PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

取り残されてしまった気がした





10日前の10月21日金曜日、東松山市西口駅前23:00発の

石巻市鮎川行きの『チーム東松山』のボランティアバスに乗った。

一行はリピーターを含む総勢20名。

私もこのバスの乗車が4度目になるリピーターの一人だ。

バスは東松山から1時間程で最初の休憩地、佐野SAに着く。

小雨まじりの深夜であるにもかかわらず、たくさんの車が駐車しており

たくさんの人たちで売店は賑わっていたけれど

前回の10月始めまで、この深夜のSAをあれほど賑わせていた

ボランティアの人々の姿は、私たち一行を除いて見当たらなかった。

3月の震災発生当初は、物資を積んだ救援車が駐車場に溢れ

自衛隊の車両が行き交い、まるで戦地へ赴く様だった。

春夏と大型トラックの波が引けた後も、

ボランティアの人々を乗せた大型バスが駐車場を占領して

トイレの洗面台には、お揃いの蛍光色のメッシュのベストを着た若者や

名札を付けたボランティアの人たちが、この後のバスの消灯に備えて

歯を磨いていた。

10月24日の未明には、その光景がどこにもなかった。

広い駐車場には、ボランティアを乗せたバスは、私たちのバスと

もう1台の2台がぽつりと止まっていただけだった。

この後に立ち寄った他のSAでも、

ボランティアバスを見かけることが無かった。







20111031RIMG0362.jpg

ボランティアを乗せたバスがいなくなってしまったのは

東北道のSAだけに限ったわけではなく

あれほどたくさんのバスが駆けつけていた鮎川浜の

ボランティアセンター前からもバスの姿が消えた。

視察帰りに必ず立ち寄る道の駅の駐車場からも同様に

ボランティアバスは姿を消していた。




ボラバスが姿を消した駐車場には、私の想像でしかないけれど

おそらくは秋の穏やかな気候を楽しむ行楽の人々の車で溢れていた。

車が溢れているのはボラバスが姿を消した、それらの駐車場だけではなく

大型ショッピングモールやスーパーの駐車場であるとか

遊技場の駐車場であるとか。

人が集まる場所にはたくさんの地元の人々の車で溢れていた。

これは、震災から7ヶ月半も経って、

人々が震災前の生活を取り戻した証であるのだから

喜ばしいことなのだろう。

秋の行楽を楽しみ、ショッピングを楽しみ、遊技場で遊ぶ余裕ができた事は

被災地から遠く離れた場所で、被災地を見守っている私たちには

安心材料のひとつなのだろう。





20111031RIMG0349.jpg

けれど、別の方向に目を向けてみれば

被災地の現状は、やはりまだまだなのだ。

上の2枚の写真は鮎川浜の市街地だ。

いまだに壊れた家屋は多く存在しており

瓦礫は道路や河川や田畑や海岸のあちらこちらに散在している。






20111031RIMG0051.jpg

この写真は女川町の観光施設『マリンパル』だ。

建物内部にはボランティアの手が入ったが

建物周囲は、まだまだ瓦礫が散乱している。

女川や鮎川に限ったわけではなく、本当に手付かずの場所が

まだまだたくさんある。

けれど、悲しいことに、こういった瓦礫の散乱している場所も

撤去の依頼が無ければ、私たちボランティアは一切、手がつけられないのだ。

10月22日に私たち20名が鮎川浜のセンターから与えられた作業は

数名でも作業が完了できるほどの軽作業であったし

だいいち、石巻市の専修大学に置かれていたボランティアセンターの本部が

閉鎖されてしまったというではないか。






20111031RIMG0359.jpg

22日のこの日、鮎川浜で作業をしていたボランティア団体は

私たちの他に、1団体だけ。

やはり軽作業に見受けられた。

震災の傷跡が徐々に癒え、普通の生活を取り戻している地元の人々と

今だに被災の中から抜け出せない被災者の方々の間には

悲しいほどの隔たりがあると思う。

市街地から遠く離れた仮設住宅に暮らす人々や、浜の人々と

立ち直った人々の間にある隔たりは埋めようもないのかもしれない。

そして、今だ溢れる瓦礫を前にして、

その瓦礫に手も足も出せないボランティアとしての私は、

人には計り知れない無力感に囚われてしまう。





いったい私は、ここに何をしに来たのだろう。




終わっていないのに

終わった振りをしている人々を前に

ちっぽけな私が、何を叫んでも何も届くわけがないのだ。






20111031RIMG0363.jpg

私の心はいまだ、3月27日に被災地石巻の地に立ったあの時の

とてつもない喪失感から抜け出せないでいて

人々の震災の記憶が薄れるスピードに付いていけない。




私は6月からボランティア活動を開始して

大勢のボランティアさんたちに出会った。

その数は数百人、

団体も加えれば数千人に上るかもしれなくて

けれど、地元宮城県在住のボランティアには2名しか出会えなかった。

団体に関しては皆無だった。

私の活動場所で、たまたま宮城在住の人が

活動していなかっただけかもしれないが

そのたった2名の方は「地元の参加が少なくて」と嘆いていた。

できることなら私は

地元の人々と一緒に汗を流して、泥や瓦礫を片付けたかった。



いまだ、手を差し伸べて欲しいと願う隣人たちと

彼らとの隔たりは、

ボランティアである私と被災者の方たちの隔たりよりも

大きいのじゃないかと言ってしまったら、殴られるだろうか。

「遠く離れた首都圏に暮らす、あんたに何が分かる?」と。



何も分からないかもしれない。

被災地や被災者の方たちを身近にして暮らす苦労は分からないと思う。

だけど、必死で自分の時間を割いて、分かろうとしている。

くたくたになりながら分かろうとしている。

けれど、変わっていく被災地や地元の人々の姿に、

私は必用とされていないのではないかと思い悩む。

取り残されてしまった気がしても

「もうやっていられない」と投げやりにならずに続けていくのには

自分で自分の心を越えるしかないのだと思う。




いったい私は、ここに何をしに来たのだろう?




その答えを、今すぐに求める必用はないのかもしれない。












※本日11月の鮎川ボランティアツアーの日程が決まったので早速申し込みました。
春からの疲れが溜まっているので、今月は1回の参加に留めようと思っています。




スポンサーサイト

| Ishinomaki | 11:33 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT