2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

2014年上半期ボランティア活動まとめ2




2014年上半期ボランティア活動まとめ2



0616IMG_8389.jpg

5月11日(日曜日)

和光市樹林公園にて開催された

宮城県亘理町荒浜小学校支援のためのチャリティーイベント

『樹林ワンパク』に参加。




0616IMG_8382.jpg

当日は仕事のためほんの1時間、顔を出す程度だったが

事前準備を少々お手伝い。

上の写真のポスターを3枚、仕事の合間を見て作ったり




0616IMG_8380.jpg

ちょうど母の日当日のイベントだったので

便乗商法(?)よろしく母の日カードを作ったり

メッセージカードを作ったりした。





0616IMG_8386.jpg

母の日カードは好評だったので

調子に乗っていろいろカードを作りそうな予感。




0616IMG_8460.jpg

5月31日(金)〜6月2日(日)

久々の金華山応援ツアーに参加。

東北へボランティアに出かけるのは、なんと半年振り。

思えば震災以降

月に1度か2度のペースで足繁く通っていたものだったが

ここにきてペースダウンしてしまった。

それは

「ボラ熱」が冷めたからではなく

今年は行ける環境が整わない、だけのことなのだが

自分が「行けない」環境になって初めて気付くこともある。


行きたくとも行けないのだ、ということに。

行けることの、なんと恵まれていることか、ということに。


今まで口に出さずとも

ボランティアとして東北その他被災地に出向かない人々を

なぜ? と密かに非難する自分であったことは否定できない。

「余裕があるから行けるのよ」と他人から言われると

「みんな余裕なんてないよ。気持ちがあるかどうかの問題」

「なんとかやり繰りしているだけ」

「最優先事項が違うだけ」

などと答えていたが

その答えのなんと思い上がっていたことか。

やはり活動に参加できるのは

時間とお金と気力体力に恵まれているからなのだ、

ということを素直に認めなくてはね。



行ける環境を取り戻したときには

ボランティア活動に参加させていただけることを

改めて感謝しなくては、と思う。




0616IMG_8464.jpg

今回の金華山での活動はバラエティに富んでいた。

お社の整備だったり屋根のペンキ塗りだったり

参加者は数名ごとにいくつかの班に分かれて作業をした。

なかでも、アスファルト敷きは初体験!




0616IMG_8463.jpg

作業開始時には倒れていた灯籠が




0616IMG_8509.jpg

見事に復元!




0616IMG_8501.jpg

大雨が降る度に溢れてしまう小川も




0616IMG_8505.jpg

水路を確保出来るまでになった。




0616IMG_8507.jpg

恒例のトラックの荷台移動も楽しい。




0616IMG_8477.jpg

しばらくは金華山には来られないと思うので

今回は朝早く起きて金華山登山に挑戦した。

途中で引き返そうかと思ったけれど

なんとか登頂を果たした。

….といってもスカイツリーよりも低い山なんだけどね。




0616IMG_8511.jpg

すっかりキレイになった桟橋と防波堤。

青い海が眩しい。




0616IMG_8516.jpg

とは言っても、参道の山肌はまだこんな。




0616IMG_8520.jpg

漂う海月に見送られて金華山を後にした。

もちろんいつもの海鳥たちも

えびせん欲しさに見送ってくれた。


観光客や祈祷を受ける方々がチラホラみえた金華山。

少しづつだけれど

昔の賑わいを取り戻していることが嬉しい。







ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

| Ishinomaki | 12:15 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。