の部分がしおれてしまったので

花だけを残してエントランスに飾った。

これもシンプルだけれど、悪くない。





20121005IMG_1249.jpg

けれど、数分後にはこのありさま。

お気に入りな百日草だったのに

泣ける。





20121005RIMG0339.jpg

犯人は

知らん顔をして窓の外を眺めているこいつ

ごてん。

ごてんは私がテーブルに花を飾ると

必ずと言っていいほど、その花にいたずらをする。

花屋から買ってきた花なら、観賞用に丈夫に出来ているので

ごてんがいたずらしたくらいでは、へこたれないけれど

道端に咲いていた花はそうはいかない。

数日前も、紫色が奇麗で摘んできたツユクサが

ごてんのために数分で萎れてしまった。

百日草

百日咲くという丈夫な花なのに

私が何度活け直しても、ごてんが抜いてしまうので

とうとう萎れてしまった。






20121005RIMG0337.jpg

ごてん

一瞬だけど、ごてんのこと殺したくなる。


だけど、そうだね

ごてんは何も悪くない。

ごてんの届くところに花を飾る私が悪い。


殺したくなるなんて

ほんのジョークだ。

振り向いた悪びれないごてんの顔を見たら

もう、怒る気も失せてしまうんだ。









ブログランキング・にほんブログ村へ









| goten | 10:16 | TOP↑

≫ EDIT

毎日の儀式のせいで、こんな目に!?






我が家のにゃんこの

ごてん




120421RIMG0139.jpg

実は両目の上がちょこっとハゲてる。

なんだかヤンキーのお兄さんみたい。





120421RIMG0144.jpg

ほら、けっこうなハゲ。






120421RIMG0136.jpg

なんだか目の上の毛が薄いなあと思っていたら

どんどん薄くなってきて

今では、薄毛というよりハゲに近い状態になった。

耳にも皮膚にも異常がないから

パグズがストレスを与えているせいかと

悩んで悩んで悩み抜いて。





120421RIMG0137.jpg

ある日、ごてんの行動を観察していて

はっと、気が付いた。

毎日、私とパグズを見張るためか

ごてんが過ごしているお気に入りの本棚の上の角。

なんと、ごてん

この角で、匂い付けの儀式を行っていたのだわ。



目の上、すりすり

毎日毎日何回も。

そうか!

だから、ハゲちゃったのかー。





120421RIMG0138.jpg

そこで、飼い主、あせってクッションを貼ってみたものの

時すでに遅し。

ごてん

毛が生えないわー。





120421RIMG0146.jpg

だからね、ごてんの写真を撮るときは

ハゲが目立たない角度で撮っていたの、実は。

だって、ハゲが見えるとヤンキーなんだもの。

苦労してるのよ。





120421RIMG0145.jpg

「お気遣いありがとう。」って?



まあね。

どういたしまして。

君も、毎日の見張り番、ご苦労さま。





ブログランキング・にほんブログ村へ








| goten | 09:54 | TOP↑

≫ EDIT

今日は2本立て・その1『ハッピー☆バースディ♪』








今日はにゃんこのごてんの7歳の誕生日。

誕生日おめでとう! ごてん。




7歳の誕生日だから

ほやほやの7歳のごてんの記念の写真を撮るの。




RIMG0146_convert_20110310084735.jpg

ごてんちゃん、こっち向いて!






RIMG0148_convert_20110310084758.jpg

ごてんちゃーん、こっち向いて。







RIMG0144_convert_20110310084642.jpg

ごてんちゃん、こっち。







RIMG0145_convert_20110310084713.jpg

いや、ちょっと近すぎ。







RIMG0151_convert_20110310084850.jpg

あのね。

すりすりしなくていいからね。








RIMG0149_convert_20110310084820.jpg

すりすりしなくていいですから

お願いですから

まっすぐ立っててくれませんか?







RIMG0153_convert_20110310084913.jpg

だからー。

まっすぐ立っててくださいませんかっ!






ん、もう。

もう、ごてんったら!



でもまあ、いいか、これで。

これが7歳のごてんのいちばんごてんらしい写真かもね。

7年間、病気ひとつしないで元気でいてくれてありがとう。

7年前の5月の始めに我が家に来てくれて本当にありがとう。





ハッピー☆バースディ♪ 

ごてん。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



| goten | 09:11 | TOP↑

≫ EDIT

丁度よい距離感






私は写真が苦手だ。





苦手なのは、もちろん撮る方ではなくて写る方だ。

それは多分、容姿に自信がないからで

私は3人姉妹の末っ子で

目鼻立ちがはっきりした可愛らしい顔の二人の姉と

自分自身の顔を見比べ、何故、私だけ不細工に生まれたのだと

鏡を覗き込んで母を恨み、ため息をつきながら

成長してしまったせいだと思う。





それでも、ティースプーン一杯ほどは

私も捨てたものではないわと思う自分がいて

頭の中で思い描いている自分自身の顔かたちがあるものだから

写真の中にいる私の不細工な顔に大幅なギャップを感じて悲しくなり

写りの悪い写真は見た瞬間につい破り捨ててしまう。




ああ、この写真なら、アルバムに貼ってもOKよ! と

自分自身にお許しが出る写真なんて100枚の内の1枚くらいしかないもので、

我ながら自意識過剰過ぎやしませんかと常々思ってはいるのだけど。






RIMG2052_convert_20110121010455.jpg

始めから破り捨てると分かって、写真に撮られる馬鹿はいないから

よほどのことが無い限り写真には写らないのだけれど

私の許可なく写す人間がいるから困ってしまう。

上の写真の中の写真は、ダンナさんが私の許可なく勝手に写したもの。

ブログを始めてまだ日が浅い、一昨年のある春の日に

動物病院に愛犬の診察に出かけた私は、

『ブログ熱』という熱病に冒されていたためにカメラを携えていた。

あわよくば愛犬の診察風景をカメラに収めて

ブログに載せてやろうとの魂胆だったけれど、

実際に診察室でカメラを構えることなどできなかった私を見るにみかねて

ダンナさんが、病院の外のベンチに腰掛けている私たちを写したらしい。







RIMG2053_convert_20110121010517.jpg

たぶん、ダンナさんはこの写真が気に入ったのだろう。

「ほら。」

と言って、プリントして手渡してくれたので

余計なことをしやがって! と思わないでもなかったけれど

せっかくだからスリーコインショップで買ってきた

フォトフレームに入れて仕事机の角に置いた。




私の表情が見えるようで見えない距離から撮った写真。

写真嫌いの私には丁度良い距離感のある写真だ。

うつむき加減の私以外の3匹の仔らが全員カメラ目線なのが

なんだか可笑しい。







RIMG2055_convert_20110121010539.jpg

昨日、紹介を忘れてしまったもう1匹の家族、

猫の『ごてん』。

名前の由来は先代の猫の『ごはん』の名前によるもの。

息子が好きだったマンガ、ドラゴンボールから拝借した。




猫のごてんは、私の仕事中は

たいていこの場所にいる。

もしくは、この写真には写っていないけれど

窓に添って置いた本棚の上のどちらかにいる。

それが猫のごてんにとって、私との丁度よい距離なのだろう。







にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村





| goten | 07:00 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。