PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.31『熊本ひとり旅その3』






熊本ひとり旅の3日目は天草へ行った。



IMG_7298.jpg

実を言うと

天草が熊本県にあるということを

実際に熊本県に行こうと決めるまで

恥ずかしながら知らなかった。



IMG_7313.jpg

ガイドブックを漫然と眺めているうちに

「天草」という地名に惹かれたのだ。

そして、

行かなくちゃ、という想いに駆られてしまった。




IMG_7329.jpg

しかし、地図を見ても阿蘇や熊本市内から天草が

近いのか遠いのかちっとも分からない。

そこで、相棒の「モコ」のナビに行き先入力してみると

ホテルから2時間余と所要時間が割り出された。




PC072436.jpg

最終日の3日目には

熊本に来たからには、熊本城を見ずには帰れない

馬刺を食べずには帰れない、くまモングッズを買わずには帰れない

そんな強い想いがあったので

帰りの飛行機の時間から逆算して、午後1時には熊本城に着いていたい。




PC072447.jpg

天草までの往復の時間を4時間半として

クルーズ船に30分の乗船

前後合わせて1時間の滞在として

よおし!

7時の朝食を食べたらすぐに出発すれば間に合うぞ!

そんな、意気込みでハンドルを握った。




PC072454.jpg

天草には予定通りの時間に着き

2名様以上じゃないと出港しないというクルーズ船に

シーズンオフだというのに

たまたま3名の男性が乗船したために

予約もなしに、まんまと乗船できた。




PC072459.jpg

天草五橋のクルーズはことのほか爽快で

「生きてて良かった!」感が、たっぷりの30分だった。




PC072471.jpg

天草は予想を遥かに超えて異国情緒を感じられる土地で

車から降りて散策したいと思うスポットがたくさんあった。

けれど、滞在時間が1時間と限られていたために

残念ながら天草四郎の記念館や三角港の素晴らしい景観も

素通りで、涙を飲んだ。




PC072473.jpg

まったく我ながら無茶苦茶なスケジュールだなあ、と思う。

しかし、運転しながらでも見える景色は素晴らしく

八代海(で、いいのか?)を私なりに堪能した。





20140104IMG_7336.jpg

大慌てで天草を後にして熊本城へ向かったのはいいが

熊本市内に入り、カーナビの通りに進むも

路面電車は走っているわ、交差点に信号はないわで

ナビ通りに道路を横切る根性が出ずに

30分もお城の下をうろちょろしてしまった。

ほうほうの体で辿り着いた熊本城のショッピングモールにて

お買い物と食事。

(驚きです! お城の付帯施設としてショッピングモールがあるんですよ!)




IMG_7334.jpg

ここで念願の馬刺を食べる。




IMG_7333.jpg

ついでに高菜めしも食べる。




PC072483.jpg

さて

旅の締めくくり、は熊本城見学。




IMG_7342.jpg

城前の広場で、揚げいきなり団子を食べる。





PC072495.jpg

熊本城は火災焼失しているために

内部はコンクリートの再建城だけれど

石垣は見事なもので、見応えがあった。

中でも「宇土櫓」は火災を免れた木造建築なので

必見だ。



PC072507.jpg

天守閣の裏側を歩いていると

ボランティアガイドの方が

この位置から撮った天守閣がNHK大河ドラマの

「天地人」のオープニングに使われたのだと教えてくれた。

あれ?

大阪城は熊本城だったのね、という話で

熊本のガイドさんは、とても嬉しそうに話してくださった。



3日間の熊本ひとり旅は楽しかった。

阿蘇の雄大さ天草の美しさに惹かれた。

それから熊本のひとたちの、なんて穏やかなこと。

熊本のいたるところ、くまモンだらけだったけれど

それもまた楽しい。

私は熊本・阿蘇に住んでみたい! とほとんど本気で思ってしまう。

ああ、だれか私を本気で雇ってくれないかなあ。







ブログランキング・にほんブログ村へ








スポンサーサイト

| Memory of travel | 23:05 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT