2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.32『2013東欧ひとり旅、スタート!』


2013年8月の東欧三ヶ国一人旅のスタートは

羽田のターミナルホテルの宿泊から。



20140105IMG_4047.jpg

8月12日(月)夜9時

翌日早朝発の便のため、羽田空港ターミナル内ホテル

「ファーストキャビン FIRST CABIN」にチェックイン



20140105IMG_4046.jpg

スタンダードの室内はこんな感じ。

ベッド分の奥行きと壁際にセーフティーボックスと

小物を置ける程度の棚があるだけ。

荷物は足元に置いて寝るしかない。

それから、足元(カーテン)上に壁掛けのテレビ。

天井が高い分だけカプセルホテルよりはマシな程度だが

あくまでの仮眠施設なのでこれで十分だ。




20140105IMG_4051.jpg

大浴場がある。




20140105IMG_4052.jpg

それから、おそらく外国人のためなのかな?

共用のシャワーブースが完備。



ここでの仮眠は辛かった。

通路を挟んで向かい側のベッドの女性が

一晩中咳払いをしていたのだ。

ウトウトしたかと思うと「グ、ゴホン」とくる。

深夜に咳払いが聞こえなくなったかと思ったら

今度はテレビの音が流れてきた。

「深夜にテレビはないだろう! なんのためのヘッドフォン!」

我慢の限度を超えてしまったので

そのように文句を言ってやろうと、カーテン越しに声をかけ

返事がないので隙間から室内を覗いたらもぬけの殻だ。

テレビ付けっぱなしで出かけやがって!

派手なスーツケースに派手な洋服。

ははーん!

日本人の仕業じゃないなあ、とあきらめた。



20140105IMG_4054.jpg

まんじりともしない夜明け。

13日(火)早朝4時30分

ブリティッシュ・エアウェイズ(以下BA)ビジネスカウンターにて

チェックイン。

長年に渡って貯めた、クレジットカードの永久不滅ショッピングポイントを

マイレージに交換して手に入れた

Club World Class=ビジネスクラスチケットだ。

航空券に限っていえば、この東欧旅行の往復チケットはマイレージ使用のため

かかった費用はサーチャージ(燃料代)の¥56,000-のみ。

実を言えばBA利用だと、必然的にロンドン・ヒースロー空港乗り継ぎになり

最初の目的地チェコ・プラハを通り過ぎて戻る形になるので

遠回りになってしまうし

ヒースローは、なにせ巨大な空港のためトランジット(乗り継ぎ)時間が長い。

2時間以内のトランジットだと、チケットを発券してくれないみたいなので

かなり時間に無駄がでる。

実際、この旅行のトランジットタイムは

往路5時間半、復路はなんと、12時間だった。

しかし、マイレージ利用のチケットは数が限られているので贅沢は言えない。

都合の良い日程ではエールフランスやルフトハンザのチケットが

確保出来なかった。

もちろんJALはプラハに乗り入れていないので利用できない。

旅行前にBAの評判をネットであれこれ調べたが、かなり悪い。

「ただ乗りなんだから、ガマンガマン」と言い聞かせて

まずは、乗り継ぎ地ロンドンへ向かった。




20140105IMG_4055.jpg

チェックインや出国手続きを済ませ

ビジネスクラスラウンジへ。




20140105IMG_4056.jpg

今回使用できるのは「さくらラウンジ」

ここもネットで調べ回ったが、あまり情報が得られなかった。

入室してみて、納得。

他のラウンジに比べると幾分サービスが地味。




20140105IMG_4058.jpg

フードやお酒の種類も少なめだし華やかさもない感じ。




20140105IMG_4062.jpg

早朝だったため、バーカウンターも閉まっていた。





20140105IMG_4059.jpg

それでも、ここも無料で利用させていただいている身だ。

贅沢は言えない。

ありがたいなあと、感謝の気持ちを込めて朝食をいただいた。





20140105IMG_4065.jpg

ここからはBAの機内へ。

BAの評判は、上でも書いた通りあまり芳しくなかったけれど

実際搭乗してみると、居心地は悪くなかった。

特に

「ビジネスクラスのシートは、窓際に座ると

トイレに立つ際に隣の人の足を超えなくちゃいけないから

通路側がベスト」

という書き込みを多く見かけたけれど、そんなことはない。

私は窓際の席だったけれど、隣との境のシャッターを下ろすと

完全個室になるので、とても居心地が良かった。

逆に通路側だと、寝姿が丸見えになるので私だったら

辛い。

上の写真、左側が窓、隣席が右側になる。





20140105IMG_4066.jpg

ビジネスクラス全体のシート配列はこんな感じ。




20140105IMG_4068.jpg

フットレストを倒してシートと合わせると

フルフラット(180度)のベッドになる。




20140105IMG_4075.jpg

シートとフットレストを倒して

シャッターも下ろした状態。




20140105IMG_4074.jpg

枕をセット。




20140105IMG_4070.jpg

テーブルを出すと、そこはもう勉強部屋! みたい。




20140105IMG_4071.jpg

機内食の評判もあまりよく書かれていなかったけれど

そんなことはない。

毎食、とても美味しくいただいた。

これは、朝食。




20140105IMG_4073.jpg

朝食のメイン。




20140105IMG_4077.jpg

小腹が空いたときのために

軽食やデザート、飲み物が用意されたカウンターもある。




20140105IMG_4078.jpg

なかなか種類が豊富なのだけれど

山盛り抱えて座席に戻る御仁がいるので(なんだかなあ)

あっという間になくなってしまった。

これからブリティッシュエアウエイズ・クラブワールドに搭乗予定の方には

お早めの確保をおススメだ。



20140105IMG_4081.jpg

これは昼食(?)の前菜。




20140105IMG_4085.jpg

昼食(たぶん)のメイン。




20140105IMG_4087.jpg

昼食のデザート。



フルフラットのシートで食っちゃ寝を繰り返し、映画をみての12時間は

快適で、あっという間だった。

CAさんも親切だったし、美人さんとハンサムさんだったし

私は満足!

悪くないと思う。



20140105IMG_4091.jpg

13日(火)午前11時40分(たぶん)午前10時10分

ロンドン・ヒースロー到着!

トランジットタイム5時間半のお楽しみはお買い物とお茶!

このバッグは、この旅で初めて買ったもの。

やっぱりどこへ行ってもパグが目に止まるんですね!




※旅先でのチケットやパンフ等は、すぐに捨てちまう性格なので情報がかなりアバウトです。
だけど、誰かの参考になればいいなあとの想いを込めて、一生懸命思い出しながら書いています。





ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

| Memory of travel | 13:28 | TOP↑

≫ EDIT

大変申し訳ございませんが




「大変申し訳ございませんが」なんて記事タイトルを振ると

またまた野次馬PVが増えるんだろうな、と思うけど

ま、いいか。




20140105pugs.jpg

ええと

みなさま大変申し訳ございませんが

「パグブログ」と称している当ブログなのですが

昨年の東欧の旅行記を完成させたくあるので

当分の間「土曜日は旅の記憶」シリーズが続きます。

つまり「旅ブログ」と化してしまいます。

個人の勝手なブログなので、別にお断りするまでもないとは

思いますが

こっそりひっそりランキングやブログ村に参加している手前

告知責任は少なからずあるだろうと

判断した次第でございます。

東欧旅行で撮ってきた画像は、正確にカウントしていないけれど

数千枚もあるので、

東欧旅記録は、ダラダラ1ヶ月以上も続くかと思われますが

時々「パグ」も挟むので

パグカテに新着情報を流すのをお許しくださいませ。


ああ、そうだ!

とりあえず、数分前に写したパグズの写真を貼っときます。



※東欧旅行記を書き終えるまで、ランキングのメイン参加カテを「犬親子飼い」から
「海外一人旅」に変更します。「パグ」の参加割合は10%変わらずです!






ブログランキング・にほんブログ村へ




| Unclassification | 11:46 | comments:0 trackbacks:0 TOP↑

| PAGE-SELECT |