PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶vol.62『アルベロベッロからポンペイへ』







2009年3月3日

前夜にチェックアウトを済ませ

早朝、スッドエスト鉄道アルベロベッロ駅へ行く。

この日の目的地

『ポンペイ』に向かうため

まずは二日前にアルベロベッロ行きのバスに乗った街、

バーリへ戻る。



20150418RIMG0417.jpg

アルベロベッロへの往路は週末だったため

バーリからはバスを利用したが

この日はウィークデーのため

通勤通学用の列車が早朝に運行している。

本数は少ないけれど

バスを利用するより、ずっと早くバーリに着くことができる。




20150418RIMG0435.jpg

朝日が眩しかった。

長年の憧れだったアルベロベッロの町とは

これでお別れ。

もう二度と来ることはないだろう。




20150418RIMG0431.jpg

アルベロベッロは無人駅。

線路は2本見えるが、

駅の構内で上下線がすれ違うためのもので

スッドエスト鉄道は単線、しかもディーゼルカーだ。



20150418RIMG0425.jpg

ホームと線路の高さが、ほぼ同じ。

のどかな風景だった。




20150418RIMG0438.jpg

思っていた以上の大勢の通勤通学客と一緒に

列車に乗り込む。

4人掛けのボックス席の窓際に座ったが

すぐに周りを高校生に囲まれてしまった。

この、高校生たち

他の乗客のことなどおかまいなしに

ラジカセ(カセットテープです!)で音楽を流し始めた。

しかも、大音量。

しかも、なんとも古い曲。

『イーグルス』の『ホテルカリフォルニア』だの

『ビリー・ジョエル』の『マイ・ライフ』だの

『エルトン・ジョン』の『ロケットマン』だのを掛けるのだ。

断っておくが、この時は2009年、今からわずか6年前だ。

1970年代に流行った曲を否応無しに聞かされ

なんだか、タイムスリップしてしまった錯覚に陥った。



20150418RIMG0443.jpg

車窓から見える風景。

果樹園が多く見られた。




20150418RIMG0450.jpg

しばらくは、トゥルッリが点在する風景が続く。




20150418RIMG0469.jpg

列車がバーリに近づくにつれて

トゥルッリは姿を消し、その代わりに

トゥルッリを形作る石材と同じ石で作られた

壁や建物が見られるようになった。





20150418RIMG0487.jpg

バーリからは長距離バスに乗り換えて

『ナポリ』を目指す。



20150418RIMG0489.jpg

途中

丘陵地帯のど真ん中での休憩が1度。

ガソリンスタンド併設のカフェ兼コンビニのようなお店で

コーヒーを買った。



ナポリからは、電車に乗ってポンペイへ。



20150418RIMG0495.jpg

ポンペイの記憶は

土曜日は旅の記憶 Vol.13『ポンペイの石膏像の悲しみを通して』

に書いている。


お昼過ぎにポンペイの遺跡に着き

遺跡内を歩き回り

この日はポンペイ市内のホテルに泊まった。


今さらながら、移動距離を鑑みない旅の計画の無謀さに

呆れている次第だ。







ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

| Memory of travel | 14:42 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT