2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

私たちは、もっと怒らなければいけないのじゃないか。





昨日の更新でアップした写真について、このような質問をいただいた。

「写真は週末の写真ですか?
 
 それでしたら、まだ瓦礫とか全然手付かずな感じですね。」




写真は5月6日に牡鹿半島の小さな浜を順に巡り

最終目的地の『鮎川』で撮った写真だった。

説明不足だったなという気もしたが

基本、質問にあった通り

一昨日の被災地だって、まだまだ手付かずな感じだ。

依然として、破壊された建物は破壊されたまま

その場所にあても無く佇んでいる。



叔母の葬儀に石巻に帰った先週末に

「義援金は受け取った?」

と尋ねた。

ため息をつきながら姉は首を振った。

2ヶ月半前の、あの悲惨な光景を見て知って

多くの善意が寄せられた。

皆、他人事ではないと思ったはずだ。

なんとかして役に立ちたい、助けたいと集まった

記録的な金額の募金だ。

募金をした人々は、すぐにでも被災した方がたへ

届けたいと思ったはず。

なのに、届かない。

最大の問題は、義援金が必要な被災者の身元が

確認できないことだそうだが

確認出来たところから、順に配る柔軟な対応ができないものだろうか。

まったく、この国のお役所仕事には腹が立つ。




原発問題にしたってそうだ。

あれだけ多くの犠牲を出して

『安全』がまったくのデタラメだと証明され

ドイツに続いてスイスでも「脱原発」の宣言をしているというのに

事故を起こした当の日本の政府が、いまだ原発推進だなんて笑わせる。

大替エネルギーが無いという、『計画停電』という脅しに

私たちは屈してはいけないのじゃないか。

誰かの犠牲の上でしか成り立たない未熟な技術なんて

許しちゃいけないのじゃないか。

声を上げて怒らなければいけないのじゃないかと

ネット上を調べてみたら

都内で大規模の反原発デモが催されていた。



私は、まったく知らなかった。



テレビではNHKと日テレの一部でしか、報道されなかったらしい。

「またか」と思う。

震災の被害にしても、原発の被害にしても

過小に報道したり、報道規制をするメディアの責任は大きいと思う。

6月11日、震災から丁度3ヶ月後のこの日

各地で反原発デモが行なわれる予定だ。

私はこれも、恥ずかしながら知らなかった。

http://611kanagawa.org/

http://611sendai.tumblr.com/

http://hantenchi.blog102.fc2.com/blog-entry-27.html

http://www.kyudan.com/index.htm

http://nonukes-tsukuba.seesaa.net/category/10495866-1.html

http://blog.goo.ne.jp/chiba20110507

http://eejan.sblo.jp/

http://besobernow-yuima.blogspot.com/2011/05/blog-post_21.html

http://nonukes-ks.tumblr.com/

http://www16.ocn.ne.jp/~pacohama/no11/1105yamemai.html

http://plaza.rakuten.co.jp/nijinotenshi/diary/201105130001/

http://ameblo.jp/611gifu/

http://blogs.yahoo.co.jp/kumanote8621/9506660.html

http://kobenetwork.blog69.fc2.com/blog-entry-25.html

http://www.janjanblog.com/archives/39564

http://liveearthmatsuyama.blogspot.com/

http://d.hatena.ne.jp/riotgrrrl/

http://enepare.blog.fc2.com/

http://ww52.tiki.ne.jp/~soseisha/gempatsu/

神奈川で、仙台で、福岡で、大阪で、茨城で、千葉で

群馬で、郡山で、埼玉で、浜松で、山梨で、岐阜で、福井で

神戸で、愛知で、松山で、名古屋で、岡山で、福山で。

こんなにたくさんの街で。

私も時間を作り、参加したい。






FILE5354880.jpg

FILE5070016.jpg

FILE5121152.jpg

FILE5156608.jpg

FILE4853440.jpg

FILE4949312.jpg

FILE4972032.jpg

FILE4997312.jpg

FILE5010880.jpg

FILE5241088.jpg

FILE5023360.jpg

FILE5044864.jpg

FILE5057984.jpg

FILE5273984.jpg

FILE5289152.jpg

FILE5340800.jpg

FILE5169984.jpg

FILE4923776.jpg

写真は5月6日に撮影した

牡鹿半島の先端の町『鮎川』。

高台から下りてきたのだろうか。

柴犬を連れて散歩する人の姿があった。






FILE5193600.jpg

この『七夕日記』では触れないが

私は震災以降、原発に関するニュースや書籍を多数読んだ。

原発問題は難しくて、私の硬い頭ではなかなか理解できないけれど

それでも、原発はいらないものだということは分かった。

人間や、ありとあらゆる生きものや

自然の犠牲が必要な施設ということも分かった。



今回の被害に関しても、過小に報告する学者がいるが

あれは、政府からなにか受け取っているとする見解に賛成だ。

福島県の子供たちのことを考えると胸が痛いし

一人の母親として

私の生んだ二人の息子の将来を想うと、不安で泣き出したくなる。

出来ることなら、この息子たちを国外に脱出させたいくらいだ。

大替エネルギーが無いとか、産業が停滞するとか

今まで原発関連の仕事に従事していた人たちの問題をどうするかとか

ああ、いちばんは、どこかの大国のご機嫌をそこねるとか

そんなことの前に

今度、重大な事故が起きてしまったら、日本という国そのものの

存続が危うくなってしまうのだから、

議論している場合ではないのじゃないか。

とっとと「脱原発」を宣言して、次世代のエネルギー政策への

転換を図ってほしい。




私は故郷の街で、震災の被害にあった

荒涼とした風景を見た。

まるで、戦地の焼け跡のような悲惨な光景だった。

けれど、どんなに悲惨な光景であっても、

人々の血のにじむような忍耐と努力で

何年からろうと、必ず復興を遂げ街は蘇る。

活気のある港や青々とした田や畑が戻ってくる。

そんな希望や未来がある。




原発の被害で、立ち入り禁止区域に指定された土地は

どうなるのだろう?

私が見た、津波の被害にあった荒涼とした風景のままで

決して蘇ることのないままで

放置され、廃墟となってしまうのだろうか?

あんな悲惨な風景を、この日本の国土に作ることを

許していいのだろうか?

また同じような事故が起ってしまったら

政府は他の土地にも、廃墟を作るつもりなのだろうか。

あんな希望も夢も未来も無い風景は、見たくない。

遠い国で起った出来事じゃない。

私たちはもっと危機感を持って

声を上げて怒らなければいけないのじゃないかな。




福島は『フクシマ』ではないのだから。





スポンサーサイト

| Ishinomaki | 10:16 | TOP↑

| PAGE-SELECT |