2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

思わず声が出た






11月20日 日曜日

早朝に宿泊先のケビンの掃除を終え

被災地の視察へ。

今回の視察先もいつもの鮎川ツアーと同じ

女川~雄勝~大川小学校~十三浜~志津川だ。

今回の視察で私は、今回同行出来なかったチーム東松山の

代表者の代わりに、視察のガイド役を仰せつかった。



稚拙なガイドではあるけれど、地元出身なので

詳しい御案内が出来たのではないかなと思う。





20111130RIMG0033.jpg

途中、マイクを握りしめているのも忘れて

「うわあ」と声が出た。

女川町の市街地が見渡せる高台の道路に差し掛かった時に

対岸に真新しい岸壁と魚市場が見えたからだ。

たくさんの船と人の姿。

きらきら光った魚市場の屋根が眩しくて

マイクを通して

「魚市場が新しくなってるー!」と叫んでしまった。





20111130RIMG0030.jpg

この写真はバスから降りて

女川町立病院の駐車場の高台から写したもので

正面から魚市場を撮ることは出来なかった。

ピカピカの魚市場の写真を、掲載できなくて本当に残念。





20111130RIMG0032.jpg

魚市場が新しくなったとはいうものの

街の様子は相変わらず。

丁度満潮時だったのだろうか

マリンパル前は、もはや海面と地面との差が見えない。






20111130RIMG0035.jpg

女川町立病院の駐車場に仮設の歯科医院が建っていた。

地盤沈下してしまった街の様子には胸が痛むけれど

着実に復興へ向って進んでいるのだと思うと嬉しい。



次回のツアー参加は今週末の2日発の東松島便だ。

この東松島便で、今年度の私のボランティアツアー参加はお終い。

東松島便のツアーの視察先には女川が含まれてはいないので

女川にはまたいつ来れるのか分からない。

今度来れる日はいつになるだろう?

たぶん、ずっと先の話で

たぶん、その時には、街の様子がまた一段と変化しているだろう。




「また、来るね」




そっと呟いてバスに乗り込み

女川の街を見下ろせる小高い丘を後にした。







スポンサーサイト

| Ishinomaki | 09:06 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。