2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.20『上海・蘇州 亡き母に捧ぐ』








私の亡き母は1927年(昭和2年)に生まれた。

昭和元年は1週間しかなかったので

実質は昭和の最初の年に生まれたのだと

母は生前、口癖のように言っていた。





baba04_convert_20110219225618.jpg

昭和の初めに生まれた母の世代は

人生で一番華やかな年頃を太平洋戦争に奪われた世代だ。

幼かった私と姉は母から『戦争の話』を聞かされて育った。

それはまるで、ご飯のおかずのように

尽きることなく毎日毎朝毎晩繰り返され

耳にタコができそうな程だったけれど

子供だった私たちには、『戦争の話』なんて聞きたくはないと

母に告げることも出来ず、実際に経験したことのない『戦争』が

妙になリアリティーを伴って頭の中に植え付けられ、

幼いながらに戦争は怖いのだと恐怖に震えたものだった。







baba03_convert_20110219225558.jpg

母から聞かされた『戦争の話』は

食糧難や、空襲の恐怖、原爆で死んだ弟、

千人針、引き上げのことなど様々なことで

それにはため息と愚痴が付き物だったけれど、

その深く悲しい戦争体験の中で、唯一母が楽しげに語った話がある。

それは、母の中国での暮らしの話しだ。




母の父親、すなわち私の祖父は鉄道員だった。

父親の鉄道の仕事の関係で、10代の少女だった母は

終戦を迎えるまでの数年間を一家で中国・蘇州で暮らしたそうだ。






baba05_convert_20110219225636.jpg

蘇州で高等女学校に通い

上海の領事館でタイピストとして働いたことや

蘇州の家には中国人の使用人が何人もいたこと

恋い焦がれた男性がいたこと、等々。

仏頂面が常だった母が蘇州時代に話が及ぶと

目を輝かせ笑みを浮かべ本当に楽しそうに語った。

そして必ずといっていいほど

「あの頃が一番楽しかった。もう一度、蘇州に行きたい。お母さんの夢なの。

 住んでいた家を見てきたい。まだ残っているかしら。」

こう言って話を終えるのだった。






baba06_convert_20110219225654.jpg

母に虐げられ愛された記憶もなく、18歳で母との暮らしに見切りをつけ、

生家を出た私だけれど、幼い頃から幾度も聞かされた『母の夢』は

私の脳裏に何故かしっかりと根を張っていた。

大変ありがたいことに、1999年のこの年に

山のように仕事をいただいた私は、

例年よりも多くのお金を手に入れる事ができたので

そのお金で「母の夢を実現させる」ことに決めたのだった。





baba07_convert_20110219225714.jpg

母に蘇州に連れて行くと告げると、父も行きたいと言い出した。

この年の数年前に胃がんを煩って胃の全摘出手術を受けた父だ。

数年を掛けてやっと元気になったものの

再発の心配はつきまとう。

もしかすると、この機会が父にとって最初で最後の

海外旅行になるかもしれないと電卓を叩き、父も連れていく覚悟を決め、

老人を二人も連れて行くのは私一人では手に余るため

カバン持ちに二男を同行させて、

たった3泊4日の上海・蘇州の旅をスタートさせた。






baba09_convert_20110219225800.jpg

楽しかった。

考えてみれば、私は18歳で親元を離れたのだ。

故郷を離れてからこの時で20数年も経っていて、

これが初めての両親との旅だった。




癌を煩って以来、食事が思うようではなく

痩せ細ってしまった父が、一番はしゃいでいた。

驚くほど歩いた。

精力的に名所を観てまわり、土産物屋を覗き

点心を美味しそうに頬張り、上海蟹を独り占めし

高い塔にまで登った。







baba01_convert_20110219225435.jpg

どの写真でも楽しそうに笑っている。

嬉しくて楽しくてたまらないと

満面の笑みを浮かべて微笑んでいる。



昼間歩き続けて疲れているはずなのに

私と二男が夜景を観に行くと告げると

「俺も行く。」

と言って付いてきた。






baba08_convert_20110219225733.jpg

長い距離を歩いた。

ふと振り返ると父と母が手を繋いで歩いていた。

両親が手を繋いで歩く姿をこの時に生まれて初めて目にして

笑いが止まらなかった。

母の笑顔を久しぶりに見た気がした。

私も父も母も二男も楽しくて嬉しくて

みんなで手を繋いで歩いた。

笑ってはしゃいで、その勢いで泣き出したくなるような

そんな楽しい夜だった。





RIMG0931_convert_20110219225856.jpg

私はずっと母が嫌いだった。

もちろん母が亡き今でも嫌いだ。

だけど、あの時は母の夢を叶えてあげたいと

今なら叶えてあげられると思ったのだ。




子供の頃からずっと聞かされて育ってきた

母の蘇州と上海に

母を帰すことが私の仕事のような気がした。




決して親孝行をしようと思ったのではなく

親に恩返しをしようと思ったのではなかった。




私なら出来る。

そして出来るのが今だと、そんなふうに思い実行した旅だった。






baba02_convert_20110219225457.jpg

満面の笑みを浮かべて、上海の夜の街を手を繋いで歩く父と母。

この写真を撮ってから5年後に

癌を再発した父が逝った。

後を追うようにその2年後に母が大腸癌で逝った。

その晩年は二人ともこの日の笑顔が嘘だったかのように

壮絶だった。





嫌いな母なのに、なぜ連れて行く気持ちになったのか

今でも私は自分の気持ちがよく分からないでいる。

あの日の母の笑顔は私には嬉しくて悲しい。

母が喜んでくれた分だけ嬉しくて

母に愛されなかった分だけ悲しい。

上海英国疎開の夜の4人の笑顔の写真はリビングの隅に置いてあって

私は思い出したように写真に語りかける。



「お母さん、中国の旅行は楽しかったね。

 私はもっとあなたと話がしたかった。

 私はあなたに愛されたかったんだよ。」



答えてはくれない笑顔の写真に私は今も語りかける。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



※書き進めるうちに日付が変わって日曜日になってしまいました。タイトルは土曜日は~と打ってありますが、お許し下さい。


| Memory of travel | 02:07 | TOP↑

≫ EDIT

思い切って仕事を休んで梅園へ。









去年はうっかり見逃してしまったから

今年は思い切って仕事を休んで梅園へ。






RIMG0878_convert_20110218005954.jpg

午前中に納品を済ませて

着替えて、化粧をして、

パグズの水とおやつとウンチの袋とカメラを

バッグに詰め込んで

それから、パグズも車に詰め込んで

午後1時丁度に家から出発! れっつごお♪







RIMG0874_convert_20110218005931.jpg

車でびゅーんと1時間。

ここは大きな森の広い公園の一角の

小さな丘の斜面にある梅園。






RIMG0885_convert_20110218010020.jpg

せっかく梅を見に来たのに

下ばかり見ているパグズと






RIMG0865_convert_20110218005913.jpg

しっかり上を向いている

可憐な梅の花。







RIMG0858_convert_20110218005853.jpg

平日の広大な森の公園は

人影もまばらで






RIMG0887_convert_20110218010045.jpg

だから

パグズを3匹も連れていても

のんびりゆったり梅見が出来る。






RIMG0857_convert_20110218005830.jpg

こんな時は

自由が効く自宅仕事で本当に幸せだわと思う。







RIMG0895_convert_20110218010110.jpg

その代わり、今日お休みした分の仕事は週末に振り替えて

土曜日か日曜日にお仕事をしなければならないけれど。

土日にはヒトさんの会社はお休みで家にいるけれど

私が仕事をしていてもヒトさんはちっとも嫌な顔はしない。

しないどころかウチのヒトさん、自分がお休みの日に

私が仕事をしていると喜んだりするから憎らしくなる。





なんでだ。





RIMG0905_convert_20110218010226.jpg

週末の休日にはお出かけするよりも

家の中のお掃除をしている方が好きな

出不精なヒトさん。

私が週末に仕事をしていると

お掃除をした後は好きなだけ眠れるから。



「どこかへ行こう。」



こんなふうに、私が言い出さないと分かっている週末は

ヒトさんがほっとした顔をしているから

疲れているのだね、と切なくなる。






RIMG0899_convert_20110218010200.jpg

可愛いパグズや可愛い(?)奥さんと遊ぶよりも

寝ている方がいいらしい。




だから、私はこうして平日に気分転換をして

週末に仕事をしたりする。

疲れた顔をしたヒトさんを無理矢理連れ出すよりは

気侭な外出もいいかなと思う。





もちろんいつもじゃないけれど。





RIMG0925_convert_20110218010247.jpg

帰宅は夕方6時。

占めて5時間の外出だったから

週末は5時間分の埋め合わせをしなくちゃね。






ヒトさんが最近好んで飲んでいる缶チューハイのおつまみにと

高速道路のSAで、揚げかまぼこのお土産を買ってきた。

海老と枝豆とタコ生姜と三色だんご。




私も一口ずつちぎって食べた。





RIMG0891_convert_20110218010132.jpg

ポップちゃんと梅園。





来年はヒトさんとみんなで一緒に来よう。

うーん、何と言って連れ出そうか。

頭の痛い問題では、あるなあ。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村






| My life | 07:00 | TOP↑

≫ EDIT

ヒトさんが買ってくれた小さな命だから。








昨年のクリスマスの数日前に

酔っぱらったヒトさんが

駅の改札口の正面の青山フラワーマーケットで

買ってくれたポインセチア。






RIMG0731_convert_20110217005823.jpg

こんな姿になっちゃった。

なんだか、とても可哀想じゃない?







RIMG0739_convert_20110217005844.jpg

葉っぱが全部落ちてしまって

枝が剥き出しで、ひょろひょろで。







RIMG0720_convert_20110217005731.jpg

枝の先に赤い葉が、ほんの数枚だけ

しがみついて残ってるのが涙を誘うわ。(←大げさ)







RIMG0742_convert_20110217005906.jpg

「捨てちゃうの?」




うわっ!

マリネ、近っ!

びっくりしたなあ、もう。








RIMG0724_convert_20110217005708.jpg

捨てないわよ。

だってマリたん。

父さんが母さんに何か買ってくれるなんて

滅多にないことなのよ。

このポインセチアだって、酔っぱらっていなかったら

絶対に買ってくれなかったわよ。







RIMG0728_convert_20110217005803.jpg

ほんの少しの葉っぱでも

残っているってことは

まだポインセチアは生きているってことだから

せっかく買ってもらったのだもの

次の冬までには

また真っ赤な葉を繁らせるように蘇らすのよ。







RIMG0718_convert_20110217005935.jpg

「こんなヨレヨレしたのが蘇るの?」




う~ん。

やってみないと分からないけど

インターネットで調べてみたの。

冬には葉を落とす事もあるけれど、

枝が緑色をしていれば心配はいらないって書いてあった。

春になったら陶器の鉢に植え替えて、枝を切り戻して

段々にお日様にあてて外の環境に慣らして

置き場所を考えて水をあげて肥料をあげて。







RIMG0757_convert_20110217005954.jpg

植物を育てることが苦手な無精者の私には

とっても大変なことだけど

ほら、見て。

枝のわきから、小さな芽が出ているのが分かる?

小さな命が芽吹いているのだから

面倒なんて言っていないで、小さな命のために母さんも頑張らなくちゃ。






RIMG0743_convert_20110217020911.jpg

「蘇ったら、ご褒美にオヤツを買ってもらえるかなあ。」



あら。

頑張るのはマリたんじゃなくて母さんだもん。



「母さんもオヤツが好きだもん。」



あーら。

失礼ね。







にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



| My life | 07:00 | TOP↑

≫ EDIT

カーテンを開いて。






しんしん、しんしん

雪がしんしんしんしん、音もたてずに降るから

一昨日の雪は

仕事先からの打ち合わせの電話で「雪が降ってますね」と

教えていただくまで気付かなかった。





RIMG0813_convert_20110216004405.jpg

「わあ! 嬉しい。本当ですか?」

「ええ、もう積もってますよ。」



受話器を置いてカーテンを開けたら

本当だ。

積もってた。




雪が降ったら、パグズと遊ぼうと思っていたので

とりあえずベランダにマリネを出してみた。

マリネは、「いやーん冷たい、遊ばない。」と

すぐに部屋に戻ってきた。






RIMG0804_convert_20110216004323.jpg

ポップも「何これ?」という顔をして

部屋の中に戻ってきた。

ラムネは好奇心旺盛なのか鈍感なのか

クンクン匂いを嗅いで遊び始めた。






RIMG0808_convert_20110216004344.jpg

だけど、雪を食べ始めたから

私が引きずってラムネを部屋の中に入れた。







RIMG0817_convert_20110216004422.jpg

どんどん降って積もればいい。

明日は雪とパグズと遊べるから。





屋根から、めりめりどすん! と

落ちる雪の音を聞いて

これは積もるわねと期待しながら眠りについた。









RIMG0821_convert_20110216004440.jpg

うーん、残念。

ヒトさんがバタンとドアを閉めて出勤する音を

夢の中で聞いてしまった。



寝坊して

起きた頃には雪は半分融けて

シャーベットになっていて

これじゃあ、雪に肉球の足跡をつけられないねって

ラムネに笑いかけながら

あきらめきれなくて、やっぱり遊んだ。






RIMG0829_convert_20110216004500.jpg

「ラムたん、食べちゃダメ!」



何度も叱る私に

叱られても雪を食べるラムネ。






RIMG0839_convert_20110216004528.jpg

「雪ってまぶしい?」


答える代わりに目をほそめるラムネ。







RIMG0845_convert_20110216004548.jpg

「ラムたん、よそんち。」




好奇心旺盛なラムネ。

けれど甘えん坊だから

私が呼びかけるとすぐに戻ってくる。







RIMG0852_convert_20110216004615.jpg

今年の冬の雪はこれでお終いかしら。



子供の頃に作った雪だるまや

空き地に積もった雪に倒れた小さな私の身体の形の窪みや

雪のように白い愛犬を抱いて寒さに震えた

母に叱られた雪の日のこと

二人の小さかった息子たちとスキーを出して

団地の公園で滑ったこと

通り過ぎた、たくさんの冬のたくさんの雪の日のことを

今でも忘れずに、雪が降ると思い出す。


ラムネと遊んだ融けかけた雪の日のことも

また次の雪の日に、

カーテンを開いて雪を発見した時のように

懐かしく嬉しく思い出すのかな。









にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村




| Daily life | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

長男に可愛らしい恋人が出来たので。








長男に可愛らしい恋人が出来たので

今、使っている小さな丸いダイニングテーブルでは

私とヒトさん(再婚のダンナさまのこと)と長男と長男の彼女との4人では

一緒の食事は厳しいから

目黒インテリアストリートまでテーブルを探しに行った。





RIMG0769_convert_20110214235512.jpg

日曜日だったから、お休みのヒトさんも連れてった。

バレンタインデーの前日だったから

帰りに池袋のデパートでチョコレートを買って帰ってきた。

ベルアメールの「キルシュ漬けチェリーショコラ」。

5個入っていたうちの2個をヒトさんが食べて

3個を私が食べた。

お値段分のお味はないわよ的、期待外れ。







RIMG0793_convert_20110214235643.jpg

今、使っているテーブルは

息子二人と私が以前暮らしていた小さなマンションの一室の

狭いリビングルームで使っていた、直径90センチの丸テーブル。

今の家に引っ越した時に予算が足りなくて

買い替えられずに持ってきたもの。






RIMG0780_convert_20110214235535.jpg

3人暮らしだったから椅子も3脚しかなくて

お料理もたくさん並ばなくて。






RIMG0785_convert_20110214235555.jpg

長男の連れて来た恋人は

これから家族になる予感がする

お人形さんのように可愛らしい娘さん。





RIMG0787_convert_20110214235619.jpg

今までより、大きなテーブルに

たくさんのお料理を並べて

一緒にテーブルを囲んでお喋りをしながら食事ができたら

素敵よね。






ウワサに聞いていた目黒のインテリアストリートってすごいなあ。

目黒駅から少し歩いた目黒通り沿いに

たくさんのモダンな家具のお店が並んでいて

わくわくしながらたくさんのお店を覗いて最後にやっと見つけた

この部屋に合う素敵なテーブル。






RIMG0799_convert_20110214235734.jpg

ラムネ、ポップ、マリネ。

4月の中旬に新しいテーブルが出来上がるんだって。





テーブルの下の君たち。

君たちの居場所が少しだけ広くなるよ。








RIMG0801_convert_20110214235809.jpg

バレンタインの前日の夜。

私が選んだチェリーショコラはイマイチのお味だったけれど

ヒトさんが選んだケーキは最高のお味だった。

アンリ・シャルパンティエの「ロンドレットショコラ」。

お値段お手頃。






待ち遠しいなあ。

新しいテーブルと可愛いお嫁さん。

長男くん、今度こそ失敗しないでよね。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



| Daily life | 05:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。