2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.9『早春の信州へ』







マリネがお散歩中に蹴られて

悲しんでいることをブログに書いた時に

そのページを読んで下さった

パグを飼っていらっしゃるご夫婦から

このようなメールをいただいた。






RIMG0097_convert_20100403034441.jpg

「信州に住んでいますので、
温泉、新緑、ドッグラン、かぼちゃ、サツマイモ
パグの大好物が盛りだくさんです。
上高地、安曇野、善光寺、春になったらお越しください。
きれいな空気は心を豊かにして辛いことを忘れ、
明日への活力を養ってくれます。」






RIMG0029_convert_20100403010648.jpg

蹴られた事件の後も、悲しいことが続いたり

理不尽な出来事で心が折れそうになったり

仕事はうまくいかないし

おまけに昨年から続いている耳鳴りは治まらないしで

どうにもこうにもやるせなく






RIMG0090_convert_20100403010825.jpg

それならばと

お越し下さいというお気持ちに甘えて

信州の奇麗な空気を味わうことが出来れば

やるせない気持ちも静まるのではと

3パグズを連れて早春の信州へとハンドルを握った。






RIMG0023_convert_20100403010610.jpg

メールを下さったご夫婦と

可愛らしいパグの女の子のももちゃんの住む松本は

春がどこか遠くで歩を止めてしまったかのように

花の蕾みはまだまだ堅くて空気は冷たくて

街の四方をぐるりと取り囲む山々には

真っ白な雪が沢山残っていた。







RIMG0013_convert_20100403010551.jpg

透明な空気に抱かれた

この美しい街から

ももちゃんの飼い主のご夫婦は

数あるブログの中から

私の書いた文章を目に留めてメールを送って下さったのだ。







RIMG0061_convert_20100403010717.jpg

そして、私の気持ちを気遣って

「辛いことを忘れ、明日への活力を養ってくれます。」と

「お越し下さい。」と、誘って下さったのだと

その優しい気持ちを大切にしたいと思った。







RIMG0081_convert_20100403010800.jpg

偶然の出会いの素晴らしさと

私がここにいることの不思議さと

人の気持ちの優しさとで

山々を眺めながら泣きだしそうになった私の眼には

山に残る雪は白く眩しすぎて目を細めずにはいられなかった。







RIMG0077_convert_20100403010742.jpg

そして、春と呼ぶにはあまりにも早い松本で

ももちゃんの家は

歩を止めている春がこの場所にだけ

一足早くやって来たかのように暖かくて

興奮して走り回るパグズとパグズを怒鳴る私を

ご夫婦は満面の笑顔で優しく迎えてくれた。







P1010503_convert_20100403010426.jpg

美味しいお食事をごちそうになったり

お酒を飲みながら深夜までママさんとお喋りをしたり

諏訪、安曇野への観光やドライブなど

夢のように楽しい3日間だった。







RIMG0011_convert_20100403010534.jpg







ももパパさん、ももママさん。
あの楽しかった日から1週間が過ぎようとしていますね。



どこかで足踏みをしている春はもうやって来たかしら。
梅の花は満開になりましたか?
コブシの花は咲いたでしょうか。



大勢で押し掛けた私たちに優しくしてくれてありがとう。
本当にお世話になりました。
ポップをずっと抱っこしてくれてありがとう。
ラムネもマリネも抱っこしてくれてありがとう。
可愛らしいももちゃんにありがとうと伝えて下さいね。







RIMG0026_convert_20100403010632.jpg


今日もお庭のビニールハウスの素敵なテーブルで
たくさんのお花に囲まれて、ももちゃんを優しく見つめながら
お二人でのんびり仲よくお茶を飲んでいるかしら。



本当にありがとう。
おかげ様で元気になりました。
ポップもラムネもマリネも元気です。



またいつの日か必ずお会いしましょうね。
我が家へもどうぞ遊びに来て下さい。





にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| Memory of travel | 07:00 | TOP↑

| PAGE-SELECT |