2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

私は間違っていた。






三陸海岸の最南端に位置する牡鹿半島は

太平洋に向って南東に突き出していて

海岸はリアス式海岸になっている。

たくさんの入り江があり

たくさんの小さな集落がある。



5月6日に牡鹿半島に向った私には、小さな期待があった。

リアス式海岸の複雑な地形が、自然の防波堤の役割を果たして

どこかに無事な浜があるのではないか。

そんな小さな期待。

けれど期待は、見事に裏切られた。

県道2号線に沿った浜や、2号線から見下ろせる浜、

私の視界に入った石巻湾に面した浜の、

その全てが瓦礫で埋もれていた。




言葉には出さなかったけれど

どこかに、3月11日以前からの変わらない姿で

普通に暮らす人々がいることを期待して

私は、探していた。

あそこも

ここも

むこうにも

瓦礫のない浜や入り江など、ひとつもなかった。

これまで、イヤというほど

破壊された街を見てきたのに

心のどこかで、半島には破壊されていない集落があると思っていた。

それを確かめに行き

そして、自分の間違いに気付かされた。




私はまだ、現実を受け入れていなかったんだ。

言葉が出てこなかった。

姉も同じ想いだったのだろう。






姉は徐々に無口になっていった。








FILE4015872_convert_20110524091810.jpg

FILE4003712_convert_20110524091746.jpg

FILE3995136_convert_20110524091721.jpg

FILE3984384_convert_20110524091658.jpg

FILE3974976_convert_20110524091633.jpg

FILE3965248_convert_20110524091613.jpg

FILE4112704_convert_20110524094503.jpg

FILE4099584_convert_20110524093449.jpg

FILE4085696_convert_20110524093412.jpg

FILE4069888_convert_20110524093249.jpg

FILE4055488_convert_20110524091930.jpg

FILE4025792_convert_20110524091900.jpg

FILE4124160_convert_20110524094548.jpg

FILE4139200_convert_20110524094621.jpg

写真は『荻浜』(オギノハマ)。

瓦礫はあるけれど、希望だってある。

荻浜中学校の避難所では80名の方が現在も暮らしていて

港には作業する人影が見えた。




写真を撮ってくるだけで何もできず

本当に無力な私だけれど、現実を受け入れて

そして信じよう。

この浜にもいつの日か普通の暮らしが戻ってくることを。









スポンサーサイト

| Ishinomaki | 10:41 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。