2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今年最後のお手伝い






12月4日・日曜日

今年最後のボランティア。


111204_0852~0001

今年最後のお手伝いは

現地で活動のコーディネイトをして下さる

ボランティアの会の方たちの新しい拠点となる

鹿妻地区の集会所の周囲の清掃。






111204_0853~0001

散らばったゴミを拾い

側溝の泥を出し、草をむしった。




111204_0853~0002

この集会所は小さな建物なので

作業はあっと言う間に終わってしまったので

働き者の我々には物足りず

ついに集会所の前の歩道の泥掃除にまで手を出してしまった。





111204_0853~0003


それもすぐに終わってしまって

なんだか名残り惜しい。

実際に被災した町に足を踏み入れると

まだまだ瓦礫や泥がたくさん残っているのだけれど

復興計画が進まないことには手も足も出せないので

我々『瓦礫隊』の活動も来年はどうなることやら。



チーム東松山としての活動の締めくくりは

12月17日に、金華山での初詣客のための

水道工事のお手伝いだった。

なかなか魅力ある作業だったので、行きたい!と思ったけれど

生憎、17日は姪の結婚式に参列するため、金華山は泣く泣くあきらめた。

結婚式に向う車中で息子に言われた。

「ボランティアもいいかげんにしたら。」

コイツ、殴ってやろうかって思った。

そういうことじゃないのと、説明しても理解できないのだろうし

たぶん、母親の私を思い遣っての言葉だろうと

息子の言葉を胸に仕舞い込んだ。

来年も、きっと私は行くことになるんだろうな。

だって私は、それしか出来ないから。






スポンサーサイト

| Ishinomaki | 00:51 | TOP↑

| PAGE-SELECT |