2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

対岸の火事





我が家はどちらかというと

高台に位置しているので

「災害には縁がない」と高を括っていた。




20150914IMG_2532.jpg

ところがどっこい。

流石に、水害の心配はしなくても済みそうだが

市のハザードマップを見ると

震度六以上の地震が予想される地域に入っているではないか。

しかも、

長男君に貸し出しているマンションの方は

地盤の液状化が予想される地域に入っていて

その上、過去に浸水した地域にも入っていた。





20150914IMG_2530.jpg

自宅もマンションのどちらも、地震保険には入っていても

風水害のオプションは付けていない。

うーむ、どうしたものか。

当地が災害に遭わない保障はない。

けれど、保険金は高額。




20150914image2.jpg

きっと、今回、被害に遭われた方の多くが

私と同じように「我が家は大丈夫」と思っていたことだろう。

狭い国土。

火山国の日本。

どこに住んでいようとも、安全な場所なんて

無いのじゃないか。



先日の台風の被害はに遭われた地域は、お隣の県だ。

我が家から、そう、遠くない。

ボランティアの受け入れは「県内在住者」だそうだ。

うーん

なんとも、もどかしい。

駆けつけたい気持ちはあっても、しばらくは様子見か。

こうしてパグズの写真なんぞをアップして

のうのうとブログをやっているのが、なんだか申しわけないような

気持ちになってくる。

こんなことをやっている場合なのか? ワタシは。



20150914image3.jpg

「様子見」とか、誤摩化したけれど

今夜も明日も明後日も仕事。

その先も仕事がある。

うーん

あんなに暇だったのになあ。

故郷東北が被害に遭った際には、何はともあれ

駆けつけようと思ったのに

やっぱり身びいきなのか?

最低だな、アタシって人間は。


とりあえず「ワタシと家族が生きていくためには

仕事が最優先」と言い聞かせる。

困っている人がたくさんいるのになあ。

ごめんね、

ごめんね。







ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト

| Unclassification | 11:21 | comments:0 trackbacks:0 TOP↑

≫ EDIT

「白内障」 みんなはどうしている?





ポップの目が、うっすらと白くなってきた。



20160913IMG_2525.jpg

室内だと、分からないけれど

屋外や明るい光の下だと、白さが際立つ。

このままだと、白内障になってしまうのは確実だと思われる。




2016091301IMG_2523.jpg

ポップも、もう歳だし

仕方がないことなのかもしれないが

やっぱり悲しいことなので

とりあえず、ネットであれこれ情報を探した。

出てくる出てくる。

各種目薬、サプリの通販サイトや

お医者様から処方される薬のたぐいを書いたブログやら、なんやらが

たくさん。

その中で「これは」と思ったのが

Yahoo質問箱。

質問者の質問に、回答者のほとんどが

「目薬やサプリは気休めにしかなりません」と答えている。

目薬やサプリで、白内障の進行を

多少は遅らせることができるかもしれないが

防ぐことは出来ない。

ペットの目が白くなっていくのは悲しいけれど

見守るしかない。

犬は目が見えなくなっても、他の感覚がそれを補ってくれる。




そうなんだ……。

お医者様で診てもらっても、目薬をさしても気休めにしかならないなら

なにも、したくない。

覚悟を決めて、受け入れるだけ。

それは、冷たくて無責任な飼い主だろうか?

人間だったら、白内障は手術。

だけど、犬にはそこまでしない。



歳なんだから、仕方がない。


冷たいかもしれないけれど自然に過ごそう、と決めた。




20160913IMG_2523.jpg

けれど、ポップの目が

だんだん白くなっていくのは、やはり悲しい。

だから、揺れる。

まだまだ、私のことは見えていて

私の動きを目で追ってはいるけれど、やがて、見えなくなるのかな?

ポップの目には、私は今、どんなふうに映っているのかな?

まだまだ見える今のうちに、ポップには何を見せてあげればいいんだろう?

何を見れば、彼女は嬉しいんだろう?


愛犬の目が白くなっていくとき、みんなはどうしているんだろう?








ブログランキング・にほんブログ村へ





| Health | 09:34 | comments:1 trackbacks:0 TOP↑

≫ EDIT

ぐるっと、ぐるっと、世の中、うまくいかない。





20150912IMG_2429.jpg

あんまり暇だから

ぐるっとパスを買った。

¥2,000で、東京都内の美術館・博物館などの

入場券や割引券がどっちゃり付いてくる優れもの。

ただし、有効期間は2ヶ月間。

さて、

10月にはグアム旅行が控えている身だ。

どんだけ、回れるものだろうか。




20150912IMG_2379.jpg

手始めに上野動物園に行った。





20150912IMG_2383.jpg

パンダを見て





20150912IMG_2386.jpg

ゴリラの赤ちゃんを見て




20150912IMG_2391.jpg

木陰でランチを食べ




20150912IMG_2395.jpg

アザラシだったかオットセイだったかを見て




20150912IMG_2400.jpg

モノレールに乗って




20150912IMG_2408.jpg

不忍池で




20150912IMG_2411.jpg

人気者たちを見て




20150912IMG_2406.jpg

デザートを食べた。

ちなみに動物園の入園料は、普通に払えば¥600-である。





20150912IMG_2432.jpg

日を改めて

葛西臨海水族園に行った。




20150912IMG_2436.jpg

とても天気がよかった。




20150912IMG_2440.jpg

全滅したマグロ水槽に復活したマグロを見た。



20150912IMG_2446.jpg

平日なのに、館内はけっこう混んでいたので

外のテラスの方が居心地良かった。



20150912IMG_2452.jpg

ここでも、デザートを食べて




20150912IMG_2457.jpg

ペンギンを見てから帰った。

ちなみに、水族園の入園料は¥700ーである。




20150912IMG_2463.jpg

ここまでで、1,300円分である。




20150912IMG_2506.jpg

一昨日には、三井記念美術館へ行った。

『蔵王権現と修験の秘宝』という特別展をやっていた。

三井記念美術館が置かれる三井本館の建物は、

昭和初期の日本を代表する重厚な洋風建築として、

国の重要文化財に指定されており、美術館の入り口は、

隣接して建設された超高層の「日本橋三井タワー」の

アトリウムに設けられいるそうで

(HP丸写しです ^^;)

建物の荘厳さに圧倒された。




20150912IMG_2508.jpg

美術館内は撮影禁止なので

重厚なエレベーターの天井くらいしか撮れなかったが。

まあ、なんだね。

ぐるっとパスが無かったら、生涯、縁の無かった場所だったかな。

ちなみに、入館料は¥1,000−




20150912IMG_2510.jpg

美術館を一カ所だけでは交通費がもったいないので

もう一カ所行った。

『ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション』。

浜口陽三は創業360年、歴史あるヤマサ醤油第10代目社長

濱口儀兵衛の三男として生まれ

カラーメゾチントという独特の銅版画技法を開拓。

その浜口陽三の作品を収蔵・展示する美術館として、

1998年11月ヤマサ醤油株式会社が開設したらしい。


『浜口陽三』という名前を知らなくとも、作品を見れば

多くの人が目にしたことがあると思う

緻密で幻想的な作品。



一昨日は残念なことに、企画展を開催中だったので

彼の作品は、ほんの数点しか見られなかった。




20150912IMG_2518.jpg

「残念なこと」と書いてしまったが

この企画展も素晴らしかった。

南桂子銅版画展『散歩道』

やはり、画家の名前を知らなくとも

だれでも作品は目にしたことがあるんじゃないかな。

丹念な仕事、繊細な情景に心が惹き付けられた。




20150912IMG_2512.jpg

受付でカフェの割引券をいただいたので

ここでお茶をした。

ちなみに、ここでの入場券は¥600−。



動物園と水族館と美術館を2館で合計¥2,900−。

ほらね、2000円を軽く超えた。

簡単に元は取れるんだな。

しかし、外出が多くなって、別の意味で出費が嵩む。

このところ、雨続きだったし

仕事が無くて暇で暇で、鬱病みたいな症状が出始めて

そろそろやばいぞー、と思って、気晴らし用に購入した「ぐるっとパス」だ。

さて、どんどこ回るぞ! と思ってた矢先

仕事が入りました、ああああああん、あん。



それはそれで、めちゃくちゃ嬉しいが、遊びに行けないじゃん。

鬱病っぽい気分からは脱出できたけど、「ぐるっとパス」が使えない。

世の中、うまくいかないもんだね。








ブログランキング・にほんブログ村へ


| My life | 13:07 | TOP↑

≫ EDIT

夏の終わりに見たもの






夏の終わりに私が見たもの。



20150912IMG_2469.jpg

観覧車




20150912IMG_2470.jpg

オレンジ色のコスモス




20150912IMG_2473.jpg

夕日




20150912IMG_2475.jpg


ひとりぼっちの向日葵










ブログランキング・にほんブログ村へ




| My life | 12:02 | TOP↑

≫ EDIT

虹には根元なんて、無いの。






2日前のことで恐縮だが

くっきりとした大きな虹を見た。




20150911IMG_2487.jpg

あんまり大きすぎてフレームに入り切れなかった。

虹の根元がこんなにくっきり見えるなんて、初めてだった。

iPhoneで撮ったので限界があるけれど

本当に濃くて、絵に描いたような虹だったんだから。



20150911IMG_2485.jpg

おまけに、虹は、二重に掛かっていた。

うっすらだけれど、撮影成功!

この後、虹の色はどんどん濃くなった。

車の運転を始めてしまったので、その後の写真は撮れなかった。



あんまりにも、素晴らしい虹だったので

何か、大変なことが起きなければいいなあ。

そんなふうに思った。




そうしたら、昨日、今日にかけての大雨での大水害。

テレビで流される家の映像を見ていたら

4年前に見た光景が蘇った。

災害の真っ最中も大変だけど、水の引いた後の大変なこと。

これから、被災に遭われた方々が

あの、大変さの中を暮らしていかなくてはならないのか、と

思うだけで気が遠くなる。

心から、お見舞い申し上げます。





20150911IMG_2477.jpg

こちらは、今朝のラムネの寝格好。

どうしたら、こんな格好になるかね?




20150911IMG_2483.jpg

上から見たら、ちょっとはマシ?



虹を見ると頭に浮かぶ言葉がある。


「虹の橋を渡る」


愛犬や愛猫が死んでしまったときに、使う表現。

実は、私はこの表現が嫌い。

この言葉よりもまだ

「星になった」とか「お空に旅立った」の方が許せる。

いったい、誰が使い出したのかなあ。



この表現を使われると、胃の辺りがむずむずする。

私は、この仔たちが死んだ時は

死を「死」と受け止めて、物語化や美化はしたくないな。

ポツプラムネマリネが死んだことをブログで報告するときは

「虹の橋を渡りました」なんて、曖昧な表現はしないぞ。


だいいち

虹には根元なんかないんだから。

ぐるっと輪を描いているんだからね。









ブログランキング・にほんブログ村へ


| Daily life | 11:44 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。