PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

2012年の最後の人助け






2012年の最後の人助け

12月22日〜24日の宮城県石巻市でのボランティアは

ガテン系作業の需要がある島、金華山。



20130103IMG_1839.jpg

「さあてー! 力仕事を頑張るぞお」と勇んで行ったものの

頼まれた作業は、これまでのボランティアで

経験したことの無い軽作業だった。




20130103IMG_1842.jpg

男性と女性に分かれて、女性が頼まれたのが

金華山の神社の氏子さんや参拝客宛のDMの住所ラベルを

封筒に張る作業と、金華山新聞を封筒サイズに折る作業。

女性は軽作業と決めてかかられてしまうのがちょっと不満だったけど

やってみると、これが案外大変な作業だった。




20130103IMG_1849.jpg

男性陣が頼まれた作業は、

神社の要所要所のしめ縄の張り替えと

鈴の緒作り。




20130103IMG_1850.jpg

鈴の緒は、社務所内で撚っていたので

見学をさせてもらった。




20130103IMG_1851.jpg

1年間外に出ていた鈴の緒を奇麗に洗って汚れを落とし

ストーブの熱で半乾きにして

赤と白をそれぞれに撚って、撚った赤2本と白1本を

それぞれに、さらに撚っていく。




20130103IMG_1855.jpg

簡単そうに見えて、これがまた、なかなか難しいらしい。

私は、珍しい作業を見せていただけたので大いに満足。



実は今回金華山ではこの他にも、貴重なお祭りを見せていただいた。

12月23日の天皇誕生日の日の朝

天皇の誕生日を祝う神事を拝見させていただいたのだ。

参拝客は、我々の一行10名と、金華山の用務のスタッフ1名だけ。

金華山神社の本殿で、笛と太鼓と琴の音を神主さんと巫女さんが奏でる中

巫女さんが舞を踊った。

厳かで、とても感動するお祭り。

年に1度の天皇誕生日のお祝いを、見せていただけるなんて

ボランティア冥利に尽きる気がした。






20130103IMG_1864.jpg

その後、金華山を後にするときに

奇麗になった鈴の緒をブンブン降って、お祈りをしてきた。

私たちが張り替えたしめ縄が、奇麗で気持ちよかった。






20130103IMG_1878.jpg

22日の夜に、12月では珍しい大雪が降った金華山から

帰れるのか〜? 船が出るのか〜? と心配したけれど

無事に船も出た。





20130103IMG_1872.jpg

金華山では、防波堤と桟橋の工事が進んでいた。

この工事が完了したら

大型のフェリーが停泊できるようになるけれど

それにはまず、観光客が戻ってこないことにはね。



鮎川の町も女川も観光客を呼び戻すにはまだまだだけど

確実に1歩1歩前に進んでいるのかなあ。

今年は、被災地に良い話があるといいなあ。








ブログランキング・にほんブログ村へ







スポンサーサイト

| Ishinomaki | 21:53 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。