PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

そうだ、旅にでよう!








今朝のポップ




20131127IMG_7065.jpg

ピンボケにて失礼




20131127IMG_7068.jpg

ポップのハイタッチの瞬間

早すぎて写っていなかった。




20131127IMG_7073.jpg

今朝のマリネ

ちなみに右下に半分だけ写ってる方がマリネ





20131127IMG_7077.jpg

マリネのお手する瞬間




20131127IMG_7070.jpg

今朝のラムネ




20131127IMG_7074.jpg

この方はお手はしませんの

その代わりに「お手!」と声をかけると

こんなにいや〜な顔をしますのよ。



一昨日にもここに書いた

『死ぬ前に後悔したくない20のこと』というブログ記事。

その第12位に

もっと旅に出ておけばよかった。

とあった。

補足の文章には

旅は人間の心を大きく成長させる。いくつになろうが、子供がいようがい
まいが、旅はできるものだ。しかし、お金がない、家のローンがある、子
供が小さいなど、旅に出ない多くの人たちはあらゆる理由をつけて自分に
言い訳する。後悔して初めて、どんな状況でも旅は可能だったということ
を知るのだ。


とある。

これを読んで私は「そのまま私だ」と思った。

私の夢は海外放浪の旅とそして、海外での暮らし。

けれど、なんのかんのと理屈をつけては実行できないまま

今に至る。

人生が残り少ない今にあっても、まだ屁理屈を捏ねる毎日だ。

しかし

短い旅ならば、頻繁に出かけている。

つい先日も千葉・御宿へ1泊で出かけたばかりであるし

夏には東欧を約2週間かけて一人で歩きまわった。

2週間も休暇をとるのは度胸のいることだったけれど

思い切って出かけて良かった。

心からそう思える、生涯の記憶に残る素晴らしい旅だった。




実は先週末に、どうしても行きたい場所があった。

やりたかったことがあった。

しかし、とある事情で断念した。

昨日ここで書いた「ヤサグレ」の原因はそれだ。

もやもやした気分をどうにかして払拭させるために

そうだ、旅にでよう! と思い立った次第である。

家族全員で1泊旅行に出たばかりなので、お財布の中身が寂しいが

「行けるとき、行きたい気持ちのときに、

使える予算と日程に合わせて、旅先を決める」

これが私の旅のコンセプトであるから、なんとかなる。

たぶん

これから先々、病気をしたり失業したりして

お金に困る時が来るとして

その時に「あの時、旅などしないで貯金をしておけばよかった」と

後悔など絶対にしないだろう。

その時私は必ずこう思っているはずだ。

「行ける時に、行っていて良かった」



早速、飛行機のチケットとホテルの手配を済ませた。

来週半ばに「火の国」へ旅立つ予定である。








ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

| My life | 09:31 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。