PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仙石線に乗りたかったから





あの大震災で、一部区間が不通になっていた「仙石線」が

5月30日に全線開通した、というニュースを聞いたので

6月6日に、さっそく乗るために

石巻へ帰った。



20150712IMG_1694.jpg

仙台駅で、電車待ちの時間があったので

終点の青葉通り駅まで上り線に乗り

そこから石巻行きに乗り換えようと思ったが

長い待ち時間に耐えられず、次発の高城町行きに乗った。

入って来たのは、マンガ列車だった。




20150712IMG_1695.jpg

高城町の駅で降りたところで

何もすることがないので

ひとつ手前の松島海岸駅で降りて、お手洗いを借りた。




20150712IMG_1697.jpg

ホームからは

閉園してしまった「マリンピア」が見える。

幼い頃には、ここは動物園だった。

生まれて初めて象を見たのも、ここだった。

閉まる前に、もう一度、行きたかった。




20150712IMG_1701.jpg

松島海岸の駅のホームで時間を潰し

石巻行きの電車を待った。

ここからが、私の乗りたい「仙石線」の区間。

本番だ。

陸前富山(とみやま)を過ぎると海が見えてくる。




20150712IMG_1702.jpg

残念過ぎる高い堤防。

けれど、海が見えてきたら

乗客たちが一斉に窓の外を見た。

中には立ち上がって、背伸びをして海を見ている人もいた。

携帯を取り出して写真を写す人

本格的なカメラで写す人も、ipadで何やら書き込んでいる人

皆、落ち着いて座っていられない。

車内は感嘆の声に包まれた。

「涙、出てくる」

女性の声がした。

私も、つられて涙が出た。

皆、待ち望んでいた。

こんなにも皆、仙石線の車窓から、松島湾が見たかったのだ。




20150712IMG_1704.jpg

物心ついた時から乗り馴れた

仙石線から見える風景のピカイチは松島湾だ。

ほんの僅かな時間だったけれど、あの日から数えて4年。

長い待ち時間の後に与えられた、夢のような時間だった。



20150712IMG_1707.jpg

仙石線は陸前大塚を過ぎると

旧区間から外れて、内陸を走る。




20150712IMG_1709.jpg

線路から山側は造成地ばかり。




20150712IMG_1710.jpg

その全てが空き地だ。

宅地造成を計画した頃には

震災で非居住地域に指定された地区に住んでいた人々が

ここに新しい街を形成するためのものだったが

4年は長すぎた。

仮設住宅や親類宅に身を寄せていた人々は

仙台や、その他,内陸部に住処を求め仕事を求め

もはや、新しい生活を始めている。


この、恐ろしく何もない造成地に

いったい、何人の人が帰ってくるのだろう。

政府の見通しの甘さや無駄な金遣いを

東北の太平洋沿岸では、イヤと言うほど見せつけられて

怒りを通り越して悲しみすら覚えてしまう。




20150712IMG_1713.jpg

そんな気分を一掃させてくれるのが

新しい野蒜駅だ。




20150712IMG_1716.jpg

可愛らしくてオシャレな駅舎とホームが出来ていた。




20150712IMG_1724.jpg

野蒜駅を出ると、電車は田圃の真ん中の高架上を走る。




20150712IMG_1731.jpg

私は、この日

野蒜駅の次の陸前小野駅で降りた。

小野での第一の目的は

ご無沙汰している叔父叔母の家に行くこと。

叔父さん叔母さんは大歓迎をしてくれた。

採り立ての筍ご飯とカツオの刺身の旨いこと。

そして二番目の目的は

仮設住宅で作られている「おのくん」という

ぬいぐるみを買うことだ。




20150712IMG_1735.jpg

おのくんは、一組の靴下で作られている。

知る人ぞ知る、全国区のヒット商品だ。

ところが、この「おのくん」

制作場所にしている仮設住宅の解体期限が迫っているらしい。

仮設のおばちゃんたちには深刻な問題だ。

現在、小野駅の傍に「空の駅」という新たな拠点を建設中だけれど

資金不足だそうだ。




20150712IMG_1738.jpg

さて、

私が「里親」になった「おのくん」は全部で6体。

全部違うけれど、全部が「おのくん」だ。


5体は、私の地元のイベントで

新たな里親を募集しようと思っている。

ちなみに、おのくんの後ろでアイスキャンデーを舐めているのが

私の叔父さん。



20150712IMG_1741.jpg

叔父さんに見送られて、再び仙石線に乗車。

陸前山下駅で下車して、レンタカーを借りて

亡き両親の墓参りに行った。




20150712IMG_1743.jpg

その後

「がんばろう石巻」の看板のある地区へ。



20150712IMG_1746.jpg

石巻市南浜町と門脇地区は

渡波地区に次いで犠牲者の多かった地区だと聞くが

すっかり更地になり

あちこちで、道路工事が始まっているので

始めてこの場所を見た人には

ここが「被災地」だとは、感じられないのじゃないか

そんなふうに思った。




20150712IMG_1748.jpg

寂しい。



20150712IMG_1749.jpg

きっと

ここに住んでいた人たちは

今のこの場所を見たら、そう感じる。

ここに、昔のように賑やかな街が再生出来ないのは

仕方のないことだとしても

何もかも無くしてしまうのは、あまりにも寂しい。




20150712IMG_1752.jpg

その後

レンタカーを運転して女川へ行った。



20150712IMG_1753.jpg

やはり、全線開通した「石巻線」に乗りたかったけれど

時間が無く断念。

次のお楽しみだ。




20150712IMG_1766.jpg

駅舎利用の温泉に入って見た。

真新しい施設がとても気持ちいい。




20150712IMG_1768.jpg

しかし、心配なことに

土曜日の夜の早い時間というのに

客の姿が無い。




20150712IMG_1769.jpg

開業時には満員だったと聞くが

日本人の、新しい物好きで飽きっぽい気質が

影響しなければいいなあ、と思う。

せっかく出来た、待望の施設だ。

なんとか、頑張って欲しいと願う。




20150712IMG_1756.jpg

女川も、駅の周りは何も無い。

やはり、あちらこちらで

道路や土地の造成工事をしているので

初めてこの場所を見た人には

震災の悲惨さは伝わらないだろう。

忘れてはいけないのに

どんどん、進まなくてはいけない。

このジレンマに被災地の人たちは、これからもずっと

苦しまなくちゃいけないのかなあ、と思うと

外に出て、たまに帰省して眺めているだけの我が身のことを

役立たずの情けない存在だと思ってしまう。







ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

| Ishinomaki | 14:10 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT