2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

医者にかかるのは年に一度(パグ)






ご無沙汰しています、パグです。


20141225image1.jpg

このひとも




20141225image2.jpg

このひとも




20141225IMG_0359.jpg

あら、かわいい。

このひとも、元気です。




相変わらず、医者にかかるのは年に一度

ワクチン接種のときだけです。

お散歩は飼い主の気の向いたときだけだし、

シャンプーは「前に洗ったのいつだっけ?」と思うほどで

フードも相変わらずのドッグフード。

自然食や手作り食を実践している飼い主さんには

目の敵にされているドッグフードです。

添加物てんこ盛りのドッグフードオンリーですが

元気です。



唯一、難がありました。

体重が増えてしまいました。

年に一度の体重測定だもんね、やっちゃった!


これも

添加物てんこ盛りのドッグフードを

毎食スプーン1杯減らすという

強制ダイエットで解決しちゃいます。

さらに

肛門絞りも

耳掃除も

爪切りも

それから、歯石除去も

全て飼い主がやっています。



そんな

いい加減な飼い方をしていますが

毛並みツヤツヤ

どこへ行っても「キレイにしているわね!」と

褒められちゃいます。

おまけにどこへ行っても「可愛いわね!」と言われるのだから

飼い主冥利に尽きますワンコ。


そして

基本的に

彼らは「裸族」です。

ブログ熱に浮かされ、周囲に踊らされて購入していた

たくさんの洋服は今や箪笥の肥やし。

冬場のたまーのお散歩時に

フリースを着せてあげるくらいです。

ドッグランにも行かないし

もちろんオフ会にも行かない。

自然に無理なくのんびり暮らして病気知らずです。



そして

相変わらずの毒舌飼い主ですが

「無理をせず、周りに踊らされることなく、あるがままに」

これを実践しているからこそ

パグたちが健康なのだと。

これ、信念ですからお許しを。

なーんて、ただの無精者の言い訳?


なにはともあれ

1年間元気でいられたことに感謝! です。

そして、来年は

ポップがいよいよ10歳になります。

10歳を過ぎたポップが、もし致命的な病気にかかったら

「自然にまかせよう」

そう、思いながらも

悲しみ惑う私を想像して、心を鍛える日々ではあります。



ではでは

数少ない来訪者のみなさん

良い年をお迎えくださいね!







ブログランキング・にほんブログ村へ









スポンサーサイト

| Daily life | 11:55 | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶vol.48『そして,ウィーンへ』




2013年8月20日(火)午後

ハラインの岩塩抗を後にしてウィーンへ向かう。

岩塩抗から先は

バスの本数も列車の本数もたくさんあったので

時刻を調べないで来た便に乗る、という

行き当たりばったりの移動だ。




20141206IMG_4777.jpg

岩塩抗のカフェは、ファミリー客で混んでいたため

食事をしないでしまったので

まずは食料の調達に

ザルツブルグの駅ビル内をウロチョロしてみる。

食べる物

たくさん売っていたけれど

結局買ったのはフランスパンのサンドウィッチと

お気に入りのプレッツェル。

オーストリアのプレッツェルは塩が効き過ぎていて

塩っからいのだけれど

それが旅の疲れを癒してくれるような気がして

何度も買って食べた。




20141206IMG_4790.jpg

ウィーン行きの列車のホームに出てから

自動販売機でミネラルウォーターを買った。



20141206IMG_4924.jpg

冷たい飲み物は、みんな甘ったるいし

コーヒーや紅茶の冷たいのは、はなから売っていないし

売っていたとしても、砂糖入りなので

仕方がない。

日本では水は滅多に買わない。

いつも、コーヒーか麦茶を飲む私だけれど

ビールと水の二者択一を迫られる欧州の旅。

自動販売機ではビールは売っていなかった。



20141206IMG_4926.jpg

いよいよ、ウィーンに向かって出発!




20141206P8200983.jpg

車窓から見える風景は、こんな感じ。




20141206P8200968.jpg

行けども行けども、こんな感じ。




20141206P8200971.jpg

20141206P8200978.jpg

途中

いくつかの小さな町の横を通り過ぎる。

中心に教会の塔があって

その周りに集落が広がっている、

ヨーロッパの典型的な町が

いくつも通り過ぎた。




20141206IMG_4928.jpg

途中から乗ってきたお兄さん。

ニコニコと人なつこい笑顔で

私に語りかけてくるのだけれど

何を喋っているのか分からない。

英語が話せますか?

あなたの国はどこですが?

私は日本人です。

私にはあなたの言葉が理解できません。

等々

英語で話しかけるも

まったく通じない。



ヨーロッパ人の中には英語が話せない人もいる。

彼もそのうちの一人なのだろう、と悟った私は

以後

英語で話しかけるのを止めて、日本語で話しをした。




20141206P8200976.jpg

日本語と、わけのわからない言葉での会話(?)は

30分程続き

小さな田舎町の駅で彼は降りた。

バイオリンを携えていた彼は

今ごろ、どこかの街の片隅で

道端に帽子を逆さまに置いて

陽気な音色を奏でているかもしれないね。




20141206IMG_4929.jpg

そうこうしているうちに

ウィーンへ到着!

ウィーン駅はいっぱいあって

予約したホテルがある場所の地図と

駅の地図を見くらべても

どの「ウィーン駅」で降りればよいのかちっとも分からない。

だらら適当にウィーン西駅で降りてみた。

行き当たりばったりの移動も

いい加減にしろよ! って感じだね。








ブログランキング・にほんブログ村へ





| Memory of travel | 10:59 | TOP↑

| PAGE-SELECT |