2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

タフでなければ








3月22日(金)〜24日(日)

自走ボランティアの行き先は、宮城県東松島市。

牛網地区に建築途中のデリカ&ダイニング『スマイルダイニング』の

厨房建設のお手伝い。




20130329IMG_2480.jpg

『スマイルダイニング』のメイン棟は、トレーラーハウス利用だ。





20130329IMG_2479.jpg

正面はこちら。

これから入り口前に、デッキとスロープが設えられるらしい。

欧風でとてもいい感じの店舗になると思う。






20130329IMG_2471.jpg

トレーラーハウスの中はこんな感じ。





20130329IMG_2470.jpg

まだ準備段階で、散らかっているけれど

完成した暁には、とても居心地の良い空間になりそう。





20130329IMG_2469.jpg

ハウスの中は驚くほど広くて

ピカピカのキッチンシンクとカウンターは

とても使い勝手がよさそう。





I20130329MG_2508.jpg

今回私がお手伝いしたのは

メイン棟に連結して建てられた木造の厨房の

内壁と外壁の張り付け。





20130329IMG_2465.jpg

この厨房の材料のほとんどは市内在住の方の有志によって

寄付していただいたものだったり

廃材利用だったり

石巻の製材会社からの寄付によるものだそうだ。




20130329IMG_2477.jpg

そして、建築に関わる人の手も

電気工事だったり、水道工事だったり

それから基礎工事や大工仕事も

ボランティアの厚志によるものだそう。




20130329IMG_2474.jpg

『チーム東松山』からのボランティアスタッフも

プロの大工さんは、一人もいないのだけれど

プロ顔負けの仕事振りだ。





20130329IMG_2467.jpg

使命感に燃え、毎週末に埼玉から足を運んでは

続けて作業に当たられる方もいて、本当に頭の下がる想いがする。

ちなみに自走ボランティアというのは

個人の車を提供して、自ら運転をして現地に向かってお手伝いをすることで

今回私は、車を提供してドライバーを買って出たつもりだったのが

実際は、参加者全員が代わる代わる運転してくれたので

運転の他に、何かの役に立たなければと恐る恐る大工仕事をやってみた。

石膏ボードをノコギリで切ったり、生まれて初めて電動のノコギリにも触れたり

インパクトドライバー(電動ドライバー)も初めて使った。






20130329IMG_2482.jpg

その結果

壁に穴があいた。






20130329001.jpg

だから、お詫びを書いてきた。






20130329IMG_2510.jpg

23日(土)の夕刻には、見事に明かりが灯った。



3月の東北は、まだまだ寒くて、北風がとても冷たくて

外での作業で身体が冷えてすっかり風邪をひいてしまった。

そんな状態でもチームの仲間と一緒に、

宿舎の津波被害のため廃園になった保育園の教室で

寝袋にくるまって雑魚寝をした。

大工仕事は思いのほか重労働かつ力仕事だった。

埼玉の我が家に戻ってきてから2日間寝込んだが、復活した。

もう、全然平気。

チームの仲間には、ごく普通にお勤めをしている人も何人もいる。

みんな、ボランティア先から帰宅した翌日には普通に出勤するのだ。

タフでなければ、と思う。

つくづく、健康な身体に恵まれたことを誇りに思うのだ。



この『スマイルダイニング』のオーナーさんは

震災後もいち早く、お弁当作りを始められ

地域の方のために頑張っていらした方たちだ。

牛網地区には、外食できる店舗がただの一軒もない。

このダイニングがオープンすることによって

地区の人々の楽しみや希望に繋がってくれたらと、心から願う。



ちなみに、今回の自走ボランティアでの持ち出しの費用は

ガソリン代+高速運賃を参加人数で割って

一人あたま、4千円だった。

これに、2日分の食費が加わるくらいで、合計でも大した金額にはならない。

しかし、お金の問題ではないのだ。

熱い気持ちと、タフであること。

そして、忘れないこと。

特に、今回は不覚にも風邪をひいてしまったので、

タフであることを肝に銘じて、来月も頑張っていこう。







ブログランキング・にほんブログ村へ






スポンサーサイト

| Ishinomaki | 11:11 | TOP↑

| PAGE-SELECT |