2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いやらしいオンナ





GWの予定を入れた。

いや、実際にはGW明けだけど

ホテルレジーナ那須・デラックスコテージに2泊

パグズと一緒にバカンスだ。

先日京都・奈良に行ったばかりだし

6月には念願のタヒチ旅行が控えているので

はたして行っていいものだろうかと

思い悩む。




第一、お楽しみのお出かけの予定ばかりで

ボランティアに行けていない。

これは私の中で、優先順位が

ボランティアから旅行に入れ替わったってことだから

それはそれで仕方がないことと、割り切ればいいのに

罪悪感で胸が痛む。

なぜ、罪悪感を抱かなくちゃいけないのか

私は、そんなに『いいひと』でいたいのだろうか?





120423ramune.jpg

写真は我が家のなんちゃってパグ男子ラムネ。

ラムネは正真正銘のパグの両親から生まれたのに

お顔がパグ離れしていて

耳が大きくて、マズルが少し出ている。

だからなのかな?

絵に描いたぬいぐるみのワンコみたいで

とても可愛い。




ボランティアとお楽しみと、優先順位が入れ替わったのには

ヒトさんが週休7日になってしまったのが

大きく関わっているのだと思う。

ボランティアに参加できないのなら出来ないと

いさぎよく知らん顔をしていればいいものを

こうして言い訳をしている私ってやはり、いいひとでいたいのだろうなあ。

いやらしいオンナだな、私。



ま、本格的活動再開は、夏からと決めて

近隣で何かできることはないか、あれこれ

模索してみようと思う、今日この頃だ。






ブログランキング・にほんブログ村へ








| My life | 09:40 | TOP↑

≫ EDIT

悲しくて、涙とまらなくて、逃げ出した。





先月のボランティア先でのこと

今まで書きたかったのに書けなかった。

1カ月近くたって、やっと書けるような気がするので

今日、書こうと思う。



120422RIMG0520.jpg

3月25日の野蒜地区での被災された方々との

交流会が行なわれた会場である仙石線野蒜駅は

8年前に他界した国鉄職員だった父が、生前赴任した駅のひとつだった。





120422RIMG0521.jpg

私がまだ、中学生だった頃

父は野蒜駅の助役として、この駅で働いていた。

実家のある最寄り駅から仙石線で20分程度の駅だったけれど

当時の国鉄では、助役以上の役職の者には

官舎を借りて、赴任先の駅付近に住み

地域の人達との交流を深めることが推奨されていたらしく

父もそれに従って、駅近くの官舎を借りた。

野蒜は海水浴場があったので

父の赴任中は、私も、官舎に寝泊まりをして

野蒜の海で遊んだ。





120422RIMG0519.jpg

確か線路の左側

茶色の家が在る辺りに、その官舎があった。





120422DSC_0091.jpg

これは、昨年の5月

震災発生から2カ月後に撮った写真。





120422DSC_0097.jpg

野蒜駅のホームから撮った。

壊れた家々や、庭に飛び込んだ車に

ただただ

「どうしてこんなことになっちゃったんだろう」と

驚くばかりだった。





120422RIMG0527.jpg

先月には、壊れた家のほとんどが撤去されて

無くなっていた。





120422RIMG0523.jpg

この場所は松林だった。

子供の足では、駅から海岸まで遥か遠く

とても遠かったものだったけれど

幅広の松林が、真夏の光を遮ってくれたおかげで

へこたれもせずに、海岸まで辿り着けた。

鬱蒼として、青々としていて

静寂に包まれていた松林が、今、何処にも無い。




カメラを向けることが出来なかったけれど

更地のあちらこちらに

手向けの花が置かれていた。





120422RIMG0528.jpg

野蒜の駅舎は、父が働いていた当時のままではなくて

鉄筋の頑丈な駅舎に建て替えられていたけれど

1階は、ことごとく破壊された。

無事だった2階の事務室で、交流会は開かれ

住民の方々から手厚い歓迎を受けた。

会の閉め括りで、歌を皆で歌うことになった。

会の代表者の先生(本職が高校の先生なので)が

バイオリンを取り出した。

曲目は『ビリーブ』と『ふるさと』。

歌い出してすぐに、涙が出てきた。

みっともない!

そう思ったけれど、次から次へと涙が溢れて

どうしても止まらない。

和気あいあいと皆が歌うその場所で

涙を見せてはいけないと思い

下を向いて、ドアに向って走って、会場から逃げ出した。




ボランティア仲間にしてみれば

野蒜は被災地のひとつであって、心を込めて応援したい場所なのだ。

住民の方々にすれば、野蒜は、今後も住むと心を決めた

故郷であり、戦いの場であり、未来への希望の場でもある。

私は、単なるノスタルジアに支配されてしまった者であり

私の悲しみなど、取るに足らないちっぽけなもので

だけど、私にとっては

子供時代のキラキラ輝いていた夏の日の、眩しい光と大好きな父が

この地上の何処にも、探しても、探しても

見つからないのだと

目に映る荒れ果てた地に、思い知らされ

「会いたいよ。会いたくてたまらないよ。」と

涙が溢れ出て、とても『ふるさと』など、歌う気持ちになれなかった。




私はなんと中途半端な存在なのだろう。

被災者ではなく、そして、ボランティアに徹することも出来ない。

ノスタルジアから解き放たれ

いつになったら、あまっちょろい感情から

抜け出すことが出来るのだろう?






ブログランキング・にほんブログ村へ













| Ishinomaki | 09:36 | TOP↑

≫ EDIT

毎日の儀式のせいで、こんな目に!?






我が家のにゃんこの

ごてん




120421RIMG0139.jpg

実は両目の上がちょこっとハゲてる。

なんだかヤンキーのお兄さんみたい。





120421RIMG0144.jpg

ほら、けっこうなハゲ。






120421RIMG0136.jpg

なんだか目の上の毛が薄いなあと思っていたら

どんどん薄くなってきて

今では、薄毛というよりハゲに近い状態になった。

耳にも皮膚にも異常がないから

パグズがストレスを与えているせいかと

悩んで悩んで悩み抜いて。





120421RIMG0137.jpg

ある日、ごてんの行動を観察していて

はっと、気が付いた。

毎日、私とパグズを見張るためか

ごてんが過ごしているお気に入りの本棚の上の角。

なんと、ごてん

この角で、匂い付けの儀式を行っていたのだわ。



目の上、すりすり

毎日毎日何回も。

そうか!

だから、ハゲちゃったのかー。





120421RIMG0138.jpg

そこで、飼い主、あせってクッションを貼ってみたものの

時すでに遅し。

ごてん

毛が生えないわー。





120421RIMG0146.jpg

だからね、ごてんの写真を撮るときは

ハゲが目立たない角度で撮っていたの、実は。

だって、ハゲが見えるとヤンキーなんだもの。

苦労してるのよ。





120421RIMG0145.jpg

「お気遣いありがとう。」って?



まあね。

どういたしまして。

君も、毎日の見張り番、ご苦労さま。





ブログランキング・にほんブログ村へ








| goten | 09:54 | TOP↑

≫ EDIT

そうだ、初恋の彼に会いに行こう!







京都の次はね

るんるん気分で奈良・飛鳥なの。




120420IMG_0146.jpg

これが

思春期の頃から行ってみたいと思ってた

石舞台古墳。




120420IMG_0140.jpg

で、これが古墳の石室の内部。

すごーい! 迫力よ。




120420IMG_0152.jpg

ここでも桜に間に合った。

満開の桜。

ぽかぽか陽気で、命のお洗濯。





120420IMG_0155.jpg

明日香村の町並み。

残念なことに、ここを通った時には

お腹が空いてなかったの。

がから、スルーしちゃったの。

そしたら、あらまあ

のどかな田舎町

どこにも、駅前にも食事できるお店がなくって

食いっぱぐれちった。





120420IMG_0157.jpg

これは、亀形石造物。




120420IMG_0160.jpg

これは、足利........

うーん、誰だったっけ?

足利なんたらの首塚。

なんと、民家の庭先にあるの。





120420RIMG0008.jpg

で、奈良公園の鹿ね。





120420RIMG0009.jpg

こっちも、奈良公園の鹿さん。





120420RIMG0011.jpg

東大寺

でかっ!





120420RIMG0030.jpg

そしてこれが、初恋の彼。




嘘です。



不思議だなあ。

高校の修学旅行の時に見た

奈良の大仏

もうちょっと大きかったはずなのに。

奈良の大仏

縮んだ?





120420RIMG0033.jpg

そして、春日大社。

痛い足を引きずって、参道をえいこら歩いて

やっとこさ

辿り着いたら、閉まってやんの。

ちぇっ。






120420RIMG0043.jpg

大社の傍のカフェで

ちょっと一息。

私の向いには、もちろん初恋の彼が

やさしい瞳で

にっこり座っているの。





うっそー♪





120420RIMG0134.jpg

で、これがお留守番のラムネくんと

ポップちゃん。




120420RIMG0132.jpg

ポップちゃんはね

昨日ワクチン接種に

見事に成功したわよー ♪






ブログランキング・にほんブログ村へ





| Holiday | 10:03 | TOP↑

≫ EDIT

今日こそお医者様のお許しが出るかしら?







昨年の秋に、ちょこっと具合が悪くて

ワクチン接種を逃したポップちゃん。

年が明けて、形質細胞腫って耳慣れない腫瘍のために

またまたワクチン接種を逃しちゃった。

なんでも、この細胞腫は免疫が関係しているので

ワクチンでウィルスを身体に入れると、免疫が働いて

腫瘍が悪化する恐れがあるからなんだって。





120419RIMG0130.jpg

ポップの形質細胞腫は先月に、全快のお墨付きをいただいたけれど

「ワクチン接種は大事をとって、あと2週間は

様子を見ましょう。」と先生から言われていたのを、

無精して20日も様子、みちゃった。

腫瘍の痕は、ほら、このとおり。

毛が生えてきて、ハゲの部分はもう、米粒以下よ。



今日こそ、ワクチン接種のお許しが出るといいなあ。






120419RIMG0126.jpg

こちらのラムネお坊ちゃまと





120419RIMG0127.jpg

こちらのマリネお嬢ちゃまは

昨秋にワクチン接種済み。

3日前には狂犬病の集団接種も終わって、元気もりもり。





120419RIMG0125.jpg

こちらが、今朝のポップ女王様。



あーら、ま。

ガードから出られませんって?

はいはい、一生そこにいなさいね。

なーんて。

さーて、お支度して、動物病院まで行こうねー!






ブログランキング・にほんブログ村へ




| Health | 08:34 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT