PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お引っ越し☆ Vol.6『14年』







今にも泣き出しそうな灰色の空の下の待ち合わせ。

ドッグカフェのただの一軒もない街の

パン工房のテラス席。






RIMG0004_convert_20091113001016.jpg

生後8ヶ月の黒丸くんは

テラスが初めて。

ポップやマリネやラムネと会うのも初めてで

だから、そわそわドキドキ。






RIMG0008_convert_20091113001040.jpg

つられてポップもそわそわドキドキ。






RIMG0009_convert_20091113000959.jpg

「ねえ、母さん。」






RIMG0013_convert_20091113001100.jpg

「やっぱり遊びたいよ。」と






RIMG0036_convert_20091113001126.jpg

パグズたちが八つの瞳で訴えるから

空が泣き出してしまう前に

黒丸くんのいつものお散歩公園へ向かう。







RIMG0049_convert_20091113001250.jpg

この街に居を構えて丸14年になるのに

14年前の冬の暖かな日に

幼さを残した当時10歳の次男と遊びに来たきりで

それ以来、一度も来る事のなかった公園。





RIMG0042_convert_20091113001208.jpg

街の中心にあるのに何故か来る事のなかった公園の

そこらかしこに14年前の記憶が蘇る。





RIMG0040_convert_20091113001147.jpg

雨に濡れた枯れ葉の上を

パグスたちがさくさく音を立てて歩く。

そして遊ぶ。

「黒丸がこんなふうに遊ぶのは初めて。」と

嬉しそうにプーナさんが言う。





RIMG0048_convert_20091113001230.jpg

黒丸くんを愛おしそうに見つめるプーナさんの後ろの

ロープで出来たジャングルジムに

登っている

10歳だった息子の影が見え隠れする。

「お母さん。東京タワーに登ったよ!」と

10歳にしては幼すぎるあの子の声がかすかに聞こえる。



遠い記憶を呼び覚ますのには

似合いすぎる灰色の11月の空。

約束するね。

今度は晴れた蒼い空の下で遊ぼう。







織り姫・彦星☆七夕日記 2009年11月13日更新『14年』より。そのまんま・お引っ越し。




にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| From an old blog | 08:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT