PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

寿命が縮んだ。お願いだから何処にも行かないで。




 

晴れていて空気も冷たくなかったので

久しぶりに部屋の中へ風を通したくて

ベランダのサッシ戸を開けた。






RIMG0249_convert_20100318014503.jpg
 






開けたのは、ほんの数分間だった。







RIMG0269_convert_20100318014611.jpg

「あっ! 網戸を閉め忘れている。」と

気が付いた時には、猫のごてんの姿がなかった。







RIMG0239_convert_20100318014414.jpg

あわててベランダに飛び出して

姿を捜したけれど見つからない。

落ちて怪我をしていたら大変だと

ベランダから身を乗り出して下をみたが

彼の姿は何処にもなかった。






RIMG0244_convert_20100318014436.jpg

家の中の部屋と言う部屋、クローゼットの中や

閉じていたドアまで開けては探し

布団の中も全部隈無く探しまわった。







RIMG0259_convert_20100318014545.jpg

いない。どこにもいない。

これは、外に出たのだと近所中を捜して回る。

最悪の事態が頭に浮かぶ。

どうみたって大きなネズミみたいな猫だもの、

カラスに突っつかれやしないか

交通事故に合いやしないか

誰かに連れ去られてやしないか

もう、私の元に戻ってこないんじゃないかと

泣くのを堪え「ごてん!」と名前を呼んで捜し回った。






一度も家の外に出たことのない子だもの

生きていけるはずがないじゃない

私はなんてことをしてしまったんだと

べそをかきながら家に戻ってもう一度ベランダに出てみると

ベランダの壁越しに隣のママさんの

「猫がいる。」という声。






猫?






RIMG0255_convert_20100318014524.jpg

ああ、いた。

見つかった。

どうやら、アルミの手すりの付いていない

ベランダの壁(写真のラムネの後ろに見える壁)から

燐家のベランダに飛び移ったらしい。







RIMG0282_convert_20100318014638.jpg

2階とはいっても結構な高さがあるから

落ちていたらどうなっていたことか。

良かった見つかって。

本当に寿命が縮む思いだった。


 
思い切りごてんを抱きしめた。



何処にも行かないでほしい。

パグズの陰で地味な存在だけれど

愛して止まない家族なのだから。

網戸の閉め忘れだけは絶対にしないと誓うから。






にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| goten | 07:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。