PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

土曜日は旅の記憶 Vol.89 34回、26カ国目はカンボジア(1)




2016年9月8日から15日まで

6泊8日の日程で

カンボジアのシェムリアップへ行って来た。

目的は『アンコールワットとその遺跡群』を観ること。

もちろん一人旅だ。



IMG_5121.jpeg

今回利用した航空会社は『中国東方航空』

ビジネス席を奮発したのだが

格安航空会社のため、ビジネスと言っても

エコノミーに毛が生えた程度。



IMG_5124.jpeg

食事もかろうじて布ナプキンの敷かれたテーブルに出てくるが

不味い。

さらに、この機材は映画の設備がない。

もう2度と乗らない。




IMG_5147.jpeg

シェムリアップで泊まったのは

『クメールマンションブティックホテル』。

客室数わずか22室の小さなホテルだけれど

それなりに設備もあり

お洒落で雰囲気が良い。




P9095179.jpg

ウエルカムのサービスは

ドリンクとデザートと、さらにこんな素敵なベッドランナー。



IMG_5149.jpeg

スタッフの対応も良かった。

一人旅の私に、なんやかやと声を掛けてくれ

おかげで寂しくなかった。

言葉が通じない部分は英語の筆談をしてくれたので

かなり助かった。




IMG_5153.jpeg

部屋のバルコニーの下にはプール。




IMG_5158.jpeg

このプールでは、何回か

遺跡観光でかいた汗を流した。

プールサイドで飲むカクテルの味は格別だった。



IMG_5201.jpeg

朝食は6種類の中から選べる。




IMG_5289.jpeg

毎日のベッドメイクの後には

必ずフルーツとケーキが置いてあった。


このグレードとサービスで宿泊料は

ダブルルームのルームチャージ+朝食で

日本円で6,500円ほど。

カンボジアの物価の安いのに助けられた旅だった。

さらに、このホテルは

シェムリアップ一の繁華街『パブストリート』まで歩いて5分という立地。

シェムリアップの治安は良く

繁華街まで近かったので、夜の外出も気ままに出来た。

ちなみに、ツアーで泊まる大型のホテルは

郊外にあるのでパブストリートに出向くまでは不便です。

私はこのホテルにして大正解。




IMG_5160.jpeg

9月9日の朝から、遺跡観光スタート。

アンコールワットの遺跡群は、トゥクトゥクというバイクタクシーを

チャーターして回る。

1日チャーターして距離や時間にもよるが

2,000〜2,700円程度。

アンコール遺跡群のエリアに入るには

パスポートが必要になる。

1日と3日と6日の3種類のパスポートがある。

私は6日のパスポート60ドルを購入して

首からぶら下げて回った。

アンコールの遺跡はアンコールワットの背後に

驚くほどの数が存在していて

何の調べも知識も持たずに出かけた私は、その数に本当に

驚かされた。

ブログに、訪れた遺跡を全て載せるには何日も掛かりそうなので

次回(2)で、その中から抜粋して掲載することにする。

(2)にも、ご覧いただければ幸いです。







ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

| Memory of travel | 14:51 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。