PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.29『熊本ひとり旅その1』







2013年12月5日(木)〜7日(土)

熊本へ一人旅をした。

熊本を旅先に選んだ理由は特にない。

たまたま時間に余裕があったのと、 

JALカードの搭乗ボーナスマイルが欲しかったのと

JALパック熊本・阿蘇の温泉宿費用が格安だったのと

温泉に浸かりたかったのと

阿蘇へ行ったことがなかったから、とかそんな理由。




IMG_7184.jpg

今回の旅のお供は、熊本空港で借りた日産モコ。

3日間で約480キロを文句も言わず走ってくれた。




IMG_7138.jpg

1日目

空港から脇目も振らず向かったのは通潤橋。

お決まりの「くまもん」がお出迎え。



IMG_7146.jpg

通潤橋(つうじゅんきょう)は、

熊本県上益城郡山都町にある石造単アーチ橋。

嘉永7年(1854年)に阿蘇の外輪山の南側の

五老ヶ滝川(緑川水系)の谷に架けられた水路橋。



IMG_7153.jpg

橋の上に上ってみると、歩けるようになっているんだね。

ただし、柵もなにもないから

自己責任で歩かなければならなくて、少々恐い。




IMG_7155.jpg

放水口を覗くのも恐る恐る。




IMG_7181.jpg

IMG_7165.jpg

IMG_7174.jpg

橋の周りはとてものどか。

この日は暖かな汗ばむほどの陽気だったのに

売店のおばちゃんが、

「今日は寒い」

と言っていたのが、印象的だった。




PC052146.jpg

次に向かったのが県境を超えて、宮崎県の「国見ヶ丘」。

遠くに阿蘇山が見える。




PC052173.jpg

高千穂峡




PC052198.jpg

紅葉にギリギリ間に合った。




PC052189.jpg

PC052210.jpg

PC052213.jpg

高千穂峡は想像していたより

ずっとこじんまりとした渓谷だったけれど

水の青さが美しくて身震いがした。




PC052219.jpg

ボートがちらほら。

乗りたかったけれど、一人じゃなあ。




PC062389.jpg

2日目

白川水源




PC062383.jpg

ここの水は飲める。

柄杓があったので掬って飲んでみた。

たぶん私の心がそう感じさせたのだと思うけれど

甘かった。




PC062294.jpg

阿蘇山麓「ブルービーの庭」




PC062308.jpg

夏には、この庭一面に花が咲きほこり

ブルーの身体をしたミツバチが飛び交うのだそう。




PC062291.jpg

花の季節にもう一度訪れたい。

けれどもう来ることもないだろう、と想いを残したまま

立ち去った。



前章の『台湾」で書いたように

同行者がいる旅は、相手の希望にも合わせなければならないので

行きたい観たい場所、食べたいものを

あきらめねばならないことが多々ある。

一人旅の場合は、誰に遠慮がいるものか

時間と予算が許す限り、自由気ままに己の欲望に忠実な

旅が出来る。

一人旅の魅力はそこに尽きるのだ。

しかし、同行者のいる旅にも楽しみはある。

何よりも感動を共有できる。

予算と日程をやり繰りして、せっかく出かけるのだもの

楽しみたい。

私の場合、近場に出かけるのは誰かと一緒でも

遠方へは、一人で出かけた方がいいなあ。

だって、

近場には又の機会があっても、遠方には又の機会はないのだもの。







ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト

| Memory of travel | 19:47 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT