2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.5『DREAMS COME TRUE』







2001年8月

バリ島へ行ってみたいという

姉のたっての願いで

半ばしぶしぶバリ島へ行った。





0012.jpg

私にとっては2度目のバリで

主な観光地はすでに前回に観て回っているのだから

ライステラスや寺院やリゾート地などをピックアップして

姉のための島内観光を足早に済ませ







0017.jpg

姉を説き伏せ、かねてから行きたいと思っていた

お隣のジャワ島にあるポロブドゥール遺跡へと向うことにした。

これは日本を発つ時点で計画にはなかったことなので

バリで国内線の航空券を購入し

「ま、ジョグジャカルタの空港へ降りればなんとかなるさ。」

とういノリで、私たちはジョグジャカルタの空港へ降り立った。








0011.jpg

降りたはいいが、

ポロブドゥール遺跡までの行き方がちっとも分からない。

仕方がないので日本語のできるドライバーのタクシーを探したが

「ないよ。」と日本語(!?)で断られ

ま、しゃあないと片言の英語の話せるドライバーの車を

1日チャーターしてポロブドゥールへ向った。








0016.jpg

うろおぼえなのだが

一日、日本円で5~6千円かいくらだったかのチャーター料金で

気のいい3児の父親の彼は

プランバナン寺院やらジョクジャカルタ王宮やら市場やら

私たち姉妹を乗せあちこち車を走らせてくれた。








vw_0.jpg

古代の建造物の1つで、およそ西暦800年頃に

シャイレンドラ王朝の王によって建てられたというポロブドゥールは

考えてみればあたりまえの話なのだが

地元のジョクジャカルタの子供達の学校の

遠足の目的地でもあったりするのだ。

この時、遠足で先生に連れ添われた中学生とおぼしき30人程の子供達と

この奇妙な形をした遺跡の上で出会った。

彼らは外国人と会話をするのが嬉しかったのか

私たち姉妹は笑顔で話しかけられ

私たちは片言の英語で彼らと十数分間のお喋りを楽しんだ。








vw_27.jpg

子供たちが可愛らしかったので、つい息子の顔が浮かび

「私には日本にあなたたちと同じ歳頃の息子がいるのよ。」

と言うと、一人の少女が目を輝かせてこう言った。

「私の夢はね。いつか日本に行くことなの!」

「日本の大学で勉強したいの。」と。

私は思わずこう答えた。






I wish that your dreams come true.


私は、あなたの夢が実現することを願っています。







何とか、意味が通じたのだろう。

彼らの間から歓声が上がった。









vw_28-1.jpg

その時の彼らの写真は手元に残っていないが

けれども日に焼けた褐色の笑顔の口元からこぼれた真っ白い歯と

キラキラと眩しく輝いていた少女の瞳は

青々としたジャングルの風景とともに

私の眼に確かに焼き付いている。







DREAMS COME TRUE







あの日から8年半が過ぎた。

あの少女の夢は叶ったのだろうか。

日本の空の下で、あの頃のキラキラとした瞳の光を保ったままで

笑顔で勉強を続けていてくれればいいと思う。

私の瞼に焼き付いた少女の笑顔が永遠のものであることを

切ないほどに、その笑顔を思い出しそして

今もなおそう想うのだ。






にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| Memory of travel | 10:26 | TOP↑

| PAGE-SELECT |