≫ EDIT

ぷうちゃんに会って来ました!





週末の日曜日に

名古屋のぷうちゃんに会ってきました。



20180212IMG_4068.jpg

ぷうちゃん

とっても可愛かった。



20180212IMG_4070.jpg

ブログの写真、そのまんまのぷうちゃん。




20180212IMG_4082.jpg

たまたまお会いした4歳の黒パグちゃんに

果敢にも、ケンカを売っていましたよ。




20180212IMG_4072.jpg

歩き辛い地面でも

歩きたくて踏ん張って、ぐるぐる向きを変えていました。




20180212IMG_4080.jpg

その姿がまた、とっても可愛くて

許されるなら

抱き上げてぎゅーっ! としたかったけれど

さすがにそれは遠慮しちゃいました。




20180212IMG_4088.jpg

今回、ぷうちゃんに会うことが実現したのは

私の衝動的な行動に

ぷうちゃんのおかあちゃんのあきこさんが「いいよ!」と言ってくださったから。

ぷうちゃんのブログには

私が会いに行ったことが

観光のついで、とあきこさんが書かれていましたが

そんなことは決してありません。←きっぱり

だって

あきこさんが、No! と言ったら

観光の目的地は、たぶん神戸になっていたから。

その理由は、会いたい人が神戸方面に二人いるから。

要するに

会いたい人(仔)に会いにいくついでの観光でした。






けなげに歩くぷうちゃんに胸を打たれて

もう少しで泣きそうになったので

早々と退散しちゃいました。

わざわざ名城公園まで出て来て下さったのに

嵐のような私でごめんなさい。


今回

直接ぷうちゃんに会えて

あきこさんがぷうちゃんを大切に大切にしていることが

その理由も

伝わりました。

ぷうちゃん、一生懸命に生きていて

歩けることを楽しんでいて

健気で

こんなに可愛い仔を守ってあげられずにはいられない

あきこさんのお気持ちが、本当に分かるような気がします。




私は

自分のやりたいことや、興味があることに

心と時間を奪われがちで

パグのみんなをお留守番させてばかりで

それを少し恥ずかしく思いました。


ぷうちゃん

公園にいた、たくさんの人間の大人たちに声をかけられて

嬉しそうにしていました。


こんなに可愛い仔に会えて良かった。

ぷうちゃん、あきこさん、おねえちゃん、ありがとう。


ぷうちゃん、いつまでも長生きしてね。







ブログランキング・にほんブログ村へ



| Unclassification | 16:54 | TOP↑

≫ EDIT

写真館でパグのみんなと家族写真を撮った。






ポップちゃんはまだまだ元気なんだけど

今年でもう13歳だし

今、撮っておかないと絶対に後悔するから

思い切って、写真館で家族写真を撮っていただいた。



smile1.jpg

縮小してしかお見せ出来ないが

どれも素敵な写真だ。

ただし、カメラマンの腕が良すぎて、私のシワまでばっちり写っていて

私にはそれが、なんともなあ。



smile2.jpg

でも、パグのみんなはどの写真もとても可愛らしく写っている。




smile3.jpg

どの仔1匹でも欠けたら

これらの写真は撮れなかった。





smile4.jpg

けっこうなお値段を払う価値ありです。




smile5.jpg





smile6.jpg

最後の写真は顔が写っていないので

このサイズで掲載しちゃいます。




撮っていただいた写真館は

埼玉県入間市のジョンソンタウンにある

SMILE PHOTO STUDIO


私たちは「ありがとうプラン」で撮っていただきました。

そして、この写真の中の1枚をA4サイズのパネルにしていただいたので

撮影代¥13,000−とパネル代¥16,000−

消費税を合わせて¥31,200−の支払いでした。

正直、うーむ、とうなる出費だけど

思い切って撮ってよかった。

パネルはpop、ramune、marone、の名前を入れてもらえます。



パネルができ上がるのは2ヶ月後。

届いたらまたアップしますね。









ブログランキング・にほんブログ村へ

| Daily life | 11:02 | TOP↑

≫ EDIT

経過をみる、という選択





ここ数年は

ワクチンの接種のときにしか動物病院へは行かない七夕家。

つまりは「年に1度のお務め」に、行って来た。


20171229IMG_3032.jpg

3パグともワクチン接種

それから耳の掃除と肛門絞り。


そして、数日前から気になっていたラムネの脇のしたのしこりの検査。

針を刺して細胞診。

結果はシロ。

やはり私が思っていたとおり

ハーネスの擦れで出来た傷の残りだった。

実はラムネ坊っちゃま

太ってしまって、ハーネスで脇の下が擦れて傷が出来たの。

ジクジクしていたのを、抗生剤入りの売薬を塗って

治った! と思ったら、皮膚の下に米粒より少し大きめのしこりが出来た。

たぶん、なんでもないだろう、と思ったけれど念のための検査。

結果は、化膿した細胞だけ、というもの。

良かった! 

案ずるより産むが安しだね。



ところが

接種の際の触診で

お医者様がポップのお腹にしこりを見つけた。



たぶん、乳腺のしこり。

犬の場合は50%が良性で50%が悪性。

どうします?

針を刺してみます?

とお医者様。



私は


この仔はもう歳なので

あと何年生きられるかわからないのに

針を刺して、例え悪性の細胞が出て来たとしても

私は手術はしたくないです。

自然に任せたいです。

それが、この仔の寿命なんだと思っています。

だから

検査をしても、意味がないと思うので検査はしません。

それに、歳をとったこの仔のお腹に針を刺して

怖い思いをさせたくないし

全身麻酔や手術も、可哀想でさせたくないです。



そう

お医者様に答えながら

涙が出て来た。




お医者様は

うんうん、と頷きながら


そうですね。

では、経過をみましょう。

もし、しこりが大きくなって

この仔の生活に支障が出て来たときに考えましょうか。

手術した方が、この仔のため、ということもありますから。



そう言ってくださった。



だから

ポップのしこりに関しては何もしないで帰って来た。

まだ、米粒よりも小さなしこり。

このまま、大暴れしないで

どうかポップが天寿を全うするまで大暴れしないで、と祈るのみだ。




そして

20171229IMG_1970.jpg

上のこの写真は

今年の9月の末に、マリネの膝に出来たもの。

これもなんだか怪しかったけれど

悪いものではない、と直感。

だからやはり

市販の抗生剤をちょこちょこ塗って

お医者様にも行かずに経過を見ていた。


さすがに2ヶ月近くも消えなくて

私も胃が痛かったが今はすっかり消えた。



愛犬にしこりやデキモノができると

どんな飼い主でも、死ぬほど心配すると思う。

ネットで調べると怖いことばかり書いてあるし。



私は非情な飼い主かもしれないけれど、この仔たちの生命力を信じたいし

まあ、根っから丈夫なこともあるけれど

出来るだけ、自然のまま過ごさせてあげたい。

だけど

お医者様がおっしゃるように

病が、この仔たちの生活を脅かし、息をするのも苦しくなったときに

私はどんな選択をするのだろう?


可愛くて可愛くて可愛くて仕方のないこの仔たちだから、難しい。







ブログランキング・にほんブログ村へ




| Health | 12:07 | TOP↑

≫ EDIT

超団子







多頭飼いの醍醐味、パグ団子。




20171219IMG_3084.jpg


いちばん下のボク、

完全に潰れているよ。

重くないのかなあ?







ブログランキング・にほんブログ村へ

| Daily life | 15:35 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT