2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

本当の心の中を、言葉で書き表せるわけもないのだけれど。





一昨日に福島県いわき市でのボランティア活動で

同じ班になった一人の女性。

まだ、30代前半だと思われる年若い彼女。

いわき市の沿岸部に家が有り

土台だけを残して全てが流された。

家の中のものは、何ひとつ残っていなかった。

5ヶ月経った今は、新しい住まいに引っ越して新しい生活を始めている。

元の家のあった場所は整地され、

そこに集落があったことさえわからないほどだと言う。

そのような重篤な被害に遭ったのに、なぜ活動に参加をしているのか

参加するまでには、大変な苦労と葛藤があっただろうに

正直にその疑問を彼女に投げかけてみた。

「どうしてボランティアに参加しようと思ったの?

 参加する気持ちになるまでは葛藤があったでしょう?」

「私は時代の流れに付いていけなくて。」

「時代の流れ?」

「うん。

 いわき市のほとんどの人は普通に暮らしているから。

 なのに、ボランティアさんは震災のこと忘れないでいてくれて
 
 素晴らしいなあって。

 だから、ボランティアさんと一緒にいると安心するの。」





「時代の流れに付いていけない。」という彼女の言葉を聞いて

ずっと心の奥に仕舞い込んでいた感情を思い出した。

私は3月26日に、震災から2週間後の石巻の惨状を見た。

どうしてこんなことが起きてしまったのだろう

これは現実じゃないと思った。

夢だと思いたかった。

車はあちらこちらにひっくり返って転がって、船でさえ何艘も転がっていた。

流された家が道路につぶれて重なって

焼けこげた家や車が幾重にも重なっていた。

家々の中は残骸だらけで、めちゃくちゃだった。

鉄筋の建物が骨だけになって、トタンや外壁がひものように

ぶら下がっていた。

遺体捜査の自衛隊員が長い棒を持って、私の歩くすぐ傍で

瓦礫の中を突っついていた。

ご遺体があるすぐ傍を歩いていた。

地獄だと思った。

自分の目で、生きているうちに地獄を見たと思った。



そして1ヶ月後の4月11日に石巻を訪れた時も

状況はほとんど変わっていなかった。



GWの少し前に、それまで家に引きこもっていた私は

デジタル一眼レフを購入するために、池袋に出かけた。

電車を利用しての外出は、震災後その時が始めてだった。

池袋の駅に着いて街を歩いた時に

「嘘だ」と思った。

「何これ?」と思った。

街の中は買い物客であふれていて、人々の姿は何も変わってはいなかった。

ハンバーガーショップでは順番待ちの行列ができ

ゲームセンターの騒音に負けない、若者の笑い声が聞こえた。

皆が楽しそうにしているように見えた。

私は呼吸の苦しさを覚え、必要な物だけを買うとすぐに

電車に飛び乗って池袋を後にした。

GWに石巻に帰郷して、埼玉に戻って1週間後に

絵画教室を休んでいることを心配してくれる友人と渋谷で待ち合わせした。

渋谷の駅も、人で一杯だった。

道玄坂を少し上った場所にあるお店に行くために

一人で109の前の歩道を歩いた。

若者で溢れかえって、たくさんの嬌声が聞こえた。

前に進めないほどのたくさんの人、人、人、ひと。

怖かった。

怖くて怖くて泣き出したくて逃げ出したくなった。

「何で?

 何で?

 何も変わらない?」

「これは嘘だ、現実じゃない。」

日本人がこれまで経験したことがない大変なことが起っているのに、

何も変わらない街が、私には現実だとは思えなかった。




敢えて書くが、『何も変わらない』ことを非難しているのではない。

ほとんどの日本人が震災のことで心を痛めているけれど

なすすべも無く、自分の今までの生活をこれまで通り送るしかないのだと。

だから、街がなにも変わらないのは仕方のないことで

誰も何も責めることなど出来やしないし

私にしたって、毎日の生活は、さほど変わっていないのだから

繁華街を歩いている人たちと私は、何の違いもない。





110730_1440~0001

けれど、被災地の惨状を目にしてしまった私は

被災地の出来事を、いまだに現実だとは思いたくはないけれど

現実のことだと受け入れることが出来たように思う。

その上で被災地外の、何も変わらない暮らしを、

現実のことだと、どうしても受け入れられないのだ。

これは虚構なのだ。

砂上の楼閣なのだと。

震災から5ヶ月が過ぎた今も、賑やかな場所や華やかな場所には

リアリティーが伴えない。

先日、愛するパグズと出かけた名栗川の河原での川遊びでさえ

夢の中のことように感じて、素直に楽しんではいないのだ。

これは嘘なのではと感じ、幸福感を味わえない。

今の私が、今の暮らしの中でよりリアリティーを感じるのは

ボランティア活動に参加をしている時だ。

参加前に、確かに私もボランティアさんは素晴らしいと思った。

あの中に入りたい、私も混じって働きたいと思った。

思い切って飛び込んだ今、この中にいると安心する。

名も知らぬボランティアさんの中に混ざり、汗を流しているときが

私にとっていちばんリアリティーを伴って、心が安まる時なのだ。




だから、私のボランティア参加は

私がこの震災を乗り越えるために必用なことで

身体こそ疲れるけれど、決して無理はしていないし

私が私のためにしていることで、私が生きるために必用なことで

褒めていただくことでも、ましてや感謝をされるものでは

決してないことなのだと思っている。






写真はいわき市とは関係がありません。
先月末に訪れた南三陸町で携帯で写した1枚です。
一人の女性が町民を助けるために自らの命を顧みず、
津波に流されるまで避難を防災無線に呼びかけていた
防災センターの鉄骨です。
町長は不幸にも流されてしまいましたが、屋上のアンテナに
つかまった数人が助かりました。
この建物も震災のキオクとして残しておかなければならない
建物なのではと思います。




スポンサーサイト

| Ishinomaki | 11:30 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。