2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あこがれはあこがれのままで。






去年の2月にパグミの存在を知った。

お祭りとか宴会とか得意じゃないけど行ってみたいと思った。





RIMG0156_convert_20100519082438.jpg

知っている人が一人もいなかったから
4月の終わりにブログを開設して
名刺を50枚ほど作ったり
子供たちの名札を作ったりして出かけたけど
ブログを開設してから2週間やそこらで
私たちのことを知っている人なんていやしなくて。

たったお一人、子供たちの名札を見つけて
声を掛けて下さった方がいて飛び上がる程うれしかったけれど

やはり寂しかった。





RIMG0173_convert_20100519082512.jpg

それでもほんの数人の
ブログを読ませていただいている方に
緊張しながらご挨拶をして名刺を渡した。
持って行った名刺は大量に余ってしまい
周りの全ての人たちが仲良しに見えて悲しくなって。





1,000人の人混みの中で私と付き合ってくれた姪は孤独だった。






RIMG0146_convert_20100519082341.jpg

今年はブログを続けている甲斐もあって
お友達もできたけれど、私の本質は何も変わっていない。
去年の寂しかった私を引きずったまま。

あこがれていたパグミを楽しみいたいから
去年の私が何を間違えたのか
ずっとずっと考えて

自分のブログを知ってもらおうとか
1頭のパグのお友達だっていなかったのに、
写真を撮って記事を書こうとか
名刺をたくさんの人に配ろうとか

そんなこと出来っこないのに、頑張って無理をして
仲間に入ろうとしたから疲れ切って寂しかったんだと



そう思った。




RIMG0151_convert_20100519082419.jpg

今年のパグミは無理をしないで
私が私らしく参加をすればきっと楽しめるはず。

去年のやり直し。

だから敢えて何も持たずに出かけた。






RIMG0172_convert_20100519082454.jpg

受付で配られた名札をバッグの中にしまって
会場後方の森の中に座って、ラムマリポをリードから離す。

ラムネが嬉しそうに、あちらの飼い主さん、
こちらの飼い主さんの所に行って
おやつをねだる。





RIMG0149_convert_20100519082403.jpg

連れ戻しに行く度に

「すみませ~ん、食いしん坊なので。」

「いや~、パグらしくて可愛いじゃないですか。」

「ありがとうございます。」

「パグちゃんのお名前は?」

会話が始まる。


名前も知らない飼い主さんとの短いけれど
自然な会話が心地良い。


名刺もお土産も持たないことを謝る私に
「いいんですよ。」と
何人かの方が名刺やお土産を渡してくれて
いつのまにか両手がいっぱいになった。





RIMG0174_convert_20100519082530.jpg

ラムネやマリネはたくさんの飼い主さんの
膝に手を置いておやつをねだって
その度に口におやつを放り込んでもらえるのが
嬉しくて楽しくて
ラムネやマリネが幸せそうだったから
お礼を言う私も楽しくて嬉しかった。




たくさんの名前も知らない飼い主さんとパグちゃんの中で
私たちはもう孤独じゃなかった。





RIMG0188_convert_20100519082548.jpg

もちろん、ブログを通して知り合えた方や
お会いしたかった方にも会え、パグ相撲も楽しんだ。




本当に今年のパグミは楽しかった。




頑張らなくていいんだ。

無理をしなければパグの飼い主さんはこんなにも優しい。

たくさんのパグちゃんはこんなにも可愛い。

自然に私らしくしていれば

ラムマリポが私に幸せを運んでくれるのだから。





RIMG0224_convert_20100519082606.jpg

最後の参加と決めて出かけた、あこがれのパグミ。

あこがれだったパグミはあこがれのまま

楽しかったそのままの記憶を閉じ込めて

そっと本棚の隅にしまって

ホコリをかぶらない程度に取り出して

開いてみようと思う。

楽しかった思い出がそこにあって、きっと鮮やかに蘇るはず。




これからの私のパグミは

それでいい。



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| Holiday | 09:01 | TOP↑

| PAGE-SELECT |