PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グアムから従妹がやって来た!






グアムに十数年来住んでいる従妹が遊びに来たので

リクエストにお応えして横浜に遊びに行った。




20150718IMG_1942.jpg

横浜でのリクエスト先は、

「なんで、ここ?」と、日本人の私には少々謎の

『カップヌードルミュージアム』。

たぶん、外国人向けの日本観光ガイドに

紹介されているんだろうなあ、ここ。





20150718IMG_1944.jpg

20150718IMG_1945.jpg

カップを300円で購入して

落書きをして、マイカップを作って

そこに、4種類のスープから1味

20種類くらいの具材から4つ選んで

カップに詰めてもらう仕組み。



結構、楽しめて外国人にはとても好評みたい。

私も、もちろん楽しかったよ。





20150718IMG_2174.jpg

『カップヌードルミュージアム』を出て

赤煉瓦倉庫でランチ。




20150718IMG_1947.jpg

洒落た雰囲気のお店でランチをしたかったんだけど

最初に入ろうとしたお店が

なんとまあ、ベッドの小上がり席がある店で

そのあまりの店内の異様な光景にビビってしまい

隣のビアレストランで食事を済ませた。



後で、従妹と私

「話の種として入っておけばよかったね」と

後悔すること、しきり。


ちなみに、都内と近郊に8店舗展開しているお店らしい。

その名も『chano-ma

入ったことがある人は、体験談を教えてください

なーんて。




20150718IMG_2175.jpg

その後は、中華街と元町を歩いて

横浜港のシーバスに乗った。

暑い日だったので

海風が心地よかった。




20150718IMG_1953.jpg

2日目は

東京観光の王道!

『スカイツリー』へ。

この日の東京は荒れ模様。

なので、展望台へのチケットはすんなり買えたし

エレベーターも、待ち時間無しで乗れた。



エレベーターに乗るには

荷物検査があるんだね。




20150718IMG_1961.jpg

私たちが乗ったのは

4基あるエレベーターの中の『春』というゴンドラ。

桜の花びらがキレイでございました。




20150718IMG_1963.jpg

凄い速さで上ります。




20150718IMG_1966.jpg

あっ! と言う間に地上350メートルへ到達。

友人の住んでいる高層タワーが眼下に見えた。




20150718IMG_1971.jpg

ここから「天空回廊」行きのチケットを買って

さらに上空へ。

今度はシースルーのエレベーターなんだけど

景色を見る間もなく到着。





20150718IMG_1973.jpg

地上450メートルからの眺めは

まるで、飛行機の窓から地上を見下ろしているかのように

何もかもがミニュチュアで

何もかもが真下にあって

果てしなく広がる都会が見えて

現実とは思えない光景だ。




20150718IMG_1974.jpg

エレベーターを降りた地点から

さらに上を目指して回廊を歩いた。




20150718IMG_1978.jpg

螺旋状の通路を歩いて

とうとう、展望台の最高451.2メートル地点へ。





20150718IMG_1982.jpg

20150718IMG_1988.jpg

20150718IMG_1989.jpg

20150718IMG_1993.jpg

『天空回廊』をたっぷり楽しんだ後は

第一展望台へ戻り、3層になっている館内を探検。




20150718IMG_2002.jpg

ガラスの床。

ゾクゾクするけれど、楽しまなくちゃね!




20150718IMG_2007.jpg

展望台1stフロアのカフェでお食事。




20150718IMG_2011.jpg

そのまま日没を迎え……。





20150718IMG_2014.jpg

夜空になるのを待った。




20150718IMG_2028.jpg

生憎の天気だったので

空の星は見えなかったけれど

まあ、東京上空なんぞ

晴れていたって、星なんか見えやしないんだから

地上のたくさんの星々を眺められて、大満足。





20150718IMG_2030.jpg

本当に、本当に記念になる夜だった。


実は、この従妹とは、子供の頃に遊んだきりで

数十年間

まったく親交がなかった。

再びお付き合いが出来るようになったきっかけは

あの、3.11の大震災だ。

実家の震災被害や私のボランティア活動のことが

書かれた、このブログを偶然従妹が読んだのだ。

そして、彼女がメールをくれた。

メールには

「会いたいよ」と書いてあった。



あの震災がなければ私と従妹は、

こうして一緒に、夜の街を見下ろして語り合うことも

なかっただろう。





20150718IMG_1950.jpg

従妹は我が家のパグズたちとも

とても仲良くしてくれた。




20150718IMG_1949.jpg

人間が大好きな仔たちだもの

さぞかし楽しかっただろう。




IMG_2175-2.jpg


短い間だったのに

「ほら、ちゃんと見分けがつくよ」

と言って、それぞれの名前入りの写真を残して

従妹は帰って行った。




あっと言う間の休日だったけれど

本当に楽しかった。


彼女が来る前は、

何を話そうとか、話が弾まなかったらどうしようとか

少々心配したけれど、杞憂に終わった。

だって、ルーツは同じだものね。







ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト

| Daily life | 14:49 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT