2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.39『チェスキークルムロフ1日目』






どうやら今年は私にとって、厳しい1年になりそうで

海外旅行に出かけることが難しいかもしれない。

だから、なおのこと

こうして写真を選びながら、記憶の糸を手繰り寄せていると

懐かしさで切なくなる。

とは言うものの、普段は忘れている旅の記憶を蘇らせるという作業は

決して悪くは、ない。

なんだか、同じ場所へ2度目の旅をしているような

そんな気分になれるからである。



2013年8月15日(木)午後3時

宿泊先のホテルの1階の中庭にある小さなカフェで

クリームたっぷりの、あまーいアイスコーヒーを飲んだ後

チェスキークルムロフの街(旧市街地)へ繰り出した。




20140114P8150466.jpg

20140114IMG_4222.jpg

20140114IMG_4224.jpg

20140114IMG_4225.jpg

20140114IMG_4226.jpg

20140114IMG_4237.jpg

物陰からオモチャの兵隊さんが出てきそうな街!

何を見ても楽しくなって、カメラのシャッターを切らずには

いられない。





20140114P8150454.jpg

チェスキークルムロフはチェコの南部にあり

Sの字型に蛇行するヴルタヴァ川に抱かれたかのような

丸い形をした部分が旧市街だ。

ヨーロッパの他の古い町と同様に

オフィス街(小さいけど)や鉄道駅やバスターミナル

スーパーマーケットや一般住宅(アパート)は

旧市街をぐるりと取り囲む川や道路の外側にある。

内側の旧市街地にあるのは、ホテルやレストランやショップなど

まあ、はっきり言って観光産業ばかりだ。

日本で例えれば、白川郷を想像していただくといいのかもしれない。

たぶん、ここには本当のチェコの暮らしはないのだと思う。

それでも、この町の可愛らしさは

海外からでも、足を運ぶに十分な魅力はある。

「世界一美しい町」と称されるけれど

私が今まで訪れた町には、正直に言ってこれ以上美しい町があった。

あくまで、私の主観だけれど。

この町は一言で言えば「可愛らしい」のだ。

端から端まで歩いても数十分しかかからない。

あっという間に通りを全部通り抜けられそうで、前述したけれど

まるでオモチャの国のようだ。




20140114P8150455.jpg

20140114P8150457.jpg

20140114P8150464.jpg

川に沿って歩いてみる。

カフェはどこも満員。

カヌーを楽しむ人たちの姿がたくさん見える。




20140114IMG_4220.jpg

美術館の塔を目指して、橋を渡って対岸に行く。

この橋は、まるで上高地の合羽橋みたい。

大勢の観光客が行き交う。




20140114P8150472.jpg

橋を渡って少し上ると別の塔が見えてきた。




20140114P8150468.jpg

チェスキークルムロフ城の入り口。





20140114P8150505.jpg

城の敷地内へ入るのは無料だ。





20140114P8150506.jpg

広場の横に市が出ていた。




20140114P8150507.jpg

お土産物。

見ているだけで楽しい。




20140114IMG_4244.jpg

小腹が空いたので、お好み焼きみたいな怪しげなものを食べて見る。

予想に反して塩っからい味。

どうやら、岩塩で味付けされていてオリーブオイルで焼き上げたものみたい。

写真では分からないが、かなりのボリューム。

半分だけ食べて、残りはバッグにしまった。





20140114P8150477.jpg

城の中庭。

立体的なレンガブロックに見える壁は、実はペイントされたもの。

チェスキークルムロフの街中で、

この「なんちゃってレンガ」の建物をたくさん見た。




20140114P8150486.jpg

城内見学はチェコ語のガイド付きツアーでしか、出来ないらしい。

参加・出発時間も決まっていた。

つまり自由に見学出来ないってことで、この日の見学はあきらめた。

仕方がないので、城を潜り抜けて展望台へ。




20140114P8150493.jpg

20140114P8150495.jpg

街中が見渡せた。

写真では伝え切れない美しさだった。

この後

私はもう一泊この街に留まることに決め

宿泊先のホテルに交渉するも「満室である」と断られ

部屋に戻って、翌日の宿泊先をiPadで探しているうちに寝てしまい

気が付いたら辺りが真っ暗で

面倒なので出かけるのを止めてしまった。

窓の下からは、酔客たちの喧噪が聞こえてきたけれど

無理はしない。

さっさと翌日のホテルのブッキングをしたあと

ダイエットコークと、昼間の残りの「お好み焼き」を夕飯代わりにして

そして、寝た。

この夜は思いっきり眠った。

家を出てから3日間。

疲れが溜まっていたのだろう。

「もったいない」と思わないでもなかったけれど

考えるのは止めにした。









ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

| Memory of travel | 12:55 | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.38『プラハからチェスキークルムロフへ』






2013年8月15日(木)朝8時半

ホテルから15分ほど歩いて

前日に下見をしていた NA KNIZECI バスターミナルに到着!




IMG_4185.jpg

バスはすでに来ていた。

この時の移動に使ったのは STUDENT AGENCY という会社のバス。

もちろん、日本を出る前にチケットは予約済みだ。





IMG_4187.jpg

プラハ午前9時出発。

その10分前に乗車開始。

チケットは座席指定。残念ながら通路側。

私の隣には、20歳代とみられる中国人男性が。

この男性

バスが発車してからすぐに携帯電話を持ち、喋りっぱなし。

しかも声が大きい。

1時間近くも喋っていたけれど、誰も注意はしない。

(私もだけどね)

まったくもって、お隣の2カ国からの旅行者は

この男性にみられるようにマナーが悪い。

私がこの旅で見かけただけでも数例ある。

人が座るベンチに土足で立って、集団で記念撮影したり

ゴミを平気で捨てたり、列に並ばなかったり。

一昔前までは、日本人も海外でのマナーが悪かったのだろうけれど

今では、日本人のマナーの良さは定評がある。

私はどこから見ても日本人に見えるらしいので

この2カ国の人間に見られないことに、安堵した。





IMG_4192.jpg

バスはチェスキークルムロフを目指してひた走る。

途中、トイレ休憩もなく、3時間走りっぱなし。

コーヒーなどの車内販売はあるけれど

車内のトイレを使用するのはイヤだったので

飲み物は我慢した。

車窓から見る風景は素晴らしかったのかもしれないけれど

隣の「ボクちゃん」がカーテンを引いてしまったので

景色が見られたのは、ほんのわずかな時間だけ。

プラハからチェスキークルムロフへは、鉄道の便もあるが

乗り換えで時間がかかるので、バス便はやむを得ないのだけれど

この時のバス移動は、快適とは言いがたかった。





IMG_4195.jpg

なんだかなあ、と思いながらも3時間を経て、

やっとチェスキークルムロフのバスターミナル到着!

開放感を味わう。




IMG_4198.jpg

バス待合所でトイレを済ませ、念のため時刻表をiPhoneで写してから

徒歩で街を目指す。




IMG_4207.jpg

バスターミナルから小さな丘を上って下りて

信号のある車道を渡ると

そこがもう、チェスキークルムロフの旧市街だ。

旧市街に入ると、道路は全てが石畳。

キャリーケースが重い、重い。





IMG_4228.jpg

街の入り口から、10分程歩くと中心の広場へ出た。

この日の宿は、迷子にならないようにと

広場の近くに予約したはずなのに、どこだかさっぱり

見当もつかない。

そこで、広場にあるインフォメーションでホテルの場所を

教えてもらう。




P8160551.jpg

インフォメーションのお兄さんが指差す方向を目指して

建物の陰に回ったら、すぐに見つかった。

小さな可愛らしいレストランの2階が、この日のねぐらだ。





P8150451.jpg

チェックインの時間まで1時間ほどあったので

荷物だけ預け、探検開始!




IMG_4211.jpg

小さなパン屋さんで

バームクーヘン(?)を買って食べた。

チェコとハンガリーでは、このバームクーヘンを焼いている屋台を

そこらじゅうで見かけた。

見かけは大きいが、中が空洞なので

あっという間に食べ終わる。

私はこの旅の間、3度、このバームクーヘン(?)を食べた。





IMG_4230.jpg

午後2時過ぎ

ホテルにチェックイン。

通りに面した2階の部屋のトリプルの部屋を一人で使う。

料金はシングル料金なのでありがたい。

朝食付きで、日本円で¥5,600−ほど。





IMG_4232.jpg

この時点で、翌日の宿の予約はどこにもしていなかった。

この街が気に入れば、もう一日ここに留まろう。

気に入らなければ、明日の昼にはこの街を発とう。






IMG_4239.jpg

そんな気持ちで、ホテルを飛び出して街に繰り出した。

たった一人だけれど、

おとぎ話の始まり、始まりだ。









ブログランキング・にほんブログ村へ




| Memory of travel | 13:51 | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.37『カレル橋のたもとで』




2013年8月14日(水)

ペトシーン公園を出た後は、トラムに乗ってカルレ橋へ。


P8150418.jpg

またまた、降りる駅を通り過ぎてしまい

歩いて戻ることになってしまう。

ガイドブックを持たず、地図1枚だけをバッグに入れて歩く

自分のアバウトさを呪う。

足が痛い。




P8150420.jpg

カレル橋はチェコ共和国の首都、

プラハを流れるヴルタヴァ川に架かる橋。

14世紀に建設が始まった歴史ある橋で欄干には30体の彫像が立ち並んでいる

プラハを訪れる人なら誰でも訪れるという

超メジャーな観光地。




P8150427.jpg

P8150425.jpg

橋の上には大勢の観光客でごった返していた。

大道芸人のパフォーマンスやお土産物を眺めながら

歩いているだけで楽しい。




P8150421.jpg

P8150422.jpg

P8150432.jpg

河畔の風景も、当然だけれど、いかにも観光地風。

あのカフェでのんびりお茶をしたい、と本気で

思ってしまう。




P8150433.jpg

そういえば、遊覧船に乗り忘れた。

明日には別の町へと発つ身だ。

あれもこれも、という分けにはいかない。




P8150445.jpg

橋の両脇(入り口?)には塔がある。

この塔の下を潜って橋を渡る。




IMG_4168.jpg

反対側の塔。

ガイドブックを持たないので、詳しくは分からなかったけれど

建築様式の違いが歴然だ。




IMG_4166.jpg

旧市街地側の塔を潜ると小さな広場があった。

この写真の彫像の下で

嬉しいことにフリーのWi-Fiの電波が拾えた。

つまり、iPhoneが無料で使えるということだ。

さっそく植え込みの端のレンガに腰掛けて

ツイッターで、ここまでの経過をアップする。

この、わたしの「つぶやき」を日本で見て、友人たちが

ツイッター返信してくれるのが、とてもありがたかった。

遠い異国にたった一人でいても

日本と瞬時に繋がり、ネット上ではあるけれど

言葉を交わせる。

寂しさや心細さは、これで埋められる。




P8150450.jpg

19時30分

街はまだまだ昼間の様相だったけれど

「暗くならないうちにホテルに帰ること」を自分に義務づけているので

トラムに乗ってホテルへ戻る。

今度こそ!

降車駅を間違えることなく、ホテルに到着。




IMG_4182.jpg

朝食時には開いていなかったテラス席も開いていた。



IMG_4180.jpg

食事の量の多さを警戒して

メインを頼まずにチキンサラダを頼んだら、この通り。

他になにも頼まなくてよかった。

カクテルを飲みながら、ガーリックトーストを齧る。

美味い!

そして

旅が始まったこの時でもまだ私は

これから始まる三か国間移動の旅に胸を躍らせていた。








ブログランキング・にほんブログ村へ

| Memory of travel | 11:05 | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.36『ペトシーンで日本人女性と出会う』




2013年8月14日(水)

プラハ城を出た後、旧王宮前広場からトラムに乗って

ペトシーン公園へ



20140109IMG_4149.jpg

トラムから下りてほんの少し歩き

ここからはケーブルカーに乗って公園を目指す。

普段は「穴場」と言われるほど、人が多くはないらしいが

この日は観光スーズンの真っ盛りのため

ケーブルカーに乗るまで30分ほどの待ち時間に耐えた。




20140109IMG_4151.jpg

プラハ公共交通のフリーパスを持っていたので

ケーブルカーも、そのチケットで乗車する。




20140109IMG_4163.jpg

このケーブルカーの待ち時間中に

前に並んでいた日本人女性に「ジャパニーズ?」と

声をかけられた。

頷くと、とても嬉しそう。

話しを聞けば、イタリア在住で、プラハまでは車で来たのだそう。

ここは大陸なのだと、改めて実感。

連れの三人の男性は、ご主人とご親戚。

ご主人、レディーファーストでとても優しそうだ。

ケーブルカーの車内に隣り合わせで座り

「海外暮らしが羨ましい」というと

目を細めて渋い顔。

イタリア人のアバウトな気質がとても肌に合わず

「できれば日本で暮らしたい」と言う。

「日本人とお喋りするのは久しぶり」と、笑顔で語る。

そんなものなのかな? と思う。

海外暮らしに憧れている私には、愚痴が自慢にしか聞こえない。





20140109IMG_4152.jpg

ケーブルカーを降りて

女性に会釈をして足早にタワーに向かった。

入場チケット窓口に並んでいると、後ろにさっきの女性と男性たち。




20140109IMG_4153.jpg

こうなりゃ諦めて一緒に並ぶしかないと

お喋りしながら列に並んだ。

このペトシンタワーは入場料の他にエレベーター代もかかるので

入場料だけを払い、階段を上った。

途中途中にベンチはあるけれど、高さへの恐怖感も手伝って

かなりしんどい。




20140109P8150405.jpg

けれど、展望台からの眺めは素晴らしかった。

プラハ城からの眺めも素晴らしいものがあったけれど

ここは高さがあるだけに、遠くまで見通せて言葉も出ない。

通り抜ける風で、かいた汗が乾いていく。




20140109IMG_4161.jpg

彼女の姿を見失ったので、

ご主人に「バイバイ!」と手を振ってタワーを下りた。

タワーの下では乗馬を楽しむ人たちや

遅いランチを楽しむ人の姿。

日本の整備された公園とあまり変わらない、ごく普通の公園だった。





20140109P8150413.jpg

天文台があった。




20140109P8150415.jpg

天文台の傍にはバラ園も。

いわゆる「ヨーロッパ式庭園」ではなく、

普通の公園に、なぜか癒される。



さっき出会い、ほんの少しだけ触れ合った女性を思う。

彼女がなんと言おうと、やはり羨ましい。

素敵なご主人と一緒に、マイカーでヨーロッパを楽しめるんだもの。

日本人に生まれてきて、平均的な日本人の人生とは

まったくちがう人生なんだもの。

「ああ、若い頃から人生をやり直せれば」

何度、思ったことだろう。

同じことを繰り返し、ここプラハの公園でも

思ってもせんなきことを私は思うのだった。







ブログランキング・にほんブログ村へ





| Memory of travel | 10:25 | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.35『プラハ城・大聖堂と黄金の小道』






2013年8月14日(水)プラハ城見学。




20140108P8140290.jpg

プラハ城は城壁内には無料で入れるが

建築物内部に立ち入るには、それぞれ入場料を払わなければならない。

インフォメーションで、お得なセット券が売られていた。

日本語の案内看板があるのが嬉しい。

私が購入したのは「プラハ城Bコース」。

旧王宮、聖イジー教会、黄金の小道、

それに聖ヴィート大聖堂の4カ所のセット券だ。

この日、まだ他にも見て回りたい場所があったので

全てを回る時間はない。




20140108P8140298.jpg

まずは黄金の小道から。

その昔、城に仕える錬金術師が住んでいたらしい通りは

可愛らしい家が立ち並んでおとぎ話に迷い込んだみたい。

プラハを訪れる人なら誰でも訪れる、超メジャーな観光地だ。




20140108P8140304.jpg

小人さんでも住んでいたのか、と思えるほど

小さな家々はほとんどがギフトショップ。

大勢の観光客で押すな押すな! 

のんびりお土産を選ぶ気にもなれない。




20140108P8140306.jpg

それでも、ミーハー気分で行ってみたかった

「カフカの家」に行ってみる。




20140108P8140300.jpg

カフカの家の壁にあったプレート。

このプレート前に立って記念撮影をする人が後を絶たないので

写真を撮るのも一苦労だ。




20140108P8140373.jpg

オモチャ屋さんの看板がいかにも東欧を感じさせる。




20140108P8140295.jpg

小道の建物内部は、ギフトショップの他に

博物館にもなっていて

当時を偲ばせる民家の暮らしが見てとれる。




20140108P8140292.jpg

2階には道具類が展示されていた。

この2階、天井が低くとにかく人で混んでいるので

早々に退散した。




20140108P8140311.jpg

小道の出口。

後から後から人が出てきた。




20140108P8140276.jpg

聖ヴィート大聖堂




20140108P8140331.jpg

見事なステンドグラスに溜め息。




20140108P8140340.jpg

今回はかさ張るけれども頑張って

オリンパスミラーレスカメラE-PL3の

40-150ミリ望遠レンズ(35ミリ換算で80-300ミリ望遠)を

持参した。

相変わらずカメラの腕は悪いけれど

今まで写せなかった、教会の天井部分の彫刻も

鮮明に写せたので大満足!




20140108P8140344.jpg

信者じゃなくとも、マリア像には

畏敬の念を感じておごそかな気持ちになる。




20140108P8140282.jpg

大聖堂外部




20140108P8140287.jpg

修復工事の真っ最中




20140108P8140352.jpg

20140108P8140348.jpg

20140108P8140266.jpg

ランチは大聖堂前のカフェで。




20140108IMG_4143.jpg

空席を確保するのもひと苦労。

サンドイッチとコーラで一息。



20140108P8140267.jpg

聖イジー教会正面外観



20140108P8140324.jpg

聖イジー教会天井画



20140108P8140313.jpg

聖イジー教会祭壇



20140108P8140354.jpg

旧王宮内部



20140108P8140356.jpg

王宮壁画


実はイジー教会と旧王宮は内部が地味だったので

あまり写真を撮っていない。

しかも印象にもあまり残っていないので

どの写真がどちらの建物内部だったのか思い出せない。

だから、間違っているかもしれないので

検索でこのブログにたどり着いた方は信用しないこと!




20140108P8140284.jpg

チケットには含まれていなかった「火薬塔」に

間違って行ってしまったけれど

入り口のお兄さんが「あなたのチケットじゃ入れません」と

とても残念そうに教えてくれた。




20140108P8140377.jpg

大聖堂から坂を下る途中で素敵なテラスを見つけたので

入ってみる。




20140108P8140383.jpg

メニューに書かれた「アイスコーヒー」を頼むと

これが出てきた。

旅行中に、どの国へ行っても同じだった。

これには参ってしまった。

ヨーロッパに旅して、いつも辛いのは

甘味の無い冷たい飲み物(お茶、コーヒー)が無いこと。

冷たいソフトドリンクは全て甘いのだ。

喉を潤すには、ミネラルウォーターかビールしかない。

この旅で私は、水代わりにビールばかり飲んでいた。

ヨーロッパの乾いた空気にはビールが恐ろしく似合う。

どの国のどのビールもとても美味しかった。




20140108P8140396.jpg

20140108P8140368.jpg

20140108P8140361.jpg

20140108P8140360.jpg

テラスから見えるプラハの街並に見惚れてしまう。

美味しい(?)お茶と心地よいテラス

そして美しい風景。

何よりも幸せな瞬間だと感じる。

この瞬間を味わうために、私は旅に出る。




20140108P8140365.jpg

心地よいテラスで十分休憩をした後は

次の目的地!

パリ・エッフェル塔を真似た

「ペトシーン・タワー」へ、ゴー!







ブログランキング・にほんブログ村へ




| Memory of travel | 11:47 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。