2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

もう恐いものはない






震災から1年4ヶ月も経ってしまったので

悲しいことだけれど、ボランティアの数が

昨年から比べると、大幅に減少した。


かく言う、『チーム東松山』でも

最近では交流系ボランティアが中心なこともあって、

参加者数が少なく、人集めが大変な様子だ。

今回の橋浦ツアーでも、応募者が少なく

予定していたマイクロバスの定員が埋まらず

日程の見直しをして再三再四募集をかけたものの

やはり必要人数が集まらず

マイクロバスからワゴン車に車両変更しての出発となった。

今回は私も旅の疲れが残っていたので、参加する予定はなかったが

再度の募集に「仕方がないなあ」と、重たい腰を上げたのだ。





20120731IMG_0605.jpg

結局今回の橋浦ボランティアツアーの参加者は

男性10名、女性は私を含め2名の12名。

ワゴン車と乗用車に分乗しての被災地入りだった。

参加者全員がこのチームのボランティアに何度も参加をしており

全員が顔見知り。

女性の1名は、アツアツの彼と一緒の毎度のカップル参加なので

実質、参加女性は私一人かも(?)な状態。

この状況、作業中や食事中はどうということはなかったが

移動中のワゴン車の中や宿舎では、大変居心地が悪かった。

宿舎はいわゆる公民館利用なのだけれど、利用可能な部屋は1部屋だ。

部屋数は3部屋あるのだが、人の使用した気配がない部屋なので

喘息持ちの私にはとても使う気になれなかった。

だからもちろん就寝は大広間で、まさかの男女一緒の雑魚寝。

これには、本当にまいった。

女性の一人はアツアツの彼氏と、ぴったり身体を寄せ合って

案外平気な様子で眠っていたけれど、

私と言えば、寝袋の中で身動き出来ず、男性の気配が嫌で

第一、延々と続くイビキの大音量の中で

どうして皆、眠れるのか分けが分からず、耳にコットンを詰めたり

導眠剤を持ってこなかったことを後悔したりと、泣きたい気分だった。





20120731RIMG0041.jpg

泣き出したい気分の夜でも、疲れた身体は睡眠を欲していたとみえ

いつの間にか眠りに着いたらしく、

気が付いたら周囲が明るくなっていて、

あわてて飛び起き、女子トイレで身支度を済ませ

橋浦小学校へと朝の散歩に出かけたのだ。



ボランティアでは、本当に様々な体験をした。

瓦礫を運び、泥を運び、砂を運び、家財資材を運び

スコップを持ち、ツルハシで凍った土を砕き

足場を組みの補助をし、田んぼの草取りもした。

作業現場のトイレは大抵は仮設のトイレで

外で息を大きく吸い込んで、素早く済ませたり

(それでも臭気で涙が出るけど)

暑さの中での食事が3食とも菓子パンだったこともあり

ああ、そういえば漁船に乗ったこともあった。

ボランティア先のお宅のご婦人から

涙まじりの霊魂の話を聞かされたり、仮設にお住まいの方の愚痴を聞いたり。

そして、今回は男女同室の雑魚寝経験。

しかも大音量のイビキの合唱のなかでの爆睡。




タフになったなと、我ながら思う。

タフでなければとも思う。

「もう恐いものはないよ。何の仕事でも出来そうだ。

 工事現場でだって働けるかもしれないよ!」と

ヒトさんに言ったら

「飯場でご飯も平気だね。きっと美味しいよ!」と返事が返ってきた。

飯場のご飯ではないけれど、お散歩の後の朝食は

自然農場で採れた差し入れの白米と1個50円の超高級卵の『卵かけご飯』だ。

これは、泣けちゃうほど美味しかった。








ブログランキング・にほんブログ村へ









スポンサーサイト

| Ishinomaki | 09:31 | TOP↑

| PAGE-SELECT |