2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

どんな小さなことでも





昨夜、仕事を終えてから

お芝居を観に行った。




1118main.jpg

演目は『釈迦内棺唄』

昨夜の舞台は、東松山市で

東松山震災ボランティアの会(チーム東松山)協力の

上演会だった。

この上演会に関しては、何もお手伝いの出来なかった私だけれど

席を埋めるお手伝いなら出来るぞと、会場時間丁度に

会場ホールのチケット売り場まで着いたところで

「ああ、はいこれ」と

スタッフと書かれた名札を手渡されてしまった。



「なるほど。そのノリなのね。」



お芝居を観に来ただけのつもりだったけど

ははあ、軽~いノリで巻き込むつもりなんだわと、

名札を渡された瞬間に理解したので、

軽いノリで巻き込まれてやろうと、急ごしらえのスタッフとして

お手伝いをしてきた。

開演前に、コスモスの葉書と便せんと福島の写真集の

売り子をやった。

申し訳ないことに1冊も売れなかった。

それから、終演後に舞台の後片付けのお手伝いをした。

1冊も売れない売り子としての申し訳なさを追い払うように

これは面白かった。

お芝居の舞台裏。

滅多に見ることが出来ない舞台装置が間近で見られた。

大きな舞台幕を下ろしたり、畳んだり

大道具をばらしたり

立ち位置のテープを剥がしたり

大きなカーペットを「えいや!」と丸めたり。

出演の役者さんたちも一緒だから、なおのこと

面白かった。







111804970.jpg



死者・行方不明者2万人を超える東日本大震災。

今を生きる私たちはこの悲しみを

どのように受け止めたらよいのでしょうか。

秋田県の釈迦内を舞台としたこの芝居は、

家族の深い絆と愛情、わけへだてない、人間に対する優しさを基調に、

震災後、私たちが見失ってはならないことを伝えています。




※太字は釈迦内棺唄の東松山上演会のパンフレットより。




お芝居には泣けた。

人間の不平等さと、生きる意味と、愛と。

震災後に幾度も考えたことをまた改めて考えた。



どんな小さな手助けでも、やれることはある。

何も出来ないと決め込んで、何もやらなかったら

それは何も出来ないのじゃなくて

何もしないってことじゃあないかしらなどど

えらそうに思ってみる。

大げさだけど、小さなことでも、何か手助させていただけたら

ああ、今日も私は生きているって感じられるから

小さなことでも、生きている意味を見つけられるから

だから、生きていけるのだと思ったりする。







スポンサーサイト

| Daily life | 18:00 | TOP↑

| PAGE-SELECT |