2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.92 28カ国目は楽園『パラオ』その2



※注)訪問して下さった方へ
なかなかブログアップが出来ないので、文章教室に提出した原稿「パラオ備忘録」をそのままコピーして掲載しています。そのため、いつもよりもさらに長文です。さらにその1、その2に分かれています。
改行、段落頭1字下げなどずれてしまっているかもしれませんが、コピペのために見直している余裕はありませんのであしからず。




 私の人生に於いて通算36度目かつ、延べ28カ国目の海外旅行先に当たる『パラオ』の正式国名は『パラオ共和国(パラオ語で Beluu ęr a Belau、英語でRepublic of Palau)』。太平洋上のミクロネシア地域の島々からなる国である。
 パラオを構成する島は200〜300程度。実際に人が住んでいる島は10に満たないらしい。首都は『マルキョク』。『ロマン・トメトゥチェル国際空港』のある『バベルダオブ島』に首都があり、この島が最大の島である。旧首都のある『コロール島』とは橋で結ばれている。『コロール』はパラオ最大の都会だ。と、言ってもメインストリートの端から端まで簡単に歩ける程度の街である。私の滞在した『パラオプランテーションリゾート』はコロールのダウンタウンから近く、住宅街の中にひっそりと佇んでいた。周囲は椰子の木とタロイモ畑。ジャングルの中の静かなリゾートだった。


20170726P5307352.jpg 

20170726P5307337.jpg 

20170726P5307332.jpg
 


20170726P5307326.jpg
 

20170726P5307391.jpg

 20170726P5307384.jpg 


 コロール島からはバベルダオブ島以外に、『マラカル島』と『アラカベサン島』という島が橋で繋がれている。コロール島とパラオ南端の『ペリリュー島』の間にある『ロックアイランド』は、2012年7月に世界遺産に登録された。
 この『ロックアイランド』は古代の珊瑚礁が隆起して出来た石灰岩の島だ。永年の海水の侵食や貝や蟹などが餌として齧ったために、海面から2メートルほどがくびれていて、全体はマッシュルームのような形をしている小さな島々だ。多くは無人島である。200〜300もの島々の合間を縫ってのクルージングは素晴らしかった。これまで目にしたことのない、不思議な海の空間だった。

20170726P5307256.jpg

 20170726P5307324.jpg 


20170726P5307299.jpg

 
 パラオが第一次世界大戦後に、日本の統治下にあったことは広く知られている。それまでの統治国であったドイツが成し遂げられなかった教育や、インフラの整備は日本が進めた。そして、悲しいことにパラオは第二次世界大戦に於いて、重要な戦争拠点となり連合軍の攻撃対象となった。多数の戦死者を出したのは、私が滞在したコロール島の遥か南方の『ペリリュー島』だったが、滞在2日目と3日目にカヌーでクルージングをしたコロール島の「岩山湾」にも戦いの跡があった。
 ガイド兼船頭のアレンさんの案内で、朽ちた米軍の戦闘機と旧日本軍の駆逐艦を見た。沈んでいる戦艦は一艘や二艘ではないらしい。私が見た三艘は岩山湾の浅い澄んだ海の底に沈んでいた。70年もの長い間、ひっそりと息を殺し海の底に横たわっていた。

 20170726IMG_8055.jpg

 20170726P5307292.jpg 

 20170726P5307285.jpg


 20170726P5307273.jpg 


 それら以外にも、旧日本軍の桟橋跡や砲台跡、米軍の砲台跡も見た。忌まわしい過去の負の遺産が、この平和な時代には貴重な観光資源になっていることに、日本人として、言葉に表すことの出来ない複雑な思いがした。それとともに、この素晴らしく美しい海を汚してしまったことに、日本人としての罪の意識を感じずにいられなかった。
 そんな気持ちを抱いたまま国立博物館へ出向き、ジャパンコーナーの展示を見た。そこには日本のパラオに対しての業績とともに、パラオの人々の感謝の言葉が展示されていた。古き良き日本統治下のパラオに建てられた建物は現存しているものもあり、今でも使われているらしい。そして、太平洋戦争の末期に於いての戦いで、日本人の手によって美しく整備された街をことごとく破壊したのは米軍であったことが書かれていた。


20170726P5307359.jpg
 

20170726P5307381.jpg
 

20170726P5307378.jpg
 

20170726P5307372.jpg
 


 それらの展示を時間をかけてゆっくり見て回った。そのため、日本人としての私の気持ちは救われた。日本人はどこかの新聞社が言うような「悪いこと」ばかりはしてはいない、と思えたからだった。
 帰国から丸二ヶ月経った今も、目を閉じると世界遺産の島々が在り在りと脳裏に浮かぶ。


20170726IMG_7973.jpg
 

20170726IMG_8085.jpg

20170726IMG_8083.jpg

20170726P5297212.jpg

20170726IMG_8076.jpg

20170726IMG_8075.jpg

20170726IMG_8073.jpg

20170726P5307337.jpg

20170726P5307332.jpg
 


日本からたった4時間半で行ける楽園は、日本人にとって深い結びつきのある貴重な島だ。人々は親日で温かくて優しくて親切だった。「楽園」の暮らしは楽ではないように見えたが、それでも人々は明るかった。
 私がなぜ、この国を旅先に選んだのか、その理由はいたって単純。
「行ったことがなかったから」である。


20170726P5307405.jpg 

20170726P5307400.jpg
 

20170726P5307399.jpg
 

20170726P5307394.jpg













ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

| Memory of travel | 09:00 | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.92 28カ国目は楽園『パラオ』その1




※注)訪問して下さった方へ
なかなかブログアップが出来ないので、文章教室に提出した原稿「パラオ備忘録」をそのままコピーして掲載しています。そのため、いつもよりもさらに長文です。さらにその1、その2に分かれています。
改行、段落頭1字下げなどずれてしまっているかもしれませんが、コピペのために見直している余裕はありませんのであしからず。




楽園『パラオ』へ行って来た。
 タイトルには「旅」と詠ってはいるけれど、「旅」と明言出来るほどの大げさなものではなく「お出かけ」と表した方が丁度いいくらいの短い旅である。
 利用した航空会社は、日本・パラオ間に直行便を就航させている唯一の航空会社『デルタ航空』。現在は往復で週2便が運航されている。
 三ヶ月前から旅の準備を進めていた私は、押さえきれないほどの楽しみを胸に、成田空港から5月27日夜20時15分発の飛行機に乗った。パラオまでは4時間と少し。退屈さも窮屈さも感じない短い飛行時間だ。
 翌28日の未明に到着したパラオ空港は、期待に少しも違わない小さな空港だった。滑走路はひとつ。駐機していた飛行機はたったの2機。ローカル感満載の空港なのに意外だったのは、降機の際にタラップを使うかと思いきや、『PBB(パッセンジャー・ ボーディング・ブリッジ)』があったこと。それなら、立派な空港なの? と多少残念に思いながら、空港ビルに入り階段を下り着いた場所は、やはり期待通りの小さな部屋だった。天井にはファンが回り、蛍光灯は薄暗く、トロピカルなヘタクソな絵が飾られ、木製のイミグレーションブースが設置されていて、嬉しくなった。イミグレーション(入国審査)を難なく通過し出口を出ると、そこは甘い香りのする南国パラダイスだ。幾度となく訪れたことのある他の南の島と同様の花の香りと、身体に纏わりつく暑く粘った空気が心地よい。
 この空気が好きだ。初めて訪れたパラオが、とても身近に感じた。


20170726IMG_7839.jpg

20170726IMG_7840.jpg

20170726IMG_7841.jpg

20170726IMG_7842.jpg

20170726IMG_7971.jpg



 ホテルからのお迎えのスタッフから首に貝殻のレイを掛けてもらい、一路ホテルへ。深夜2時少し前のチェックインの後、予約済みの部屋に通される。部屋は茅葺き屋根の一棟独立型のコテージ。広いバルコニーの目の前はジャングルだ。
 さっそく荷物を解き、クローゼットやライティングディスクの抽斗や洗面台に衣類や化粧品などを納める。その後、ホテル内を探検。日本からの到着便の時間に合わせて運営しているホテルなので、深夜2時までバーやショップが開いているのが嬉しい。



20170726IMG_7967.jpg

20170726IMG_7966.jpg

20170726IMG_7964.jpg

20170726IMG_7845.jpg



 この日はプール周りの雰囲気をチェックし、ホテル敷地内のカヌーやカヤックの発着所まで散歩をしてから眠った。
 朝8時に目覚めると、飛び上がるほど嬉しい晴天。レストランで16ドルもする割には全く美味しくない朝食を食べた
後は、ホテルのスタッフに教えてもらった、地元の人々が利用する「ロングアイランドビーチ公園」へ行った。滞在する『コロール島』からタクシーで橋を渡り隣の島にある、この白砂の小さな公園で2時間ほどスノーケリングをした後、さらに別の橋を歩いて渡り隣の『マラカル島』へ移動し、レストラン「ドロップオフ」でハンバーガーを食べバドワイザーを飲んだ。




20170726IMG_7868.jpg

20170726P5287135.jpg

20170726P5287130.jpg

20170726P5287129.jpg



 その後、ホテルのタクシーのお迎えをレストランのスタッフにお願いし、迎えに来たタクシーでホテルに帰り、プールサイドにある温水のジャグジーで身体を温め部屋に戻った。それから着替えを済まし、プールサイドでピニャコラーダを飲んだ。夕飯は疲れたのでホテル近所の小さな小さな食料品店で買い求めたカップヌードルで済ませた。カップヌードルは1ドル。一緒に飲んだビールは1.5ドル。いづれもホテル価格の三分の一だった。晴天に恵まれた楽しい一日だった。満点の星空が美しかった。
 二日目は、既に予約してあったスノーケリングとバーベキューのツアーに出かけた。
 マラカル島にあるハーバーからスピードボートに乗った。ボートは世界遺産の『ロックアイランド』が浮かぶ美しい海を縫うようにして走る。出発から30分で、お目当ての無人島「ガルメアウス島」に到着。この島で二時間ほどスノーケリングを楽しんだ後、ツアースタッフの焼いてくれた肉や野菜をほおばる。その後、またスノーケリングをして遊び、それからボートに乗り、巨大シャコ貝が多数点在するポイント「クラム・シティ」に移動。ここでのスノーケリングは船上から直接海にエントリーするため勇気が必要だった。
 流れがある海でのスノーケリングはとても怖かった。私は生きて帰ることに必死で、ガイドさんが指を差す、百歳を超える巨大なシャコ貝をゆっくり見る余裕はなかった。それでも恐怖に打ち勝ったつもりになって見たシャコ貝は本当に大きかった。海中に潜り、貝の口を触って、その反応を見せてくれたガイドさんの身体と同じくらいの大きさに見えた。シャコ貝は大きな口を開け、紫色の身体を私に見せてくれた。



20170726IMG_7925.jpg

20170726IMG_7924.jpg

20170726IMG_8121.jpg

20170726P5297205.jpg

20170726P5297202.jpg

20170726P5297199.jpg

20170726P5297198.jpg

20170726P5297190.jpg

20170726P5297185.jpg

20170726P5297155.jpg

20170726P5297151.jpg



 その後、「パラダイス」というポイントに移動してスノーケリングをした。かつてからインド洋や南太平洋の数々の島の海の中を覗き見た経験があるが、このポイントはその中でも一番ではないかと思うほど素晴らしいポイントだった。
 海底から続く海中の丘の斜面にびっしりと何種類もの珊瑚が貼り付き、その周囲をカラフルな魚たちが舞う。まさに別世界だ。そしてここでは、幸運なことに、なんと! ナポレオンフィッシュに遭遇した。ダイビングで出会うことも難しいと言われるナポレオンに出会えるなんて、今までたくさんの海でスノーケリングをしたけれど、初めてのことでとても感激だった。このポイントでの一時間弱のスノーケリングは、私のスノーケリング体験での一番の思い出になるに違いなく、ミクロネシアの海の素晴らしさを私に教えてくれた良い経験になった。



 2017-07-2642

 2017-07-2623

 2017-07-2618

 2017-07-2607



 ツアーから帰ったこの日の夜は、ジャグジーでのんびりした後は、ホテルのシャトルバスに乗り、コロールのダウンタウンで買い物と夕食。その後、ホテルに戻りナイトシーカヌーツアーに出かけた。真っ暗なマングローブの森を抜け、真っ暗な海に出る。月の光に照らされた穏やかな海と暗闇に光る夜光虫が幻想的な、素敵な夜だった。
 三日目は早朝にカヌーに乗って前日と同じ、ホテルの前の海『岩山湾』をクルージング。
夜の海と朝の海では雰囲気がまるで違う。透明度の高い海では船上から水中の珊瑚がくっきりと見える。『南の松島』と称されるこの『岩山湾』を爽やかな風とともに十分に味わった。





20170726IMG_8041.jpg

20170726IMG_8085.jpg

20170726IMG_8083.jpg



 名残惜しい気持ちを抱えたまま部屋に戻り、プールサイドで読書と昼食とお昼寝。午後からは国立博物館を見学。それからダウンタウンに出て、ローカルフードのお店のイートインコーナーで楽しい楽しいチープなディナー(弁当のようなもの)を食べ、ダウンタウンより20分ほど歩いて、島の西に面した海に張り出す堤防の先端まで行き、夕陽を眺めた。青から赤へのグラデーションで染まった空と金色に光る海。最高の夕陽だった。
 夕陽を見た後はホテルに戻りシャワーを浴び、荷造りを済ませ少しだけ眠り、翌午前2時にチェックアウト。そして、ホテルのシャトルで空港に向かい午前4時30分発の成田行きの飛行機に乗った。
 これがささやかな本当に短い「旅」のほぼ全てである。


20170726P5307401.jpg 


-その2へ続く-






ブログランキング・にほんブログ村へ

| Memory of travel | 08:00 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。