PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶vol.63『アマルフィ海岸の街、ポジターノへ』



アマルフィは、

イタリア共和国カンパニア州サレルノ県にある、

人口約5200人の基礎自治体(コムーネ)。

急峻なアマルフィ海岸に面して築かれた都市である。

中世にはアマルフィ公国(アマルフィ共和国)として自立し、

強盛を誇った海洋国家であった。

ポジターノはユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている

アマルフィ海岸の西端にあたる。

(wikipediaより)



20150423RIMG0595.jpg

ポンペイ遺跡見学の翌日は

かねてからの憧れの地

『アマルフィ海岸へ向かった』

ポンペイからはイタリア国鉄を利用してサレルノへ行き、

そこからはバスを利用するつもりだった。

順調に行けば、所要時間は2時間とかからないはず。

しかし、出だしからやらかしてしまった。

サレルノに着くはずだった列車が辿り着いたのは

なんと! ナポリ。

そう。

反対方向の列車に乗ってしまったのだ。

仕方がないので、ナポリから

『ベスビオ周遊鉄道』に乗りソレントを目指す。

途中、スタート地点のポンペイの駅を列車は虚しく通り過ぎた。

最初からベスビオ周遊鉄道を使っていれば良かった。

後悔で泣けた。

やっと、ソレントへ辿り着き

アマルフィ行きのバスに乗り、一息付いたと思ったら

今度はそのバスが動かない。

なんと!

バスが故障した。

代わりのバスなど無い、と運転手は言う。

さすがはイタリアだ。

仕方がないので、バスから降り次のバスを待つ。

田舎のバスは1時間に1本程度だ。

この時は、本当に泣きたい気分になった。




20150423RIMG0606.jpg

この日のホテルの予約は最終地ローマだ。

遅くとも、夜10時までにはローマに着きたいのに

無駄な時間がどんどん過ぎて行く。

焦る気持ちを抑えて、目的地を

いちばんソレント寄りのポジターノに変えた。

本当は中心地アマルフィに行きたかったのだけれど。




20150423RIMG0610.jpg


崖の中腹を海に沿って走るバスを降りてからは

つづら折りになった坂道を

思いスーツケースを引きずってひたすら歩いた。




20150423RIMG0616.jpg

20150423RIMG0619.jpg

20150423RIMG0621.jpg

20150423RIMG0623.jpg

20150423RIMG0625.jpg

20150423RIMG0627.jpg

20150423RIMG0630.jpg

20150423RIMG0634.jpg

ふーふー言いながら

やっと、海辺へ辿り着いたときには泣けた。




20150423RIMG0635.jpg

ここからは遊覧船に乗って

隣の街へ行き

その街からバスに乗ってナポリへ帰るつもりだった。

しかし

生憎のシーズンオフで

遊覧船の発着場には人の姿がまったく見えなかった。




20150423RIMG0637.jpg

やれやれ。

仕方がないので

海の見えるカフェで、冷たくて甘いコーヒーを飲んだ。

その後

ビーチをとぼとぼ歩いた。




20150423RIMG0646.jpg

ポジターノ滞在は小一時間余り。




20150423RIMG0647.jpg

地獄のようなつづら折りの坂道を

ふーふー言いながらバス停まで登った。




20150423RIMG0648.jpg

20150423RIMG0652.jpg

紆余曲折があって

たった1時間しか滞在出来なかったアマルフィ。

本当に本当にステキな場所だった。

アルベロベッロよりも、私の目には素敵に映った。



もし、もう一度イタリアを旅することが出来るのなら

アマルフィを訪れたい。

アマルフィのどれかの街に宿の予約をして

何日か滞在して、のんびり、その空気を味わいたい。



今でも写真を見る度にキュッと胸が痛む。

恋して止まないアマルフィ。

イタリア旅行を検討されている方には

お勧めの場所です。




0866b7e3.jpg

ちなみに

観光ガイドに使われている写真が上のもの。

おそらく、夏に撮られたものだと思うけど

実際の景色も、この色に近い感じです。






ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト

| Memory of travel | 11:47 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。