2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

テレビの『嘘』に騙されるな。






昨日の国会中継で、初めて東日本大震災での

仙台市の、造成宅地被害を知った。

緑ケ丘3、4丁目、折立5丁目、西花苑、鶴ケ谷、

旭ケ丘、北中山といった地区の被害が深刻らしい。

どうも、テレビの報道は、津波被害にだけ焦点を当てたいらしく

内陸の地滑りや地面の亀裂の被害は、蚊帳の外に置きたいらしい。

母方の祖父母の家が仙台・八木山にあった。

仙台は馴染みのある街だ。

動物園、ベニーランド、野草園、青葉城と

祖父母に連れられ行った懐かしい記憶が蘇った。

あの界隈は今、どうなっているのだろう?



テレビのニュースといえば、悲しい『嘘』を最近知った。

4月21日の日テレ『NEWS ZERO』の放送で

石巻の大街道小学校で、新学期に合わせて、

避難者が、避難していた教室から体育館への移動を迫られていて

避難者の中の一人の女性が、急な移動は困ると声を荒げ怒って

体育館の掃除を自衛隊の若い男性に指示している様子を見た。

自衛隊の男性が裸足で黙々と体育館の床の泥を拭いていた。

見た私の正直な感想は、「何故、避難者が自ら掃除をしない?」だった。

姉に、「あれは、どうかと思う」と義憤をぶちまけたところ

姉の語る真相は違っていた。

カメラの背後には自主的に掃除をしている、

避難者やボランティアさんが、きちんといたということだ。

自分たちがこれから移動する体育館を

一生懸命に掃除をしている、避難者やボランティアさんたちは

カメラからフレームアウトされてしまっていた。

最初から『教室から移動を迫られ怒る避難者』という

ストーリーが出来上がっていて

声を荒げ怒っている一部の避難者にだけスポットを当て

良識のある善良な避難者は蚊帳の外に置く。

自衛隊の男性が、裸足でぞうきん掛けをする姿だけを写した方が

テレビ的に絵になるからだ。

もちろん、怒った避難者の方も実際にいただろう。

しかし、自己中心的な主張をする人間は、避難者に限らず

普通の生活の中にだって、たくさん存在している。

避難者だから我侭だとか、避難者は甘えているとか

『避難者』という枠の中でものを言うのは、いかがなものかと思う。

ましてや大街道小学校は、私の姪や甥が通った学校だ。

実家から歩いて6~7分の距離にある。

大街道地区や石巻市の民度が低いと受け取られる報道は、

本当に迷惑だ。






FILE1669056_convert_20110514090511.jpg

FILE1743296_convert_20110514090536.jpg

FILE1457920_convert_20110514085756.jpg

FILE1471680_convert_20110514085821.jpg

FILE1532736_convert_20110514085848.jpg

FILE1543936_convert_20110514085915.jpg

FILE1558208_convert_20110514085940.jpg

FILE1569728_convert_20110514090010.jpg

FILE1160512_convert_20110514085641.jpg

FILE1288576_convert_20110514085706.jpg

FILE1026624_convert_20110514085619.jpg

FILE996800_convert_20110514085551.jpg

FILE983808_convert_20110514085527.jpg

FILE1434496_convert_20110514085730.jpg


写真は東松島市・大曲地区。

写真で分かるように、この地区には高い建物が一切ない。

横断歩道橋もない。

防砂・防風林に守られた住宅街の奥に田畑が広がっており

高台までは相当の距離がある。

走って高台に避難するのは不可能だ。

車で避難をするのには、海から垂直に延びる道が2本あるだけで

逃げる場所がないのだ。

これも、逃げる場所がなかったと報道されるのは

名取市や仙台の荒浜地区ばかり。

報道されないのは、津波発生時の上空からの映像がなかったからか

それとも、涙を誘う人間のドラマを取材できなかったから?

皮肉めいたことを考えてしまうけれど

視聴率優先のテレビ報道に怒ってみても、仕方のないことかもしれない。







スポンサーサイト

| Ishinomaki | 10:27 | TOP↑

| PAGE-SELECT |