PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水のがぶ飲み不安につきまして




普段、あまり水を飲まないポップが水をがぶ飲みしていることを

なんだかヘンだ、と思ったのは昨日の朝。

そういえば、一昨日の朝には水をがぶ飲みしてから

その水を吐いていた。

そういえば、ここ数日

水の飲む量が増えたような気がする。



様子が普段と違うことに気付くのが

どうしてこんなに遅い?

飼い主失格、と自分を責めても始まらない。

早速、ネットで検索をかける。

高齢犬 水 多量に飲む 等々。

出てくるのは、糖尿病や慢性腎不全など

目の前が真っ暗になりそうなことばかり。

悪い方には考えたくない。

出来るだけお医者様にはかかりたくない。

だって

放っといても治る症状まで、大げさに投薬治療されかねず

そのうえ、高額な医療費がかかってしまうから。

(基本ケチで、そのうえ医療不信なの)




ポップの身体をくまなくなで回す。

身体には異常は現れていない。

腹水は溜まっていない。

皮膚の色、尿の量も普段と同じ。

呼吸も動きも食欲もまったく変わらない。

体重も変わらない。

変わったのは、水をがぶ飲みすることだけ。

その水の量も、体重8キロの犬の適正量からすれば

少ないかもしれない。



深呼吸して

老犬、水、と検索をかける。

すると

老犬にはドライフードは食べ辛いのでふやかして与えましょう、とある。

そういえば、ポップが水を大量に飲むのはフードを食べた後だ。

試しに、お湯でフードをふやかして与えてみると

ポップは水の入ったお皿には見向きもしない。



ああ、やれやれ

ポップの、水のがぶ飲みが止まった。

カリカリご飯が食べ辛かったらしい。

もう、年寄りなんだもの。




気付いてあげられなかった自分が情けない。

それでもしばらく様子をみて

がぶ飲みがまた始まったら、お医者様へ連れていこう。

でもたぶん、大丈夫。




20171018IMG_1925.jpg

ポップ

ずいぶん老けました。

でもまだまだ、階段を上る速度は私よりも速いですし

お散歩でも達者に歩きます。

けれども最近では、ラムネ&マリネと一緒のお散歩には

「行かないもん」「ひとりがいいもん」を決め込んでいます。

おかげで飼い主のお散歩負担は倍になっておりますが

仕方がない。

お婆ちゃんだものね、付き合いますよ。




20171018IMG_1927.jpg

ポップの写真を「おやつ目線」で撮っていたら

他の連中が釣れました。







ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

| Health | 21:23 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT