2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

石巻市・長面で行方不明になった、お姉さんのことを想う。






東日本大震災での石巻市の死者・行方不明者の数は

5千人を超える。

これだけの数の犠牲者が出てしまえば

石巻では、どこの家にも必ず家族や親戚や友人・知人に

死者・行方不明者がいる。

悲しいけれど、それも現実。





43400384_convert_20110515093119.jpg

私の実家も例外じゃない。

義兄のお姉さんが長面で行方不明のまま

いまだに帰ってこない。




上の写真は震災前の長面。

私は高校時代に、運転免許を取り立ての姉の運転で

1度だけ長面に行ったことがある。

北上川の河口と追波湾に面して長面浦を抱えた

とても奇麗な町だった。






Yahoo!_convert_20110515095020.jpg

上の写真は震災前の長面の航空写真。

義兄の姉の家は長面浦に面していて、

山からは200メートルの位置にあった。

言っても仕方のないことだけれど

すぐに山に逃げてくれていれば、助かった。





Google_convert_20110515095051.jpg

この写真は震災後の長面の航空写真。

今朝のテレビの報道によると

もともと海抜ゼロメートル地帯だった水田は

地盤が1メートルも沈下して海に沈んでしまった。

堤防の復旧が進まないので

遺体の捜索もままならないらしい。






震災後、しばらくは休んでいた仕事に復帰した義兄は

GWの休日も身体を休めることもせずに

網戸や雨戸の泥を洗い流していた。

震災発生2週間後の3月に会った時の

茶色に浮腫んで疲れ切った義兄の顔が忘れられない。







29312192_convert_20110515093101.jpg


1度きりしか訪れたことのない長面だけれど

海の美しさに

「こんなに奇麗な海岸が近くにあったんだ!」と

感嘆の声を上げたことを覚えている。

そして

1度も会ったことのない、義兄のお姉さんのことも

ずっと頭から離れない。




どうか帰ってきてほしい。

必ず、お姉さんが家族の元に帰ってくることを

祈らずにはいられないし

18歳の私が見たあの日の長面を

もう一度見られる日が来る事を信じていたい。





※写真はGoogleよりお借りしました。




スポンサーサイト

| Ishinomaki | 10:58 | TOP↑

| PAGE-SELECT |