PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パグブログでは無くなったことも、ちっとも惜しくない。






昨夜11時に

被災地の2泊3日のボランティア活動を終え

我が家に帰って来た。





今日からまた日常が始まる。






20110919CIMG1517.jpg

このブログはそもそもは『パグ』のブログで

私の愛する3頭のパグの写真と私のパグへの想いと

日常とを織りまぜて綴ったもので

開設以来、大切に大切に育てていたブログだった。

大切にしていたブログだったからこそ、3月11日の震災以来、

『パグブログ』を休止して『震災ブログ』にしてしまったことを

私自身のために震災のことを記録する以外に意味はあるのだろうかと

ずっと問いかけてきた。

パグのブログを楽しみにして下さっていた方からの

お叱りのメールを受け取ったり

掲載している写真からは恐怖しか伝わってこないとのお叱りも受けた。

震災発生当初には、一日にユニークで400

トータルでは1,000を越えるアクセスがあったものの

最近ではその数も3分の1以下に減った。

震災発生から半年も過ぎて、人々の興味が震災から離れたこともあるけれど

私が人を惹き付ける内容の記事が書けないことが

来訪者の減少の大きな原因と思う。

『パグ』のこと以上に人を惹き付ける内容のものを書けないのに

私が大切に育ててきた『パグブログ』を止めてまで

震災のことを綴る意味があるのだろうか。

私自身のために記録するだけなら、この『七夕日記』ではなく

誰にも存在を知らせない震災だけのブログを立ち上げていいのじゃないかしらと

毎日のように迷い悩んでいた。







20110919CIMG1526.jpg

『チーム東松山』

東松山と名が付いていても、実は東松山市民の参加が少なく

埼玉県のあちらこちら、遠くは川崎から集まった

総勢20名のメンバー。

その20名を乗せた帰りのバスで

代表の男性が話してくれた言葉がある。

「皆さん、帰ったら身近な人に現地の状況を話してください。

 多くの人の手をまだまだ必用としていることを伝えてください。

 身近な人に伝えること。

 それがボランティアとしての私たちの役目です。」







20110919CIMG1533.jpg

わたしという人間は、誰かに言葉ではっきり言ってもらえないと

自分の行動に自信が持てない人間で

つくづく情けないと思っているのだけれど

この言葉を聞いて、

悩む必用もないのだと思った。

来訪者が減ろうが、大切にしていたパグのブログだろうが

今の私の役目は一人でも二人でも三人でもいいから

被災地の現状を伝えること。

ボランティア活動の意義と素晴らしさを伝えること。

人助けのつもりで,実は自分自身が助けられていると伝えること。

被災地の人たちの気持ちに寄り添うことを、少しでも伝えられたら

それが私の役目だとしたら、私はそれで満足だし

このブログがパグブログでは無くなったことも、ちっとも惜しくない。







20110919CIMG1560.jpg

この朝顔は4年ほど前にTBSの本社前の

赤坂サカスの広場で配られていた朝顔の種を蒔いたもの。

いただいて帰り引き出しの奥に仕舞い忘れていたものを

今春に見つけたので、ベランダのバスケットに蒔いた。

4年も引き出しの中に放っといたのに健気に咲いてくれるものだと

嬉しくなった。





この文章の冒頭で

私は『今日からまた日常が始まる。』と書いた。

首都圏では貴重な人参畑やコスモス畑に囲まれた静かな住宅地で

パグズの世話と仕事と家事に追われているのが私の日常だ。

普通の、本当に平凡な暮らしで、だからこそ幸せなのだと思う。

このあたりまえの日常が、被災地にはまだ戻って来ない。

私の『非日常』が被災地では『日常』なのだから。

何年先になるのか、先の見えない暮らしが続いていく。

そのことがやはり私には悲しくて苦しい。

活動から帰宅した直後は気持ちが重く、

日常へとリセットするのが難しい。

その持って行き場のない感情を、こうしてブログに叩き付けて

なんとか平静を保っている次第で

だから、こんなブログでも、読んで下さる方がいることが

私の支えになっている。






読んで下さっている方がたへは、何とお礼を言ったらよいのか

「ありがとうございます」の言葉しか見つからないのが

歯痒いのだけれど

震災のことから目を反らさないで、

しかも私の感情が剥き出しの読み辛いブログであると思うのに

読んでくださる方がいることがとても嬉しく

パグブログを休止して、このブログで震災のことを綴って

良かったのだと思う。



明日からまた、被災地の現状とボランティアの活動内容を

綴りたいと思っています。

お時間が許しましたら立ち寄ってください。

本当に本当にありがとうございます。












スポンサーサイト

| My life | 13:10 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT