2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

パグの遺伝子に刷り込まれていること






20150114IMG_0585.jpg

その1. そこに膝があれば、とりあえず座る。






20150114IMG_0589.jpg

その2. そこに腕があれば、とりあえず腕枕。




20150114IMG_0610.jpg

その3. たとえ満席でも、膝があれば座る。




20150114IMG_0602.jpg

その4. 不自然な姿勢でも、無理矢理の腕枕。





20150114IMG_0600.jpg

その5. 他人の迷惑などおかまいなし。








ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト

| Daily life | 10:01 | TOP↑

≫ EDIT

明けましておめでとうございます(パグ)




仕事が無いのでお散歩に出かけた。

(やばいやばい)



20150105IMG_0520.jpg

行き先は近所の無料ドッグラン。

(貧乏だからね)



20150105IMG_0522.jpg

相変わらず、まともな写真を撮らせてくれないパグたち。



20150105IMG_0523.jpg

どうやら今年も

サービス精神はゼロらしい。




20150105IMG_0534.jpg

おいおい!

どうして君たちはフェンスが好きなのだ?




20150105IMG_0538.jpg

パグに質問しても答えが返ってこないので

とりあえず飼い主が走ってみる。

すると、パグも走る。




20150105IMG_0543.jpg

けれど、すぐに走るのを止める。

2015年になっても、まったく変わらない

パグの王道を突き進むパグたち。




20150105IMG_0547.jpg

帰り道

ポカポカ陽気だったので

パグがガハガハ言い出した。

なので、ポップちんを裸にした。




20150105IMG_0551.jpg

マリネ(尻尾だけ見えてる)は

背中グリグリ地面に擦り付けわんこだから

裸にするものか。




20150105IMG_0554.jpg

続いてラムネを裸にした。




20150105IMG_0558.jpg

お三かた揃えて

「あけおめ」写真を撮ろうと思ったのだが

サービス精神皆無なので、揃ってくれない。

仕方がないのでおやつを取り出して

かろうじてお三かた揃えた。

新年初の「三パグ」の写真はおやつ目線。

これもパグの王道か。



なにはともあれ、元気で新年を迎えられました。

今年は真面目にパグブログやろうかな、暇だし。

なんちゃって。







ブログランキング・にほんブログ村へ


≫ Read More

| Daily life | 16:31 | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶vol.50『ため息が出るわ、シンガポール』





2014年8月29日

シンガポール2日目の午後。

動物園からシティ行きのバスに乗り

シンガポールフライヤーで下りる。

シンガポールフライヤーとは巨大観覧車のことで

そういえば、ロンドンではロンドンアイに乗ったし

高い所から地上を見下ろすのは好きだしで、

チケット売り場まで行ってみるも

チケット代が高くて断念。




20150104IMG_9076.jpg

ここでは、フードコートで

遅めの昼食をいただくのみ。




20150104P8293123.jpg

その後

マリーナ地区へ行くためにHelix Bridgeを渡った。

ちなみにこの橋は、

「世界で最も美しい橋30選」の第27位に

ランクインしている。




20150104P8293130.jpg

マリーナ地区は未来的SFチックで

目がくらくらする。

橋を渡って、マリーナ ベイ サンズへ。


20150104IMG_9083.jpg

天空のプールと空中庭園で有名なこのホテル。

泊まってみたかったけれどご予算オーバーで断念。

せめてもと、入場料を払って屋上へ上ってみた。



20150104IMG_9097.jpg

だがしかし

ウキウキ気分で上ったのに

見学者が入れるのは展望デッキのみで

プールサイドはもちろんのこと

屋上庭園にも入れない。

デッキを見下ろす素敵なカフェもあったのだけれど

それすら入れない。

さらに、この展望デッキには

ベンチのひとつも置かれていない。

入場料は決して安くないのに

「お金返せ!」と言いたくなった。



20150104IMG_9086.jpg

日本語の案内板があった。

私のように「せめて屋上に」という気持ちで

上って来る日本人が多いのだろうなあ。





20150104IMG_9107.jpg

その後

植物園『ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ』の

スーパーツリーのライトアップを見に行った。




20150104P8293170.jpg

音楽に合わせて

巨大な人工の木が光を放つ

見事なショータイムが始まった。




20150104P8293160.jpg

これは、半端なく綺麗で

蚊に刺されながらも堪能できた。

しかも、この植物園は

入場無料だったし。




20150104IMG_9081.jpg

光のショーを見た後は

マリーナ ベイ サンズのショッピングアーケードへ。

ビル内に人工の川が流れていて

ベニスのゴンドラのような船に乗れる。

しかし、料金が高い。

カフェやバーで休みたくとも

如何せん高い。

さらに、ショッピングもブランドショップしかないので

どれもこれも手が出ない。


ここで私は悟った。

シンガポールのマリーナ地区(特にベイ サンズ)は

お金を持っていないと、楽しめないのだ。

ブランド品の買い物に興味の無い私。

しかも、貧乏旅行だし。

このショッピングアーケードでは、ため息しか出てこなかった。



20150104IMG_9101.jpg

気を取り直しアーケード内のフードコートへ。

ここは庶民価格だったので、一休み。



20150104P8293178.jpg

そして、この日の最大のお楽しみ

マリーナベイサンズのマリーナ湾の水を利用した噴水を

スクリーンとして映像を写す光のショー

『ワンダー・フル』が始まった。



20150104IMG_9179.jpg

夕方から降り始めたスコールが

なかなか止まなくて

この夜は中止になってしまうのじゃないかと

とても心配したのだけれど

開催されて良かった。




20150104IMG_9166.jpg

写真ではうまく伝えられないけれど

洋上に浮かぶ画像は次々とシーンが変わって

本当にため息が出るほど見事で美しかった。


20150104IMG_9160.jpg

20150104IMG_9196.jpg

20150104IMG_9199.jpg

すっかり夜も更け

ホテル近くのアラブストリートの

食堂(レストランではない)で

カレーとナンを

テイクアウエイ(テイクアウトとは言わない)して

ホテルに戻った。



シンガポールの2日目はため息だけで

終わった感有りだったけど

キレイだったことだけは確かだ。





ブログランキング・にほんブログ村へ



| Memory of travel | 11:59 | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶vol.49『そういえば、シンガポール』





2013年の東欧三ヶ国の旅の記録が終わらないうちに

とうとう年が明けて、2015年になってしまった。

東欧の旅は2年も前のことになってしまったので

いまいま記憶を掘り起こしても、さらに先に延びても

たいして変りがなさそうなので

ここで一休み。

昨年の夏のシンガポールの旅行記を、

記憶が新しいうちに書きたい、と思い立ち

書いております。



20150103IMG_8986.jpg

2014年8月28日から一週間

シンガポールとインドネシア・ビンタン島を

1人で歩いた。

始まりは、羽田空港・さくらラウンジから。




20150103IMG_8988.jpg

このシンガポール行き。

実は、昨年の東欧旅行の際に使った

JALマイレージが余ってしまい

残りのマイルで交換できるビジネスクラスチケットで

行き先を選んので

別にシンガポールに行きたいわけではなかった。

マイルは使ってしまわないと、有効期限が切れてしまうので

せっかくだから行ってしまおう! というわけ。



ところで

スタートの羽田空港・さくらラウンジ。

ビジネスクラス利用客のラウンジだったものが

エコノミー客も利用料を払えば使用できるようになったので

非常にごったがえしていた。

ふーん、だ。

一生懸命働いて働いて

節約してお金を貯めて、マイレージを貯めて

庶民の私がやっとの思いで

滅多に出来ない特権階級(?)を

味わいたい、かつ味わえる場所だったはずなのに

なんだか残念。




20150103IMG_8989.jpg

JAL羽田発シンガポール行き

ビジネスシートは羽根の少し後ろの窓側。

頭ん中、小学生だから

隣に誰が座ろうが、まったく気にしないで

今回も窓際を予約する。




20150103IMG_9003.jpg

搭乗中のお楽しみの機内食。

昼間の便だったので、これはランチ。

和食を選んだ。

まず、前菜。



20150103IMG_9004.jpg

次はメインの鮭の炊き合わせとご飯、お味噌汁。




20150103IMG_9005.jpg

それからデザートとコーヒー。

短距離便なので豪華じゃなかった、かな。



20150103IMG_8998.jpg

シンガポールに着いてからはMRT(地下鉄)で移動。



20150103IMG_9001.jpg

アラブストリート近くのブギスのホテルに到着。




20150103IMG_9006.jpg

ホテルはす向かいのモスクは

アラブストリートへの入り口。

この通りの観光は明るい昼間にすることにして

ブギス・ストリートに向かう。




20150103IMG_9007.jpg

日本で例えれば

アメ横みたいな通りで

たくさんのショップが軒を連ねて

人々でごった返していて楽しい。




20150103IMG_9010.jpg

フードコートで晩ご飯を食べる。




20150103IMG_9013.jpg

翌29日は

ホテルからタクシーに乗り

シンガポール動物園へ




20150103IMG_9014.jpg

この動物園は

ナイトサファリや行動展示で有名。



20150103IMG_9026.jpg

分けもわからぬまま

リバーサファリの入場券もセットで買ってしまった。




20150103IMG_9042.jpg

動物たちが近い。




20150103IMG_9018.jpg

リバーサファリ園内のカフェで休んだ後

いよいよ動物園へ。




20150103IMG_9057.jpg

本当に動物たちが近い。




20150103IMG_9044.jpg

慣れているのか

まったく逃げない。




20150103IMG_9045.jpg

さらに

あたりまえのように

人間の肩や背中に乗ってくるので感激だ。




20150103P8293089.jpg

まあでも

感激したのはここまでで

園内はやたら広くて

バスに乗らないと移動が疲れるほどだったけれど

行動展示は評判ほどではないなあと思った。

たぶん

日本の、例えば旭山動物園の方がもっとよりよく

動物たちを見せてくれるはず。


新鮮な驚きはあまりなくて

これって

日本人で(日本国内であまりにも多くのことを

経験してしまう)あることが

幸せなことなのか不幸なことなのか。

まあ

そんな贅沢なことを思いながら

けっこう早々に動物園を後にして

この日の午後はマリーナへ向かったのだった。

続く







ブログランキング・にほんブログ村へ











| Memory of travel | 15:12 | TOP↑

| PAGE-SELECT |