PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

くじけそうな時には心に栄養を。








くじけてしまいそうになった。




だから

ヒトさんが酔った勢いで買ってくれた

ポインセチアの鉢を

リビングに日が差し込む昼間の間だけ

窓辺に置く。






RIMG1765_convert_20101228005439.jpg

いくつになっても

花を買ってもらうのは

嬉しいもの。






RIMG1763_convert_20101228005415.jpg

くじけてしまいそうだから

買ってもらった瞬間を思い出すの。




そうすれば

くじけそうなココロが

どこかにいなくなるかもしれないから。







RIMG1746_convert_20101228005213.jpg

ふと振り返ると

ソファーとテーブルの影を避けて

日の当たった床の上に

ラムネが目を細めて座っていた。





RIMG1752_convert_20101228005354.jpg

傍らで眠っているマリネに寄り添って

小さな妹を守るように座るラムネ。






RIMG1755_convert_20101228005241.jpg

君はいつだって

この小さな妹が大切なんだね。






RIMG1758_convert_20101228005305.jpg

ラムネは甘ったれで

いつもキュンキュン鳴いて私に甘えるけれど

マリネにとっては

逞しいお兄ちゃんなんだ。





RIMG1760_convert_20101228005331.jpg

冬の日の陽の光は、君たちへの栄養だね。

君たちを見ていると、ココロがほっこりしてくるね。





そうなんだ。

この兄妹のこうした姿を目にすることが

くじけてしまいそうな私にとって

一番の心の栄養になっているかもしれないなあ。







にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

| Unclassification | 07:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT