PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

七夕の日に。






今日やったこと。





HRIMG0108.jpg

ラムネとマリネとポップを

それぞれ抱きしめて

ラムネとマリネとポップの体温と鼓動を

私の身体でしっかり感じてから

ラムネとマリネとポップの喉元に顔をうずめて

その身体の匂いを思いっきり吸い込んだ。







HRIMG0112.jpg

これは、ラムネ。

胸の部分の白い毛の形でラムネだと分かる。






抱きしめて匂いを吸い込んでから

ラムネとマリネに

「生まれてきてくれてありがとう。」

ポップに

「この子たちを産んでくれてありがとう。」

と、話しかけた。






今日やったことは、それだけ。






HRIMG0067.jpg

これはマリネ。

胸の白い毛が蝶の形をしていたので

パピヨンちゃんと呼んでいた頃のマリネ。






今日はこれから

無精者の私がたまにしか作らない

手作りの夕飯を作ろう。





HRIMG0077.jpg

ラムネとマリネが

顔を並べている写真が見つかった。

この子たちはこうして2年間

ずっと一緒に育ってきた。






HRIMG0130.jpg

2年前の今日

ポップが育児を放棄したので

小さな生まれたばかりの子供たちを

どうやって育てたらよいのやらと途方にくれた。

3時間おきにポップの乳首に子供たちの口を持っていき

出のよい乳首を交代で吸わせ

私の手のひらの上で

お湯で湿らせたコットンで、お尻を刺激して

「うんち出ろ出ろ~、おしっこ出ろ出ろ~。

 ああ、いいうんち出たね。

 おしっこ出たね、スッキリしたね。」と話しかけながら

排泄をさせ、身体を拭き、撫で、語りかけて

大切に育ててきた。






HRIMG0087.jpg

手のひらにすっぽり入ってしまう

小さな小さな赤ちゃんだった。

私にとって、ラムネとマリネは

目に見える姿は犬だけれど、犬じゃない。

何にも代え難い命。

私に素晴らしい喜びをくれたポップも

何にも代え難い宝物。






本当にありがとう。





七夕の今夜は、地上では雨が降っているけれど

雨を降らせている雲の上では

晴れた夜空に織り姫星と彦星の姿があって

この2つの星は、まばゆい光を放っている。






スポンサーサイト

| Daily life | 19:37 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT