PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

25回目の11日に







4月11日(木)

25回目の震災の日に、

追悼と復興への祈りを込めた

キャンドルナイトのお手伝いに行ってきた。


20130505IMG_2542.jpg

ブログアップが、たいそう遅くなってしまった。

我ながら情けないなあと思ってしまう。


この夜は、いつも会場にしている東松山駅前広場ではなく

一駅だけ池袋寄りの、高坂駅前で行われた。

3・11 キズナ の文字に並べたキャンドルの丁度真正面が

二つの大学のスクールバスの降車場だったために

多くの学生さんが、足を止めて祈りを捧げてくれた。

私たちの挨拶にも、気軽に「こんばんは」と返してくれて

その若さと素直さが、とても心地よかった。




20130505IMG_2543.jpg

東松山駅前でのキャンドルナイトのお手伝いの経験もあるが

もともと人通りの少ないこともあるのだけれど

足を止めてはくれる人は、あまりいない。

素通りする人がいる都度、ため息が出たものだ。

どうせやるからには、この高坂駅前のように、

少しでも多くの人に、祈りを捧げてもらえれば正直嬉しい。



この日のお手伝いは4名。

花冷えの中、マックフライポテトを頬張りながら

揺らめくロウソクの炎を見守った。

25回目と言ってしまえば、ずいぶん時が過ぎたような気がするけれど

まだ2年しか経っていないのだ。

日本人は本当に飽きっぽくて、忘れっぽいなあと思いながらも

この日に、足を止めてくれた全ての人の優しさが

嬉しかった。







ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト

| Ishinomaki | 22:49 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT