2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

抱きしめることの必要。

 




長い時間の外出をした日は

パグズがまとわりついて離れない。





RIMG0244_convert_20100421234804.jpg

リビングと仕事部屋を仕切っているガードを

ラムネがいつものように器用に鼻と手で押しのけて

仕事部屋に入ってくる。






RIMG0235_convert_20100421234713.jpg

マリネやポップも後に続いて

仕事をしている私の足元にやって来て

配線だらけの机の下に潜りこむものだから

危なっかしくて仕方が無くなる。





RIMG0228_convert_20100421234640.jpg

おまけに猫のごてんまで机の上だ。






RIMG0248_convert_20100421234826.jpg

「出てってください。」とお願いしても

出てってくれないので、

仕事にならなくて邪魔ではあるのだけれど

逆に愛おしさがつのり

順番にパグズを抱き上げて抱きしめる。

膝の上に乗せて背中を撫でてお尻をぽんぽんと軽く叩く。




何度かそれを繰り返すと

安心してリビングのソファに戻って眠り始める。






RIMG0285_convert_20100421234856.jpg

人間の息子たちが小さかった頃

平日に家を空けることの多かった私は

一緒にいてあげられない時間を埋めるように

息子たちをいつも、いつでも抱きしめた。

抱きしめて頬ずりをして頭を撫でて

一緒に眠った。

愛情は一緒に過ごすことの長さではなくて

言葉や身体や行動で示すことだと自分に言い聞かせるように

愛していることを伝えたくて抱きしめて、

そして休日は一緒に遊んだ。





息子たちは勉強はできなかったけれど

こころ優しい大人になってくれた。






RIMG0241_convert_20100421234736.jpg

犬だって同じなのだと思う。

パグを飼っている友人が

「勤めにでる前にこの子を抱いてしばらくじっとしていると

 後を追わないで、おとなしく見送ってくれる。」と言っていた。

そうだよね。と思う。

愛しているということが伝われば

たとえ、一緒にいる時間が短くても

穏やかな優しい仔になるのじゃないかなと思う。



抱き上げ、膝の上に乗せ、背中をなでながら

愛していることを伝える。






RIMG0291_convert_20100421234921.jpg

抱きしめて、お互いの体温を通して

愛していると伝えることの必要。



後々になって、成人した息子たちに

「小学生になってからは、
 
 ギューッとされるのが迷惑だった。」と

言われたけどね。



それでも

愛していることは

伝わっていたと思う。





にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| Daily life | 07:00 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。