2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

負け押しみ100%の那須の旅







6月12日(木)と13日(金)

一泊二日で、パグズを連れて那須へ行った。



20140723IMG_8542.jpg

梅雨のまっただなか

数日間天気予報とにらめっこして

この日だ! と決めて出かけた。

なのに見事に予報は外れ、名所『殺傷石』到着の30分ほど前に

とうとう雨が本格的に降り出した。

だが、そこであきらめる私じゃない。




20140723IMG_8536.jpg

代表してポップちんにお付き合いしてもらった。




20140723IMG_8548.jpg

その後『南ヶ丘牧場』へ。




20140723IMG_8545.jpg

ソフトクリームが美味い。




20140723IMG_8565.jpg

その後、雨が上がったので『深山ダム湖』へ

湖面が鏡のように美しかった。




20140723IMG_8579.jpg

ダム湖周辺を散策した後に向かった

宿泊先のプチホテル。




20140731IMG_8582.jpg

コテージ風の造りの部屋の前は一面の田んぼ。




20140723IMG_8581.jpg

ワンコたちもテラスが気に入ったって。




20140723IMG_8588.jpg

お部屋はメゾネットタイプの4人部屋。




20140723IMG_8591.jpg

お風呂は貸し切りの露天風呂。




20140723IMG_8594.jpg

風呂上がりにテラスでアイスコーヒーを飲む。




20140731IMG_8619.jpg

13日早朝

ホテル周辺をパグズと一緒にお散歩。

絵に描いたような別荘地の空気が爽やかで心地よい。




20140723IMG_8615.jpg

20140723IMG_8625.jpg

木造の協会があった。




20140723IMG_8610.jpg

木漏れ日がなんとも感動的。




20140723IMG_8637.jpg

朝食は宿泊先のプチホテルのレストラン前のテラスで。




20140723IMG_8643.jpg

この日は梅雨と平日が重なったので貸し切り状態。




20140723IMG_8649.jpg

オーナー特製のオムレツが美味。




20140723IMG_8657.jpg

パグちゃんたちには、サラダとパンの端っこを

おすそ分け。




20140723IMG_8660.jpg

食後のメロンももちろんパグズと分け合って食べた。




20140723IMG_8632.jpg

さて、出発!

心地よいテラスともお別れ。




20140731IMG_8627.jpg

ホテル前の風景。

注)建物はホテルではありません。

これからあの山に登るのだ。





20140723IMG_8666.jpg

ロープウエイに乗って出発!




20140723IMG_8704.jpg

あっと言う間に到着。




20140723IMG_8670.jpg

那須岳は二度目だけど、やっぱり凄い風景。




20140723IMG_8702.jpg

「あ! 犬だ!」

周りからはこんな声が上がったけど

当のご本人たちは、自分たちがどこにいるのか

まるで分かってないみたい。




20140723IMG_8682.jpg

なので、火口までの登山道を上ってみた。

しかし

思ったよりも風が強いので

吹飛ばされそうになり、早々に登山は断念。




20140723IMG_8674.jpg

その代わりと言っちゃなんだけど

ポップちゃんがお土産をしてくれた。

(ちゃんと拾いました)




20140723P6132836.jpg

20140723P6132840.jpg

20140723P6132852.jpg

絶景の那須岳。

また来ることがあれば、

今度こそ火口を目指すぞ。




20140723IMG_8708.jpg

下りのロープウエイでも

ワンコちゃんたちはヨイコちゃん。




20140723IMG_8711.jpg

ちなみに、那須岳ロープウエイはワンコは無料で乗れる。

ただし、カートやクレートに入れることが必須だ。

持参していない場合は貸し出しがある。

クレートの貸し出し情報は事前に調べて知っていたが

なにせ、こちらは3パグズだ。

クレートに3パグズを入れたら持ち上がらんだろう、と

カート持参で行ったらなんと!

台車付きのクレートがあるではないか。





20140723IMG_8717.jpg

下山してからは、特に行く当てもなかったので

那須のなんとか(例によって名前忘れ)公園で一休み。




20140723IMG_8723.jpg

前日とは打って変わって、とても暑い「夏日」になったので

ワンコちゃんたちはバテバテ。



20140723IMG_8731.jpg

とうとうポップちんったら

動かなくなった。




20140723IMG_8740.jpg

締めくくりは

ステーキレストランのテラスで。

ビーフシチューのランチなんだかディナーなんだか。

まだまだ日は高かったけど

夕方に近い時間だったので、少々寂しく切なくなった。



この仔たちとはこれで4度も一緒に那須に来た。

日帰りが一度。

ハンターマウンテンでゴンドラに乗った。

一泊二日の旅が、今回を合わせて三度。

一度目は

羽鳥湖高原『レジーナの森』のコテージに泊まり

二度目は

那須高原 コテージ『 ホテルレジーナ那須』に泊まった。

『レジーナ』といえば

愛犬家の間では評判の宿だ。

至れり尽くせりのサービスで、ちょっとおハイソで

オシャレでムーディで。

レジーナの森の食事内容には少々不満が残ったが

ホテルレジーナ那須の食事は素晴らしかった。

今回

そのどちらかに泊まろうと思ったが

人間様1名の宿泊は受け付けておらず

泊まるには2名で予約を入れなければならなかった。

なので、断念した。

その点、今回宿泊させていただいたプチホテル『アラパパ』は

1名からでも受け付けてくれ

しかも、追加料金は発生しなかった。

(ワンコちゃんは料金別。ただし、これも2頭分にオマケしてくれた)

つまり、4人部屋に1名の宿泊料金で宿泊させていただけたのだから

とてもありがたかった。

もちろんシーズンオフだったからかもしれないけれど。

私は今回の旅で

清潔なベッドと気持ちの良い露天風呂と居心地の良いテラス

美味しい朝食があれば、無理におハイソなホテルに泊まらずとも

気持ちの良い旅が出来るのだ、ということを実感した。

負け惜しみで言っているのだけど

「気取りがない」っていうのは、実に気持ちのいいもので

今まで、高いお金を払って、気取った宿泊先を選んでいた自分を

笑っちゃいたくなった。

もちろん、負け惜しみで言っているのだからして

マイ景気が回復したら

レジーナみたいなとこにまた泊まっちゃうんだろうけどね。







ブログランキング・にほんブログ村へ









スポンサーサイト

| Holiday | 17:17 | TOP↑

≫ EDIT

2014年上半期行動のまとめ




もう7月も半ばをとっくに過ぎたのに

今頃になって上半期の行動を思い出しながら書いているから

ほんとうに面倒だ。

やっぱり日記って、毎日書くからこそ「日記」なんだなあと実感。

一度溜めると、とことん溜っちゃうから

余計に面倒になって、ブログから離れてしまうことになりかねない。

常に記録しておけば、面倒なことにもならないのにね。

そんなこんなであやふやだけど、

2014年上半期の記憶の記録をとりあえず済まそうと思う。

これ、やらないと

ブログが先に進めそうにもないからね。



IMG_7383.jpg

これは、2013年の師走のスカイツリータウン。

(2014年じゃないけど、記録漏れだったので)

文章教室の友人たちと観に行ったプロジェクションマッピング。



IMG_7363.jpg

スカイツリーはクリスマスキャンドルのイメージだって。

なんだか寂しい色。




IMG_7552.jpg

明けて新年のたぶん2日か3日

友人と近所の畑で凧揚げをした。



IMG_7581.jpg

たぶん1月

文章教室の友人たちと、狂言を観に行く。

演者は野村萬斎とお父さん(野村満作だっけ? 万作? 萬作?)。




IMG_7630.jpg

1月25日(土)

投稿したエッセイが、末席の末席の末席あたりに入選したので

その受賞式に参加。

この式の最中に知人の訃報が入り式を途中で抜け出した。




IMG_7708.jpg

2月

我が家からほど近い

国の重要文化財『旧高橋家住宅』へ吊るし雛を見に行った。



IMG_7709.jpg

吊るし雛の説明をしてもらうも、忘れた。



IMG_7784.jpg

同じく2月

文章教室の友人たちと青山へ写真展を観に行く。

内容は覚えているんだけど

写真も撮らなかったし

だから、写真展の名前は覚えていない。

作家の本棚の写真を撮っている個人のカメラマンの個展だった。

その帰りに、青山のレストランでランチ。



IMG_7788.jpg

ぶらぶら歩いて原宿へ

明治通りのパンケーキ屋さんに入る。

店名は忘れた。



IMG_7789.jpg

食べたパンケーキ。

実は写真が3枚残っていて

私はどのパンケーキを食べたのか覚えていない。

だから、上の写真のパンケーキは

友人のだったかも。




IMG_7792.jpg

たぶん2月の末

お散歩途中の梅畑。



IMG_7795.jpg

文章教室の近くに小洒落たレストランが出来たので

友人たちと行ってみた。



IMG_7799.jpg

ランチ

お値段もお味も普通。




IMG_7831.jpg

お気に入りのカフェ

「月の工房」にて近所の友人たちとランチ。

たぶん4月初旬。



IMG_7883.jpg

この頃、

マックの名前は忘れたけど

桜のシェイクに凝っていて

ipadで文章を書きながら、こればっか飲んでいた。




IMG_7885.jpg

一人で映画『アナと雪の女王』を見た帰りに

柳瀬川の桜を見た。



IMG_7911.jpg

文章教室の友人たちと

皇居の乾通りの初の一般公開に行った。




IMG_7914.jpg

桜、お見事でした。



P4072645.jpg

4月の末だったかなあ

5月に入ってからだったかなあ。

ラムネとマリネを連れて清里へ行った。



P4072671.jpg

八ヶ岳

見事だった。



P4072698.jpg

清里行きの一番の目的はこれ。




P4072705.jpg

山梨にある(町の名前は忘れた)桃源郷に行きたかった。




IMG_7935.jpg

清里は桃源郷を通り過ぎの寄り道だったのに

ついのんびりしてしまった。



IMG_7986.jpg

そのため、目的地に着いた頃には

夕方になってしまった。




IMG_8007.jpg

夕暮れ時の桃の花も悪くはない。

しかし、土地の名前が思い出せない。




IMG_8161.jpg

4月末

佐渡へ行った。




IMG_8212.jpg

新造船「ときわ丸」での旅は

面白かった。




IMG_8224.jpg

この旅は

ボランティア仲間たちと出かけた。




IMG_8234.jpg

清く美しい中年男女4人(ホントか?)の旅は

遅くやって来た青春みたいで

めっちゃくちゃ楽しかった。




IMG_8239.jpg

IMG_8246.jpg

IMG_8248.jpg

IMG_8284.jpg

佐渡・尖閣湾でグラスボートに乗った。

みんなおじさんおばさんなのに

みんなしてはしゃいだ。




IMG_8345.jpg

とても楽しい1泊2日の旅だった。




IMG_8365.jpg

5月

1月に天国へ旅立った知人のお墓参りの帰り

東松山の牡丹園に寄った。




IMG_8363.jpg

友人とラムネを飲んでお好み焼きを食べて

藤の花を見て

故人を偲んだ。




IMG_8372.jpg

たぶん連休明け

知人からいただいたチケットで行った

大宮博物館の企画展「屋根裏の......」

例によって展覧会名の記憶がない。



IMG_8374.jpg

友人がゲットした無料チケットで行った美術展

渋谷文化村



IMG_8401.jpg

たぶん5月末?

墨田区のなんとかホールで

なんとか.....のクラシックコンサート。




IMG_8418.jpg

隣の市に洞窟のあるお寺があると聞きつけて

行ってきた。



IMG_8423.jpg

寺の名前はなんだったっけ?




IMG_8453.jpg

5月末

さいたま新都心でのビール祭りで

女子会!

たらふく食べたらふく飲んだ。



まあ、ざっとこんな感じの上半期。

これに隔週の文章教室があり

たまーに友人と飲んだり(いちいち写真は撮っていない)

たまーにボランティアしたり

私ってば

忙しい忙しいといいながら、けっこう遊んでるな。


これに毎日の仕事と、それから文章の作品を書くこと

犬の散歩、掃除洗濯があるんだから、どうやって回しているのか

自分でも分からないほど

充実(そうか?)している毎日だ。


しかし

ブログもちゃんと更新していないと

いろんなこと忘れてて覚えていなくて困ったもんだ。

この後

那須に行ったり、蓮を見に行ったり、風鈴見に行ったり

まだまだ書くことがたくさんあるので

いちいち過去のことを調べ直す気力や時間も残っていないから

忘れっぱでも、まあ良しとする。






ブログランキング・にほんブログ村へ



| Daily life | 15:42 | TOP↑

≫ EDIT

感謝が足りない!






正直言って

3匹も犬を飼っているのがイヤになる時もある。

だって、こいつらときたら

私が疲れているときでもおかまいなくウンチはするし

眠くて眠くてしょうがないときだって

容赦なく吠えてご飯をねだりやがる。

旅行だって行きたい時に行けないし

逆に、外に出たくない時でもお散歩に行かなきゃならないし。

「なんで私が滅私奉公しなくちゃいけないのよ!」

そんなふうに怒鳴り散らしたりしたいけど

怒鳴っても仕方がないので

(だって、自業自得だもんね)

ぐっと堪えて、連中の下僕に徹する毎日だ。




popRIMG0576.jpg

そんなやさぐれた日々であっても

ふと思い出したように

PCに保存した6年前の写真を開き眺めると

幸福に酔いしれた記憶がまるで昨日の出来事だったかのように

蘇るのだ。




popRIMG0541.jpg

可愛かった。





popRIMG0518.jpg

5匹の子犬は本当に可愛らしかった。





popRIMG0540.jpg

もちろん、人間の二人の息子たちも

赤ん坊の頃はとても可愛らしかったが

必死の子育てだったので、そんなことに構ってはいられなかった。




popRIMG0510.jpg

言うなれば

5匹の子犬は「孫の可愛さ」なのだろうね。

文句無しに掛け値無しに可愛かった。

だから、あの頃は毎日が幸せだった。




popRIMG0507.jpg

ポップは子犬たちのお尻の面倒をみないダメ母だったけれど

お乳の出がよかったから、母乳だけはタップリ飲ませてくれた。




popRIMG0581.jpg

離乳食が始まってからだって

こうやって子犬たちの食事を黙って見守り続けた。

あれから6年経った今でも、私はこの写真を見ると

切なさで胸がいっぱいになる。

母親としての愛情に溢れたポップに

私に至極の幸せを与えてくれたポップに

心から感謝したい、そんな気持ちになる。

だから、ポップの傍に行き

ポップを抱き上げ抱きしめるのだ。

だけどね、ポップは身体を捻ってすぐに私の腕の中から逃げ出してしまう。





popRIMG0665.jpg

いつも想いは一方通行で

ゆえにまた「犬なんかもう飼うものか」なんて

不埒なことを思ってしまうのだ。

まあ、私は出来損ないの人間なので

まだまだ感謝が足りていないのだろう。

その証拠にポップの誕生日を5日も過ぎての更新だもの。

ポップ熱がどんどん下降線を辿っていることに

さて、ポップは気付いているのか、いないのか。



ポップは7月10日で満9歳になった。

この仔と過ごせる日々も残すところあと4〜5年なのだろう。

ああ

そんな泣きたくなることは、忘れた振りして暮らしてあげるから

ポップちゃん

たまには私にべったり抱っこされなさいね。




※一番下の写真の子犬たちは4匹しか写っていません。1匹はフレームアウトしています。じゃれあっている子犬を5匹一緒のフレームで撮りたかったのですが、とても動きが速くてとうとう実現出来ぬままになってしまいました。5匹揃った写真はいずれも寝ているかケージに入ったものかですが、それでも私の大切なお宝写真です。






ブログランキング・にほんブログ村へ






| Daily life | 16:47 | TOP↑

≫ EDIT

6年間病気知らずの医者要らず



本日は七夕。

生憎の雨です。

もとい。

梅雨の真っ最中の七夕の日は大抵は雨ですから、当然の雨です。

だけど

記念日の我が家には、その雨も

涼しさを運んでくれるので、大歓迎です。




20140707IMG_8800.jpg

さて、写真手前のこの男子。

今日で6歳になりました。

実はこの息子は、6年間というもの

病気知らずの医者要らずです。

怪我も皮膚のトラブルも含め

一切の病気をしたことがありません。

ワクチン接種と去勢手術以外にお医者様のお世話になったことが

一度もない、奇跡のパグです。

私はモノグサなのでこのコに与えているフードは

そこらへんで売っている既成のドッグフードほぼ100%

ある種のアングラ情報では「添加物てんこ盛り」とか

「毒」とか書かれているフードですが

食べ続けていても健康です。

さらに、鼻の上のシワはシャンプー時に拭いてあげるだけ。

普段は放置です。

そのお陰か、自慢じゃないけど

鼻の上のシワの間は黒い毛が黒々と密集しています。

そのシャンプーですら

2か月かひどい時には3か月に1辺。

まったくと言っていいほど、手をかけていませんが

カイカイが発生したこともありません。

飼い主が、飼い犬の臭いのを我慢した方が

犬の方も幸せなのかもしれません。

また、一部では「農薬」と言われ恐れられている

「フロントライン」もまったく気にしないで使っていますので

シャンプーをしなくとも

ノミやダニの心配がありません。

今まであらゆるお叱りが恐くて書けなかったんですが

私は自然の生命力とか治癒力を信じていて

手をかけ過ぎが病気を呼ぶんじゃないか、とすら思っています。

飼い主の都合の良いように育てれば、それなりの犬になりますので

決して巷に溢れている情報に惑わされてはいけないよ、

と言いたいだけですので誤解のないように。

まあ、無精者のいい訳かもしれませんが

とにかく病気知らずの医者要らずのパグに恵まれたことは

本人にとっても私にとっても幸せなことだと思っています。





20140707IMG_8797.jpg

さて、この女子も今日で6歳になりました。

この娘は1歳を迎える前に軽いアカラスに懸りましたが

すぐに治りました。

その後、目をぶつけてお医者様のお世話にはなりましたが

基本、病気知らずの医者要らずです。

このコもやはり

いい加減なフードと、いい加減なお手入れで育っていますが

元気です。

これもまた幸せなことだと思っております。




20140707IMG_8802.jpg

飼い主の信念が、このコたちが健康であることに関わっていると

信じておりますが

それ以上に、この写真で後ろに写っている母親の存在が大きいのかも

とも思っています。

6歳のラムネとマリネは

母親ポップの母乳を、生後4か月まで飲み続けました。

それに比べると母親のポップはわずが生後1か月強で

母犬から引き離されています。

ポップも丈夫な犬ですが、それでも数回、お医者様のお世話になっています。

やはり、子供たちから比べると弱いのです。




20140707IMG_8804.jpg

だから、ラムネとマリネの誕生日の七夕様に

願いするのは

どうか、このコたちがこれからも

病気知らず医者要らずでありますように。

それから

どうか、ショップで売られる仔犬たちが

生後間もなく母犬から引き離されることのないように。



この2つです。




何はともあれ

ラムネとマリネ

6歳のお誕生日おめでとう!

そしてポップ

このコたちを産んでくれてありがとう。







ブログランキング・にほんブログ村へ



| Daily life | 09:59 | TOP↑

| PAGE-SELECT |