2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

美味しい水







玄関前のほんの小さな花壇に水をやる。





RIMG1063.jpg

クリスマスローズの花がまだ咲いている。



「せっかく咲いたのに

 下を向いて葉の陰に隠れていないで

 出ておいで。」



でも、それが君なんだね。

気付いてくれる人にだけ、気付いてもらえれば

それでいい。





RIMG1067.jpg

萎れた心にも水をやらなければと、思う。

手と足の小指の先や頭のてっぺん、

身体の隅々まで行き渡るようにたっぷりと水をやれば

きっと、真っ直ぐ前を向ける。

たぶん、苦い涙も洗い流してくれる。






RIMG1054.jpg

ほんの数分、玄関先に出ていただけなのに

私がどこかに行きやしないか

心配そうに私を待っているこの子たちがいる。




「大丈夫、お花にお水をやっていただけよ。」




RIMG1052.jpg

声を掛けても、まだ心配そうに私を見つめるこの子たちが

たまらなく愛おしい。



旅に出るまで、あとわずか。

心に水をやって、出かけよう。



夕方になって涼しくなったら

いつもの湖のある公園にみんなでお散歩にでかけよう。

そして、一緒に思いっきり走ろう。



美味しい水が、きっとそこにある。




スポンサーサイト

| Daily life | 13:15 | TOP↑

| PAGE-SELECT |