PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶vol.76『ロンドンから日本へ』



2013年8月25日早朝

自宅を出てから数えて14日目

とうとう日本へ帰る日が来た。




20150525IMG_5501.jpg

寝るためだけに泊まったシェラトン。

バスタブの無い部屋に泊まることの多かったこの旅。

シャワーを浴びただけで、

ゆっくり湯に浸かることもなく終わった宿泊が恨めしい。

帰国の日なので、アメニティグッズも全て無視だ。




20150525IMG_5503.jpg

高い宿泊費を払ったのに

早朝便の飛行機のため、ホテルの朝食が間に合わない。

せめて、ロンドン発を夕刻便にしたかったけれど

それでは途中降機になり、トランジット扱いにならないのだ。




20150525IMG_5504.jpg

渋々、チェックアウトを済ませ

まだ夜が明け切らないうちに

ターミナル5行きのシャトルバスに乗る。



20150525IMG_5506.jpg

ヒースロー空港ターミナル5は、

建ってからの年月が浅く、近未来空間のよう。




20150525IMG_5470.jpg

記録が前後するが、前日にプラハ・ルズィニエ空港で

スーツケースを成田までスルーチェックで預けたので

チェックインは簡単だ。

預けた時には、荷物が本当に日本まで届くかどうか

不安もあったけれど、身軽なのはありがたい。

あとは野となれ山となれの気分。




20150525IMG_5510.jpg

ホテルの朝食を食べられなかったので

すぐに「クラブJ」ラウンジに行く。




20150525IMG_5511.jpg

ラウンジでは無料の飲食物が食べ放題飲み放題。

なーんてね。

実は、馬鹿高いチケット代にラウンジの使用料も含まれているんだよ。

まあ、私の場合はマイレージ交換のチケットだから

本当に無料なんだけど

その場で料金を支払わないもんだから

無料のような気にさせられちゃうのね。




20150525IMG_5512.jpg

しかし、

ビジネスラウンジの利用客は

ガツガツしていない。

どうせ、搭乗すればすぐ、飲食物の提供があるのだもの

別にここで食べなくとも、というところか。




20150525IMG_5513.jpg

ワインもいい具合に冷えているんだけどね

早朝だもの

誰も飲んでやしない。




20150525IMG_5514.jpg

庶民の私は、とりあえず数種類テーブルに運んだ。




20150525IMG_5515.jpg

さらに、ポテトチップまで。




20150525IMG_5516.jpg

帰りのエアーも行きと同じ

ブリティッシュエアウエイズ・クラスJ

180度フルフラット対面型シートだ。




20150525IMG_4070.jpg

しかし、残念なことに

窓際のシートがブッキング出来なかったので

上の写真のように個室にはならない。

(これは行きの機内写真)

通路側には壁が無いので、180度にシートを倒して寝る姿は

通路を歩く人からは丸見え。

さらに、対面型シートなので、間仕切りを下ろさないと

隣席の人とナナメに向かい合う形になるので

食事の支給時には、とても居心地が悪い。

この型のビジネスシートは、主流になりつつあるけど

私はシェル型のビジネスシートがいいなあ。

過去何度か体験したけれど

すっぽり包まれている感じが居心地いい。




20150525IMG_5519.jpg

さて、朝食。




20150525IMG_5521.jpg

20150525IMG_5522.jpg

20150525IMG_4078.jpg

朝食後に、クラスJシートの前方にある

スナックカウンターから、フリーのお菓子と飲み物を運ぶ。




20150525IMG_5524.jpg

20150525IMG_5525.jpg

これだけあれば、しばらくは大丈夫。




20150525IMG_5526.jpg

シートを倒して映画鑑賞だ。




20150525IMG_5528.jpg

しばらくするとオヤツが配られた。

乾いた機内に嬉しいフルーツだった。




20150525IMG_5529.jpg

さらに、ワインとおつまみ。




20150525IMG_5531.jpg

これは何ご飯なんだろう?

多分夕飯と思われる。




20150525IMG_5533.jpg

前菜でお腹いっぱいなのにこのメイン。

照り焼きチキン

日本の味を選んだのだけど、微妙に日本の味とは違う。




20150525IMG_5534.jpg

そして、デザート。



いつも海外へ行く度に思うのだけれど

往路と復路では、機内食が復路の方がしょぼいと感じる。

気のせいかなあ。

ブリティッシュエアウエイズの食事は

クチコミほど、不味くはなかったよ。

可もなく不可もなくって感じ。

ビジネスクラスはこれも含めて過去5回の経験があるけど

テーブルクロスに金属のナイフとフォーク、陶器の食器

そして、ちゃんとフルコースでいただけるのが嬉しい。

レストランで食事をしているのと同じなんだもの。

CAさんたちも、とても丁寧で

きちんとお客様扱いしてくれるし。

ビジネスクラスの飛行機の旅は、はまったら抜け出すのが難しい。

次の旅もビジネスクラスで行きたいなあって、つい思うほど

快適なんだもん。



しかしまあ

旅の間中、よく食べた。

けれど、団体旅行じゃないからね

自分の足で歩き回ったおかげで、

家に帰ってから体重を量ったら3キロも痩せていた。



生涯の夢である、海外放浪の旅とまではいかない

たった2週間の旅だったけれど

働き詰めで生きてきた私にとって、過去最長の旅だ。

また行きたいなあ。

今度こそ、最短でも半年。いいえ、1か月でもいい。

大好きなヨーロッパを一人歩きしたい。

ええい! 夢の実現まで、しぶとく生きてやるぞー!



2013年夏・東欧3カ国の一人旅の記録は

次回番外編で終了!








ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

| Memory of travel | 11:22 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT