PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶vol.50『ため息が出るわ、シンガポール』





2014年8月29日

シンガポール2日目の午後。

動物園からシティ行きのバスに乗り

シンガポールフライヤーで下りる。

シンガポールフライヤーとは巨大観覧車のことで

そういえば、ロンドンではロンドンアイに乗ったし

高い所から地上を見下ろすのは好きだしで、

チケット売り場まで行ってみるも

チケット代が高くて断念。




20150104IMG_9076.jpg

ここでは、フードコートで

遅めの昼食をいただくのみ。




20150104P8293123.jpg

その後

マリーナ地区へ行くためにHelix Bridgeを渡った。

ちなみにこの橋は、

「世界で最も美しい橋30選」の第27位に

ランクインしている。




20150104P8293130.jpg

マリーナ地区は未来的SFチックで

目がくらくらする。

橋を渡って、マリーナ ベイ サンズへ。


20150104IMG_9083.jpg

天空のプールと空中庭園で有名なこのホテル。

泊まってみたかったけれどご予算オーバーで断念。

せめてもと、入場料を払って屋上へ上ってみた。



20150104IMG_9097.jpg

だがしかし

ウキウキ気分で上ったのに

見学者が入れるのは展望デッキのみで

プールサイドはもちろんのこと

屋上庭園にも入れない。

デッキを見下ろす素敵なカフェもあったのだけれど

それすら入れない。

さらに、この展望デッキには

ベンチのひとつも置かれていない。

入場料は決して安くないのに

「お金返せ!」と言いたくなった。



20150104IMG_9086.jpg

日本語の案内板があった。

私のように「せめて屋上に」という気持ちで

上って来る日本人が多いのだろうなあ。





20150104IMG_9107.jpg

その後

植物園『ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ』の

スーパーツリーのライトアップを見に行った。




20150104P8293170.jpg

音楽に合わせて

巨大な人工の木が光を放つ

見事なショータイムが始まった。




20150104P8293160.jpg

これは、半端なく綺麗で

蚊に刺されながらも堪能できた。

しかも、この植物園は

入場無料だったし。




20150104IMG_9081.jpg

光のショーを見た後は

マリーナ ベイ サンズのショッピングアーケードへ。

ビル内に人工の川が流れていて

ベニスのゴンドラのような船に乗れる。

しかし、料金が高い。

カフェやバーで休みたくとも

如何せん高い。

さらに、ショッピングもブランドショップしかないので

どれもこれも手が出ない。


ここで私は悟った。

シンガポールのマリーナ地区(特にベイ サンズ)は

お金を持っていないと、楽しめないのだ。

ブランド品の買い物に興味の無い私。

しかも、貧乏旅行だし。

このショッピングアーケードでは、ため息しか出てこなかった。



20150104IMG_9101.jpg

気を取り直しアーケード内のフードコートへ。

ここは庶民価格だったので、一休み。



20150104P8293178.jpg

そして、この日の最大のお楽しみ

マリーナベイサンズのマリーナ湾の水を利用した噴水を

スクリーンとして映像を写す光のショー

『ワンダー・フル』が始まった。



20150104IMG_9179.jpg

夕方から降り始めたスコールが

なかなか止まなくて

この夜は中止になってしまうのじゃないかと

とても心配したのだけれど

開催されて良かった。




20150104IMG_9166.jpg

写真ではうまく伝えられないけれど

洋上に浮かぶ画像は次々とシーンが変わって

本当にため息が出るほど見事で美しかった。


20150104IMG_9160.jpg

20150104IMG_9196.jpg

20150104IMG_9199.jpg

すっかり夜も更け

ホテル近くのアラブストリートの

食堂(レストランではない)で

カレーとナンを

テイクアウエイ(テイクアウトとは言わない)して

ホテルに戻った。



シンガポールの2日目はため息だけで

終わった感有りだったけど

キレイだったことだけは確かだ。





ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

| Memory of travel | 11:59 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT